CAmiDionを持って石川町から赤レンガ倉庫まで散歩してみた

今日、なんとなく暇つぶしに横浜市街へ。
ここならきっと何かしらイベントやってるだろう…

まずは石川町(大船方面から来ると最初にここにたどりつく)。
石川町といえばやっぱりエジソンプラザですよね。

少し前に店主が亡くなって閉店したという相模電子。
行ってみたらたしかに張り紙が
タック電子は日曜は休業日なので、開いていたのはシンコー電機だけ。
1μFのチップコンデンサがあったのでCAmiDion基板で使うことなどを考えて確保。

横浜スタジアムのほうへ歩いてみたら、なにやら爆音が。
その正体はONE OK ROCK
横浜公園も ONE OK ROCK グッズを持った若者たちでいっぱい。

FabLab関内の前も通ってみたら、ちゃんと看板ができていました

神奈川県庁まで行ってみたら、こっちでも屋外ライブイベントやってました。
カナガワミュージックサミットでした。
思わず座って見入って、最後の2グループ「空中カメラ」「LiLi」を鑑賞。
CAmiDionで追っかけながらさりげなくコード弾いて合わせて鳴らしていました。音量をうまく調整しながら鳴らしていても、ときに音量で負けたり追いにくいコード進行になったりして迷子になることも。そんなときは手拍子だけになったりもしましたw

ライブが終わって気がついたらもう17:00近くでしたが、そのまま象の鼻パークを通って赤レンガ倉庫へ。
ここで氷結を買ってちょっとほろ酔い
しばらくCAmiDion弾いて、座ってまったりしていたら、…

いきなりLEDをきらきらさせたおじさんが!
思わず追っかけて写真ツイート
…っと、なにやら観光客と一緒に写真撮ったりビデオカメラ回していた様子だったので、僕もCAmiDionを持ったまま行ってみたところ
「これ何ですか?」「楽器です」
その場でCAmiDionを鳴らしてこっちもパフォーマンスw
電子工作な話で盛り上がり、そしてついに僕も写真に収まってきましたw
実はこの人「LEDパレード」として全国を飛び回っていて、たまたまこの日は横浜赤レンガ倉庫に来ていたというわけでした。
いやぁ、こういう観光スポットで人が集まるところには、こういうパフォーマーがやっぱりこう、ひょこっと来るものなんですねw

ふらっと行った割には面白いことがあって、行ってみるものだなって思いました。

CAmiDion基板セット最新版をパッケージ化しました!

先日届いた2014/08/11版のCAmiDion基板と、部品の一部をパッケージ化したものを9セット作りました。

前回のような薄い1.0mm厚の基板2枚構成から、1.6mm厚の1枚構成に変わっています。コネクタ類も基板に載せられるようにすることで、電線をつなぐ部分を極力減らしました。USBバスパワーで駆動でき、外付けアンプで音を出す形にしたので、電池がなくてもPCから電源を取ってPCのスピーカーで音を鳴らすという使い方もできます。さらに、MIDIコネクタ(MIDI IN/OUT)も基板に実装できます!

このセットと、別売りの追加部品を揃えることでCAmiDion SinglePCBが作れるようになります。

これだけのパーツが入っています。なお、別売としてタクトスイッチ、チップLED、液晶モジュールなども揃える必要があります。

CAmiDion基板セットに入っているパーツ

CAmiDion基板セットに入っているパーツ

配布時にはこのように付属部品/別売部品の一覧、回路図をプリントアウトした紙を添付します(元のPDFは基本構成のページを参照)。

CAmiDion基板セット(+部品表+回路図)

CAmiDion基板セット(+部品表+回路図)

前回と同様、手売り、または定形外郵便での郵送+銀行振り込みの形で売ることを前提に、1セット3,200円で提供します(郵送の場合は100gまでの定形外郵便物として送る形になるので切手代140円を加算します)。欲しい方はtwitterでお知らせください!

相互フォローしていて郵送希望の場合、twitterDMで送り先を通知していただければ、こちらからtwitterDMで振込先を通知します。振込んでいただいたことが(ネットバンキングで見て)確認できたところで発送いたします。
(twitterDMが利用できない場合は代わりにメールでもかまいません)

在庫状況は基本構成のページを参照。