専用プリント基板で作ったCAmiDionの動作確認が完了

3月15日頃にCAmiDion2号機のver.2を分解してから2ヶ月余り。ver.3への作り替えを進めてきましたが、一週間前に届いた専用プリント基板を使うことにより、昨日、無事完成しました。

CAmiDion 2号機 ver.3

CAmiDion 2号機 ver.3

プリント基板が届いたことで、この基板に合わせて1ヶ月ぶりくらいに穴あけ作業を再開できるようになりました。タクトスイッチの穴は4mmだとぎりぎりで、基板実装時にちょっと傾いてわずかにズレただけでボタンが穴の端に当たって戻らなくなったりしたので、穴を5mmまで広げました。
上蓋の穴あけが終わったところで、本体側の穴あけも開始。電池ボックス、メイン基板、オーディオ出力/スピーカージャック、MIDI IN/THRU/OUT、ストラップ穴。MIDIの穴は15mmと大きいですが、ハンドドリルに15mmのホールソーをつけて開けました(手回しだと時間がかかるのでちょっと腕が疲れますが、リーマーを使って広げるよりきれいに仕上がります)。

ケースの穴あけが終われば、あとは配線するだけ。とりあえず2号機ver.2で使っていた線を活用して新しいプリント基板に接続。まだ手に入っていない液晶を除き、オーディオやMIDIの動作確認をして無事動作OK。チップLEDのハンダ付け不良がちょっとあった程度で、ここまですんなり完成。
ユニバーサル基板と違って、配線が最初からプリントされている基板であればビニール線やスズめっき線のハンダ付け不良が発生しないので助かりますね。

そして土曜日。
ほぼ1年前から行くようになった、ネオコイワボカロセッション(1年前のブログ記事)がちょうど開催される日だったので、足りなかった液晶と、余ってる基板の収納に使うチャック袋を秋葉原の秋月電子で購入し、そのあとはんだづけカフェで基板の仕分けとか、液晶の取り付け作業を行いました。ここで無事に動作確認できました!

土日祝日は18:00ではんだづけカフェが閉まりますが、ボカロセッションは20:00頃からなので、オープンする19:00~20:00の間に着くようにしようと、「@ぽっけ」さんと秋葉原のマックで一休みしたあと、いざ新小岩へ。

実はこの前買ったポケット・ミクも持ってきていて、完成して動作確認できたばかりのCAmiDionとともにセッションに活用
セッションのときにCAmiDionでコードを鳴らすのも楽しいけど、ポケット・ミクでアドリブ演奏するのもまた楽しいですね。キー(調)が把握できていれば、鍵盤型のインターフェースを持つポケット・ミクでも、どこを使うかが何となく把握できていい感じで演奏できました。特に鍵盤上部のリボンコントローラで「あぁあ↑ああぁ→↓ぁぁぁっ」みたいにピッチベンドして変な叫びを時々入れて遊べるのはなかなか楽しいw
ネオコイワボカロセッションに顔を出してほぼ1年たったこのタイミングで新たなステップを踏んだ感じです。

以上をもって、届いたプリント基板に実際に部品を全部つけて組み立て、さらに実際にセッションで使ってみても、基板には特に問題ないことが確認できました。
今後は残りのプリント基板をどのような形で売るかを考えようと思います。

…で、プリント基板化に伴って急遽使わなくなった切り取り済みユニバーサル基板ですが、CAmiDion6号機として生まれ変わりました。アンプポーチとその電源(USB端子つき)を使うことで、この1枚の基板に最小限の実装を行いました。初期の頃の4号機に近い構成です。

CAmiDion 6号機(最小構成基板)

CAmiDion 6号機(最小構成基板)

ちなみにこの5月頃の時期は、MIDI Chord Helper と CAmiDion は次のような節目が数多くありました。

こう考えると10年でここまで進化してたんだなーと改めて実感できます。


ニコニコ動画版はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です