CAmiDionプリント基板到着!さっそく作ってみた

先日注文したCAmiDion専用プリント基板の新バージョンですが、8月21日(木曜)に無事到着しました!

CAmiDionプリント基板 2014/08/11版

到着したCAmiDionプリント基板 2014/08/11版

前回は13日間かかったのですが、今回は10日間で到着。注文が月曜の夜、Shipped(出荷)状態になったのが金曜、というタイミングは前回とほぼ同じだったことから、国際宅配業者による処理が速くなったようです。翌火曜日頃にTrackしてみたら川崎東ということで、このときにもう神奈川県内に来ていたことに。さらに水曜にTrackしてみると、木曜に自宅最寄の郵便局に届けるようスケジュールされたといった内容が英語で書かれていたので、もしや…と思ったら木曜に届きました。

さっそく部品が入るか試してみたら…

バックライト端子の穴が小さかった…

バックライト端子の穴が小さかった…

穴を広げないと入らない!どうしよう!
結局、細めの精密ドライバーでぐりぐりと広げて、なんとか入るようになりました。
どうしてこうなった!
そこで、ストロベリー・リナックスの液晶についている寸法図をもう一度よく見てみると…

LCDバックライト端子の幅が1.5mmとなっているが…

LCDバックライト端子の幅が1.5mmとなっているが…

この寸法図では1.5mm幅となっていますが、測ってみるとどうやら2mm近くあるようで、幅が広くなっていたために入らなかったようです。CADデータを紙に印刷したときは気づきませんでした。
次に注文するときのためにKiCadのデータ上でこの穴を広げておきました。

で、土曜日の夕方頃(ツイート:表面裏面)には、もう動作する状態になりました。

CAmiDion 2014/08/11版プリント基板完成(表面)

CAmiDion 2014/08/11版プリント基板完成(表面)


CAmiDion 2014/08/11版プリント基板完成(裏面)

CAmiDion 2014/08/11版プリント基板完成(裏面)

ただ、このまま基板を持って演奏しても、裏面に指(=天然の数百kΩ抵抗器)が触れてショートして誤動作を起こすので使いにくいです。そこで物置を発掘したら、ちょうどいい大きさの3mm厚アクリル板が出てきたので、これを底板として加工しました。

底板をつけたところ

底板をつけたところ


なお、液晶の裏についているトランジスタ(2SC371)は、暗くなるとバックライトが自動点灯するようにする仕掛けをあとからつけたものです。トランジスタのベースを光センサーCdSでプルダウン、22kΩでプルアップしています。

あと、液晶を傷から保護したり、基板をショートから保護するために上板もつけたいのですが、2mm厚のアクリル板がないので、後日買ってきて穴を開けて加工しようかと思います。

それともう一点、シルクスクリーンのうちダイオードのA1-K0とA0-K0の表示位置が入れ替わっているのに気づかないままオーダーしていたので、これもKiCad設計を直して対応しました。もっともこれは単に表示上の問題なので、実際のハンダ付けには特に支障はありません。

追記:完成した CAmiDion SinglePCB のページも作りました。

DTRリセットの代わりにRTSリセットが効くか実験してみた

自作の簡易Arduino互換機やCAmiDionへのArduinoスケッチ書き込みに欠かせない、秋月電子のFT232RL USBシリアル変換モジュールを使ったUSBアダプタをちょっと改造して、DTRリセットだけでなくRTSリセットにも切り替えられるようにしました。

DTR/RTSどちらでもresetできるようにしてみた

DTR/RTSどちらでもresetできるようにしてみた

これをやってみたきっかけは、最近(3ヶ月近く前)に発売されたFTDI USBシリアル変換ケーブルが話題になったことからでした。ピン配置を見てみると、DTRがなく、RTSが出ています。
えええええDTRがないってことはArduino IDE からの書き込みには使えないってこと? RTS使うしかない? 効くのかな?

で、この検証に至ったわけですが、いざBlinkスケッチの書き込みをしてみると…

スケッチ書き込み前のリセットがRTSでも効くようです。

ちなみにジャンパーを抜いたままだとRTSもDTRも伝わらないのでリセットがかからず、マイコン上のスケッチは動いたまま、Arduino IDE側はタイムアウトして not in sync とかいうメッセージが出ました。

ということで、あのシリアル変換ケーブルの先にArduino Duemilanoveと同じように1kΩや0.1μFをつければ、同じようなUSBアダプタが作れる可能性が出てきました。実際はシリアル変換ケーブルの回路図を見るとすでに270Ωが入っているピンがあり、その部分は680Ω程度の抵抗で十分かも知れません。

コミケ86(3日目)行ってきた

茅ヶ崎オフの翌日、コミケ86(3日目)に行ってきました。

主なターゲットは東4のボカロPが集まってるエリアと、西2の同人ハードウェアエリア。

いつもならこの2つのエリアは近接していることが多く、一昨年ぐらいまでは両方が東4、昨年は両方が西、のようになっていたのですが、今年の夏コミは両者が東西に離れてしまっていました。僕が毎年夏コミに行くようになって以来、こんな離れ離れは初めてなのですが、とりあえず東4を先に回って、その後で西2へ。
例によってtwitterアイコンにもなっているCAmiDionをぶら下げたまま歩いてました(プリント基板化以来初のコミケですし)。

コミケに演歌歌手が出展する!と話題になっていた小林幸子さんを見ることはできませんでした。
ボカロ集中エリアである東4の隅を見ても、その痕跡すら確認できませんでした。
時間帯が遅かったからでしょうか…(僕がいたのは14:00~14:30頃が中心でした)

ボカロセッションで毎回会ってるPSGO-Zさんもいつも通りブース出していて、西日本からはるばるやって来たニコ生セッション民に会えたりもしました。
あとはニコニコ超会議3で楽しそうにパフォーマンスしていたのが印象的だったオワタPに結婚おめでとうって言ってあげたりとか(彼曰く明日ぐらいに新作動画をうpするとのこと)。

一方、西2ではstrv工房のちっちゃいマイコンボードとか、へけけくんブースのふぁみみみっでぃ、などなど。電波時計のキットとか出してるブースもありましたが、すでに完売…。

FM音源基板とか売っている G.I.M.I.C.ブースは西2ではなく東4のボカロエリアに近いところに配置されていました。「ああああどうもいないなーと思ったら」という人もいたほど。

昨年はコミケ終了後にみんなでタクシーに乗って銭湯に入ってそのあと飲み会、という流れでしたが、今年は前日に日焼けしまくって皮膚がひりひり痛くて銭湯はパスしたかったのと、秋月電子やはんだづけカフェがお盆休み明けで開いているというのもあって、15:30くらいで早めに引き上げてアキバに向かいました。
ちょうど浜松町駅までの直通バスがあったのでこれに乗ったらSuica対応してなくて仕方なく現金払い(今時こんなバス珍しいですね…臨時便だからかな?)。
後で知ったのですが僕の乗ったこのバスが通り過ぎて1時間余りあとにレインボーブリッジの芝浦側で車が炎上する事故があったらしいですね…。

アキバではいつものように千石と秋月を回って、今度のプリント基板が届いたらすぐ作れるよう、不足している部品を買い足し、はんだづけカフェに寄って、若松をちょこっと見て、…まだ時間があるからアキヨド行こうか…と思ったけどそこまでの元気がなく、AKB48劇場の向かいに座ってtwitterTL追っかけ、飽きると居眠りして(まだ日焼けがひりひりして疲れ切ってる…)、そのまま裏のAOKIのビルの上にある飲み屋へ。ミクっぽい何かがこんなのおすすめしてました。

そしてこの飲み会に参加。
今回はNKHで見覚えのある大きな女性の方が。何年か前に東工大のニコニコ技術文化祭でプレゼンやってNKHがニコ生をやってたときにいたのを覚えていたので、今回基板作ったことを紹介したり。
プレゼンしてた当時はCAmiDionはまだ1号機しかなくて、あの頃から比べてかなり進化しているので、これは教えてあげなければ!って思ったのでした。
あとは、strv工房ブースでも見たあのちっちゃいマイコン基板紹介とか、ゆなさんのニキシー管を作るためのパーツとか、USB⇔Cバスアダプタの基板とか。
基板やパーツなどの紹介が必ずといっていいほどあるいつものニコ技飲み会でしたw
あと店側の演出もいろいろ。ときどきハート型の料理を出してきたり、最後のデザートに至ってはニコニコ秘術部っていったいww

帰宅後の風呂でもまだ日焼けがしみる…だけど気温が前の夜より2℃ほど高めなのもあって寒気のする頻度が減りました。飲み会でしっかり栄養補給できたし、あとは自然修復を待つのみ…。

この飲み会があるということで前もって今日まで休みにしておきました。
明日からまた仕事なので今日はゆっくりしよう…

CAmiDionを持って海水浴その2@茅ヶ崎

前回の鎌倉由比ヶ浜の続き。

結局あれから3日後、茅ヶ崎にも行くことに。
しかも朝がんばって起きて午前中からの海水浴にも参加しました。
初対面でも音屋なネタで色々遊べて楽しかったです(^_^)/

朝は茅ヶ崎駅に4人集まって、途中BBQから参加した人が3人くらいいたでしょうか…

twiplaでは茅ヶ崎駅からバスで行く話しもあったのですが、実は去年一人で行ったときに歩いたことがあって知っていたので、結局僕が道案内してみんなでしゃべりながらサザンストリートを歩くことに。サザンストリートを歩くとだいたいどっかでサザンの曲流れていたりします。
(最初、バスだとかえって時間かからなくね?って思いましたが意外とみなさん徒歩ルートを知らなかったみたいですね…)

サザンビーチでは延々とサザンの曲が流れていますが、アンプを持ってきた人がいたのでCAmiDionをつないでコード演奏して遊んだりしました
したら背後から興味津々なおじさんが寄ってきて「これ楽器です」などと説明したり(なかなか楽しいw)

海の家の更衣室やロッカーは結局誰も使わず、トイレで海パンに履き替え、波が来ないぎりぎりのところに荷物を置いて、泳ぎながらときどき監視、といった感じで4人で波に打たれて遊んでましたw やっぱり4人もいると色々な遊び(波打ち際でごろごろしながら波に打たれて遊ぶとか)を思いついて楽しい。
しかも波に打たれながら三角波がきたーとかいかにも音屋なネタに走るしww
それまでの一人海水浴にはなかった楽しみが。家族でもあまり行かなかったし我が家には娘しかいないし…こういう機会に男らで久々に海で遊べたーって感じでしたね。

あとは砂でシンセ作ったりとか。

そのあとは海パン履いたまま東の砂浜へ移動する人と、着替えてBBQ肉を受け取りに行く人に別れてBBQする場所で待ち合わせ。
海風がかなり強くて着火にちょっと手間取りましたがなんとか肉を焼いたり焼きそばを焼いたりできました。ビールで乾杯!

終わりのほうで小雨が来たのですが、東京埼玉で降ったらしい雨も、やはりこんなに南のほうまではなかなか来なかったようです(だいたいいつもそうですがw)

今回は午前中から紫外線浴びまくりで日焼しすぎてやばかった…
夜は体が火照って、脈は速くなり、25℃以下に冷えた夜風で寒気がしたり、やばかったのでしっかり寝ました。

翌日(つまり今日)はコミケですがたぶんすごい日焼しまくりの顔してビッグサイトに行くと思いますww ニコニコ技術部周辺の飲み会もあるし…

CAmiDionを持って鎌倉の由比ヶ浜海水浴場に行ってきた

8/13(水)、ふらっと鎌倉の由比ヶ浜まで海水浴へ。女房子供らは行けないのでぼっちで。水着はもちろんCAmiDionも持参してました。

以前は逗子海岸とかよく行ってたのですが、今年はスピーカーで音出すことすらだめとかいう、あまりにアホすぎる条例を逗子市が作ってしまったことに嫌気が差したので、お隣の鎌倉にしました。鎌倉市であれば音量基準は80dBとのこと。スピーカーまるごとという、ラジカセやCAmiDionさえ鳴らすことすらだめとも言われかねない逗子市より、鎌倉市のほうがよっぽど賢いです。

そのせいでOTODAMAが移動を余儀なくされ、今まで逗子海岸で見かけたOTODAMAの海の家が、鎌倉由比ヶ浜で見られるようになりました。

なぜか家にバスタオルが不足していたので現地で購入。
その後、どこの海の家の更衣室にしようかと歩いていたところ、
なんと、IBMからThinkPadシリーズを受け継いだことで知られるあのlenovoが海の家を出しているではないですか!(しかもこれ PC WatchITmedia も記事にしていたんですね)
ガジェット好き?僕もCAmiDionという楽器ガジェットを持っているし…
よしここにしよう!

海水温はちょっとむらがありましたね。最初えらい冷たいな…と思ったのですが、沖に出るに連れて暖かい海水も。
ただ、日差しはそれほど強くなく、うす曇かと思えば、いきなり小雨が来たり、また日が差したり、と、ちょっと不安定気味な天気でした。泳いでもあまり体が温められず、足がつったりしてなかなか直らず、ひたすら砂浜にごろごろ…小雨に打たれましたがかまわず砂の上にごろごろ…青空の下でなくてちょっぴり残念さが残る感じです。

lenovoで17:00からエビスビールが600円から400円に値下げと聞いて、泳いだ後は軽く一杯。
lenovoのタブレットで注文できる海の家とかなかなか斬新でいいですね。

ぼっちで暇なのでCAmiDionを首からかけてBGMにあわせて鳴らして遊んでみたり、twitterで私もビールクズですかんぱーい、みたいなツイートに答えたり(なんというバーチャルプチ宴会w)
CAmiDionをひざの上に置いていたら、店のお兄さんから「それ何ですか?」って聞かれたので、鳴らして見せてあげました。コードが表示されててすげぇ!という感じで感動されてしまいましたw

そして最後もOTODAMAの横に漏れてるライブの音楽に合わせてCAmiDionで鳴らして遊んでみたり。

帰ってきてから気づいたのですがどうやらシャワー室か更衣室に海パン忘れてきたみたいです…
現地で買ったバスタオルはちゃんと持って帰ってきてたのに。
とりあえず予備があるからしばらくはこれかなー。

と思ったその夜
海でおよいだりBBQしたりするオフ
なるイベントを発見。
おぉ!今度は茅ヶ崎ですか!鎌倉は一番近いけど、茅ヶ崎も割と近いから都内よりも気軽に行けるし、DTM系な人たちならCAmiDion持って行くともっと楽しめるかも?
しかもこれならぼっちじゃなくみんなでBBQとか楽しそうだし、天気もよさそう?
とりあえず「興味あり」ボタンをぽちっと。
由比ヶ浜から3日後ですし、また行くかちょっと考えます…。

CAmiDion基板の改良版を注文しました!

CAmiDion基板の5月5日版の完売をうけ、次期バージョンの設計を進めてきましたが、ついに本日、SeeedStudio の Fusion PCB にオーダーしました!

新しい設計はこんな感じです。

CAmiDion PCB 2014/8/11版

CAmiDion PCB 2014/8/11版

【1枚基板に全端子を装着できるシンプル構成】

前回のバージョンは所定のアクリルケースに入れることを前提とした設計で、基板を2枚に切り離して2層構造にする必要がありました。さらに、MIDIジャック、ボリューム、スピーカー、オーディオジャック、オクターブシフト用の直線型可変抵抗、電池ボックスなどを電線でつなぐ必要もありました。

新バージョンではこのあたりのわずらわしさをなくし、1枚の基板でも動作するような設計にしました。さらに、ぶらぶらして邪魔になりがちな電線のハンダ付けすら不要化しました!

そのためにどうしたかというと、アンプ回路を省略し、基板取り付け型のオーディオジャックを装備したのです。これだけでもボリューム、アンプ、スピーカーが外付けになり、電線をハンダ付けする必要がなくなります。

さらに、それまで電線でつなぐ形だったオクターブシフト用の直線型可変抵抗を乗せる場所を、基板の左端に確保しました。

でも…電池ボックスだけは電線がいる…?

ならばUSB電源にしちゃえばいい!
というわけで電源用の USB mini-B 端子を装備しました。電池だろうとACアダプタだろうと USB mini-B 端子にさえ対応していれば一応電源を確保できますし、使い終わったらUSBプラグを抜けばよいので邪魔になりません。

さらに…なんと、MIDI回路も簡略化し、基板取付用MIDIジャックを2個つけられるようにすることで、MIDI OUT/IN の両方を装備できるようになりました!

これで、電源、オーディオ、MIDI、すべての端子を基板につけられるようになり、使いやすいシンプルな構成の1枚基板として作れるようになりました。

【不要な部分を切り離しやすいように配慮しました】

1枚基板だけでなく、従来通りの形での構成にも対応しやすいよう、不要な部分をアクリルカッターやノコギリなどで正確に切り離せるようにするための工夫もしてあります。

前バージョンで欠けていたスペースに追加した、AVRマイコン回路、MIDI IN 回路、オクターブシフト用の直線型可変抵抗、の各区画は、端に凹みを入れ、シルクスクリーンで区切り、さらに曲がり角に小さい穴を開けてアクリルカッターに対するストッパーとして働くよう配慮しました。

AVRマイコン回路を切り離すと、従来通り中央のピンヘッダ/ピンソケットを介してマイコンにつなぐことになるので、そのための穴もきちんと残してあります。そのうえで、従来の2×10から2×12に拡張し、AVRのアナログ端子用(オクターブシフト用の直線型可変抵抗を含む)の端子も出せるようにしました。

切り離した部分を別の基板に組むことで、例えばMIDIジャックを電線でつないでパネル取り付け式に変えたり、全く別のマイコンで制御したり、アンプやボリューム、スピーカーも好みのものをつなぐなど、より自由な構成でCAmiDionを作れるようになります。

【シルクスクリーンも大幅に改良】

前回の基板は、KiCadのガーバービューアでシルクスクリーンをさほど深くチェックしていなかったこともあり、チップ部品のLEDの向き、など、シルクスクリーンを見ただけではわかりにくいという問題があり、実体配線図で補足することでカバーしていました。

新バージョンではこのあたりも改良しました。
ガーバービューアでこまめにチェックすることで、それまで出ていなかった回路定数値などをきちんと出し、配置も色々工夫し、これもあったほうがいいなと思った表示、チップLEDの向きの△表示(チップLEDの裏にある▼印みたいなもの)など、色々追加しました。
さらにシルクスクリーンの見栄えを考え、LEDの極性、ダイオードの極性や配置も揃え、スルーホールのハンダ付け跡が表からあまり見えないように配置を見直しました。

【LCDバックライト端子対応】

前のバージョンでは秋月電子8×2 I2C液晶(バックライトなし)を想定した設計で、ストロベリー・リナックスのバックライト付き同等品(秋葉原の千石電商でも販売している)を使おうとした場合、バックライト端子を折り曲げるなどの工夫が必要でした。

今回のバージョンでバックライト端子用の穴を追加し、さらにそのすぐ近くに電源端子を追加しました。これによりバックライトの有無にかかわらず使いやすくなりました。

【オーダー】

前回は厚さ1.0mmでしたが、思っていたより薄かったと感じたので、今回は1.6mmにしました。枚数は前回と同じ10枚にしました。大きさの区分なども前回と同じです。厚みが増した分だけ重くなったためなのか、単に値上がりしただけなのかわかりませんが、送料が前回よりも1ドル弱ぐらい近く上がってるようです。

【今後の見通し】

前回の実績からすると、基板が届くのは8月25日前後になることが予想されますが、実際に部品を集めて売るのはおそらく9月以降になるでしょう。

Maker Faire Tokyo 2014 の出展者募集も始まっていますが、ここで販売できる状態になるかまだ未知数ですし、販売OKで出展すると出展料がかかるので、出展するとしたら単なるMakerで出展することになりそうです。

Maker Faire Tokyo 2014 の次の週末にはアナログシンセ・ビルダーズ・サミットも開催されるので、もし可能ならこちらに出展したときに基板(+おそらく部品セットも)を販売するかも知れません。

どちらにしても、まずは基板が届くのを待ちましょう…。