Arduinoブートローダを焼くための治具

ATMEGA328-PU を購入する際、Arduinoブートローダ書き込み済みのものはスイッチサイエンスで販売されていますが、これより安い「ブートローダ未書き込み」のもの、例えば秋月で扱っているATMEGA328-PU を買った場合、最初にブートローダを「焼きこむ」(= burn する)作業が必要になります。

ブートローダを焼きこむ方法はArduinoのチュートリアルにある Using an Arduino as an AVR ISP (In-System Programmer)From Arduino to a Microcontroller on a Breadboard というページ(いずれも英語)に載っています。このページには、既存のArduinoをISPとして使うためのスケッチを書き込み、ブートローダが書き込まれる側のArduinoをブレッドボード上に組む、という方法が書かれています。今まではそれを参考にしてブートローダを書き込んでいましたが、ブレッドボードを片付けてしまうとまた組まなければならず、面倒です。

そこで、ブレッドボードで組んでいた回路をユニバーサル基板に置き換えて、ゼロプレッシャーソケットをつけました。これを使って焼きこんでいる様子が下の写真です。

Arduinoブートローダ書き込み

Arduinoブートローダ書き込み

▲写真左:PCと接続するUSBアダプタ、写真中央:ISPとして使う(焼きこみプログラムを動かす)側のArduino互換機、写真右:焼きこまれる(新品ATMEGA328をつける)側のArduino互換機

中央と左の基板の接続は、ArduinoでいうD11~D13、すなわちATMEGA328の17~19番ピン(MOSI、MISO、SCK)同士をつなぎます。ISP側のD10は、焼きこまれる側の新品のリセットピン(ATMEGA328の1番ピン)につなぎます。あとは電源+5v、GND 同士を接続するだけ。

実際のISPの操作は、3年前に投稿したこちらの動画ですでに説明しています。この動画は、それまでオリジナルの Arduino 基板をかぶせていた CAmiDion 1号機を改造して、Arduino と同じ回路を内蔵したときのものです。


ニコニコ動画版はこちら

焼きこまれたあとの動作確認:ISPとして使っていた基板を外し、ゼロプレッシャーソケットがついている基板をそのままUSBアダプタにつなぎます。サンプルスケッチとしては “blink” を流し込んで LED の点滅を確認するのが簡単です。

ゼロプレッシャーソケットでArduino互換機

ゼロプレッシャーソケットでArduino互換機

このようにゼロプレッシャーソケット式にした最低限のArduino互換基板を用意しておくだけでいろいろ便利に使えるようになります。

ちなみにトラブル時のヒントは PlayGround の Mega ISP にあったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です