ダイヤモンド富士が富士山の真東から見える日=秋分の日?

と思いがちですが、実は違うんですね。

秋分の日の2日前にあたる今日、富士山(北緯35.36度=35度21分)のちょうど真東に位置する円海山付近(横浜市港南区・磯子区・栄区の3区境)で実際にそれを実証できそうな写真を撮影してきました。

2013年09月21日 (秋分の2日前、17:30頃) 拡大

2013年09月21日 (秋分の2日前、17:30頃) 拡大

真西の富士山にダイヤモンド富士!…と思いきや…あれれ、左(南)にずれちゃいましたね。

国土交通省のダイヤモンド富士の「瀬上市民の森」のところを見ると…9月19日になっています。2日も過ぎちゃうと、こうなっちゃうんですね。

富士山の真東にあるはずなのに、なぜ秋分より4日も前なのでしょうか?

その理由は下の図を見ればわかります。

真東からのダイヤモンド富士が秋分の日からずれる理由

真東からのダイヤモンド富士が秋分の日からずれる理由

もちろん春分の場合も同様です(日の進む向きが逆になるだけ)。

こちらの固定ページにその詳細を書いておきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です