CAmiDionケースの穴あけ注文に思わぬ壁が…

昨日、電子楽器CAmiDion基板セットのパッケージングがひと段落したわけですが、5連休はまだ続く…ということで、

今度はCAmiDionケースの穴あけをどこかに注文できないか?
ということを考えてみました。(はんだづけカフェにいた人たちにも言われていましたしw)

今まで、秋葉原の電子パーツ店で売っているアクリルケースにハンドドリルで穴を開けるという方法で作ってきました。

穴あけのオーダーでまず思いついたのがEmerge+にオーダーするという方法。
データ形式も幅広く対応していて、Inkscapeで作ったデータ(svgなど)でも受け付けてくれるようですが、レーザー加工サービスなのでアクリル板に穴を開けてから組み立てることが前提のようで、既存のアクリルケースに穴を開けてもらうには向いていないようです。箱の蓋が外せたとしても、箱の側面への穴あけはレーザーカッターでは貫通して反対側の側面にも影響を与えてしまいますから。
かといって、カットしてから組み立てると接合部の強度に不安が残りますし(ここはアクリル用溶着剤でカバーすることになりそう)、ケースの設計を考え直さないといけなくなってちょっと面倒そう。

ならば既存のケースのメーカーで穴を開けてもらうサービスはないか?
と探したら、CAmiDionでも使ったことのある「PB-3」型のプラスチックケースを製造しているタカチにそういうサービスがあることが判明。
ここは既存製品のCADデータに書き加えて見積もってもらうことができるようです。さっそくダウンロードしてみると、どうもこれはAutoCad形式のようで、Inkscapeにインポートして読み込ませても完全には再現できない模様。

これは一筋縄ではいかないということが浮き彫りになってしまいました。

ここがクリアできないと、今までどおり既存ケースにハンドドリルで穴あけという方法から脱却できそうにないですね。基板設計ではまった壁と同じような壁がまたしても立ちはだかる…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です