CAmiDionの回路図を新5号機仕様に更新

新5号機が完成したのに伴い、CAmiDionの回路図を更新しました。

CAmiDionの構成のところからたどれます(pdfファイルになっています)。

今回は回路図の分割単位を基板単位としました。超小型液晶がコードボタン基板に実装されるようになり、基板同士を接続するピンヘッダ/ピンソケットも、

横8×2のみ → 横6×2+縦9×2 → 縦10×2のみ(今ここ)

のように進化してきています。よく押すボタンを支える機能を兼ね備えるため縦のみになり、必要な信号線をカバーするために10×2に落ち着きました。

回路図を見てもらうとわかりますが、このピンヘッダはタクトスイッチを重ねてハンダ付けしているため、タクトスイッチの足のあるところは特定用途または使用不可となります。足のないところは任意に割り当てられるので、その部分に液晶へのI2Cや、電源などを割り振りました。

液晶が本体基板から出て行ったので、MIDIの回路を本体基板の回路図に持って行きました。なんとかうまく収まりました。

ただ、PCB化するには、KiCadの同じプロジェクト同士だと1つの基板だと思ってルーティングしてくるので、基板ごとにプロジェクトを別々にすることを考えたのですが、複数のプロジェクトをマルチウィンドウで同時には編集できないようで、このあたりがちょっと不便ですね。
回路図とかの階層単位が一元的なツリー構造で扱えないというのが一番気になります(部分的なツリー構造は出てくるのですが…)。Javaの開発環境としてもっともポピュラーなeclipseでさえもだいたいツリー構造で見れるのに、なぜCADソフトではそういうのがないのか不思議です。

もういっそのこと、KiCadなんてeclipseのプラグインになっちゃえばいいのに…とすら思いました。CADにこういった不満があるといつまでたってもPCB化できずに手作りになっちゃうというw

とはいえ、回路図のアップロードがひと段落ついたので、KiCadのCAmiDionプロジェクトを分割した形でPCB化できないか、暇を見て引き続き実験していこうとは思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です