CAmiDion 2号機と3号機のスケッチを共通化しました

先ほど、CAmiDion2号機のシフトレジスタとの接続を、3号機に合わせてI/OでCLKとLATCHを共用化する改造を行い、動作確認しました。

最初は、3号機の変更分を2号機のスケッチに反映していたのですが、よく考えると、今となっては2号機と3号機で大きく違うのはマトリクスの組み方だけだということに気づいたのです。
それだったらスケッチごと共通化しちゃえばいいじゃん! ということで、3号機のスケッチを修正し、#define を切り替えるだけで2号機でも使えるようにしました。

具体的にはこんな感じ:


// 2号機用
#define CAMIDION_2 // 古い2号機用のマトリクス
//#define USE_LCD // 液晶は使わない

// 3号機用
//#define CAMIDION_2
#define USE_LCD // 液晶あり

これに伴い、作業部屋のCAmiDion2のフォルダからはスケッチを削除し、CAmiDion3のフォルダのほうへ一本化しました。CAmiDion2の回路図も修正してあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です