CAmiDion 3号機に16×2液晶をつないでみた その2

前回の記事の続きです。

あのあと考えたのですが、たとえUSB電源が必要だったとしても、あのタイプの16×2液晶はやっぱり使えるようにしたいと思ったのです。広く普及していて、秋葉原のパーツ店でも入手しやすいし、Arduino にもHD44780互換液晶用 LCD ライブラリが提供されているためです。

ちなみにあの16×2液晶は、複合機のICカード認証ユニットとか、食堂などのカードチャージ機、セキュリティシステムなど、実は色々なところで使われていたりします。オフィスや生活の身近なところで「あ!これ、あの16×2液晶が使われてる!」って気づくことも実は結構あるのではないかと思います。

また、電池からの電源をONにしたままUSBをつなぐと、USBを抜いた後も、今まで低かった電池の電圧が上がっているのです。どうもアルカリ電池に「充電」された格好になったみたいです。
4V以上あれば鮮明な表示になるので、最悪でも電池交換すればなんとかなりますし、ケータイ電話の充電用に用意してあった、NiMH → USBアダプタ(下の写真)と組み合わせれば、NiMH2本で昇圧して電源を供給することもできるわけです。

NiMH to USBアダプタを装着

ということで、CAmiDion 3号機に直接差し込んで装着できる液晶ユニットを作ってみました。

LCD付きCAmiDion3号機

ピンソケットに差し込む部分はこうなっています。足長のピンソケットを使えば、片面基板でもピンヘッダを裏側に出しやすいです。

CAmiDion3号機とLCDユニットをつなぐピンヘッダ

AVRマイコンの片側しか使わない構造になったので、スケッチのほうでピン番号をD9からにずらしました。また、デフォルトで USE_LCD を #define した状態にしました。 → CAmiDion のスケッチはこちら

ネジ止めしてある上のカバーを+ドライバーで外さないと装着できないのが難点ですが、とりあえずあれば便利です。

で、この液晶を生かした動画を作りたくなったので、こんなものを用意しました。

CAmiDion 3号機から1石アンプつきコンデンサマイクに給電

一昔前に自作した、小型1石アンプつきコンデンサマイクです。

PC本体内蔵サウンドボードと違って、オーディオインターフェイス CI1 ではマイクケーブル経由では電源が供給されないようなので、苦肉の策として CAmiDion 3号機から給電したわけです。

写真右側にある灰色のスポンジは、ポップガードの代わりです。ポップガードとは、ハ行を発音するときにマイクにかかる息で「ふっ」っていう大きなノイズが発生しないようにする、金魚すくいのような形をした器具のことです。よくマイクのそばにある光景がみられます。

これを使って、最近公開されたボカロオリジナル曲、ひとつうえのおとこ(アゴアニキ feat.鏡音レン)を僕が歌って録音し、CAmiDion 3号機でコード演奏した音とともに、元のカラオケ音源とミックスして作ったのがこの動画です。演奏しているコードが液晶に表示されるので、字幕を入れなくても弾いているコードがそのまま動画に映って便利に使えました。

実はこれがやってみたくて、勢いでこの週末に液晶ユニットを完成させてしまったというわけでした…(^^;)

ちなみにこの曲は10日ほど前にロングバージョンが公開されたばかりで、早くも「殿堂入り」していました。元動画は色々とすごいですがww 何より覚えやすく歌いやすかったのでついやってしまいましたw カテゴリは一応「演奏してみた」にしましたが「歌ってみた」「ニコニコ技術部」のマルチな要素が加わっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です