暗くなると自動点灯するソーラー充電式LEDライト用のICがめちゃ便利な件

そのICとは…

秋月電子で販売されているLEDドライバIC CL0116(4個入)

太陽電池と充電式電池(NiCd、NiMH)で暗くなると自動的に点灯するLEDを作る際、わざわざCdSやフォトトランジスタといった光センサーをつけなくても、太陽電池を光センサーとして使えたらいいのに、って思うことがあります。

組もうと思えばトランジスタで組めなくもないのですが、なんと秋月電子でこのためのICが販売されていることが判明。ちょうどM3帰りに秋葉原に寄ったので、そのときに買ってきました。

夜、明かりをさえぎるように太陽電池に手をかざすと光ります。

暗くなると光るソーラー充電式LEDライト

暗くなると光るソーラー充電式LEDライト

必要な部品はこのICのほか、太陽電池、NiCdまたはNiMH電池1本、白LED、330μHコイル。
コイルは手持ちにぴったりのがなかったので一番近い270μHのものを使ってみましたが、これでもちゃんと動作しました。

いやあああこんなに便利なICができていたとは…!

しかもこういうコントローラIC、100円ショップに売っている自動点灯ソーラーLEDライトにも入っているようです。

カラフルな千石電商の袋

秋葉原へ行くとよく千石電商で電子パーツを買ったりしますが、なんか買うたびに袋の文字の色が変わったりします。

作りかけのパーツを入れておくのに役立つのはもちろん、あ、今までと違う色だ!と思うと、部品入れとして使わずに袋自体をとっておきたくなります。

おとといのM3に行ったあとも千石電商で買い物したわけですが、今まで見たことのなかった黄色でした。今までとっておいた袋に加えたら、なんとここまでフルカラー感が増してきた!

カラフルな千石電商の袋

カラフルな千石電商の袋

写真右下の小さい袋は、おそらく1980年~1995年くらいのものと思われます。当時は赤しかなく、横浜・石川町駅前のエジソンプラザに千石電商が進出していた頃でした(現在は撤退しています)。

なんとなく検索してみたら、こんなページが。

横浜電子工作連絡会2013年9月のミーティングのご報告

やっぱり他に集めてる人いた!wwwww
もしかして自分が持ってる緑色とちょっと違うというか黄緑色っぽいのがあるのかな?
これでフルカラーかと思ったけど、まだあるのでしょうか…?

抵抗のカラーコードの数字?と思ったけどそうでもなさそうな感じ。
そもそも、黒、茶色、白にまだ遭遇してないし。

これLEDで光らせたらきれいかも?w

Twitterにも上げてますが、かなりリツイートされてますねw これはほんと集めたくなる袋ですw

M3に一般参加してきた

昨日、M3(音系・メディアミックス同人即売会)に「一般参加」してきました。

実はM3一般参加は昨年が初めてだったのですが(そういえばこのブログには書いてなかった…)、あのときは大森駅から35分くらい歩いて遅めに会場に到着、いつものようにCAmiDion(当時はプリント基板化されていない手作りの2号機)をぶら下げながら第二展示場から回り、その後第一展示場へ行ったら終了時刻が近づいて結局全部回れず(あのとき会えたのはキャプミラさんとかG.I.M.I.C.の人など)、そのうえ薄ら寒かった記憶が。で、帰りは平和島まで歩いてそこから京急に乗って横浜に寄り道してから帰ったような…。

とまぁ、色々残念な一般参加だった去年の反省を生かし、今年はちょっと早めに出て、今度は横浜から京急に乗ることに。実はCAmiDion基板の更新版(今回は20枚!)を注文していて到着待ちということもあって帰りに時間があったらアキバで部品の買出しでもしようかと考えつつ。

横浜でやってきたのは急行羽田空港行き。
次は普通とか快速特急ばかり。京急の普通は確実に変なところで待たされてトロいから避けたいし、快速特急じゃ平和島止まらないんだけど、特急は来ないのか、仕方ないな…と思いつつとりあえず乗る。

京急鶴見あたりで、ふと思った。

もしかして、
蒲田なんかで乗り換えずにこのまま空港まで行っちゃえば東京モノレールでM3会場のすぐ目の前まで行けるんじゃね?

というわけで、もう面倒くさいから京急蒲田で降りたくないって思いつつそのままツイートしていたら、早くも扉が閉まって折り返しを始めた。はい、平和島回避決定w

ん? 羽田空港って複数の駅がなかったっけ、どこで乗り換えればいいんだろう…

答え:天空橋。

空港の手前だった。しかもここの乗り換え、意外と便利。
と、ここで後ろから声をかけられる。振り向くと…ネイコイワセッションでいつも一緒に帰るh@takeさんではないですか! このまま一緒にM3会場へ。

カタログを買い、CAmiDion SinglePCB をぶら下げ、真っ先にVDrumkitさんとこのブースへ行って握手。ここで「かるドラ!」っていう、2曲だけしか入ってないCDを買いました。

その後、あちこちのブースを回る。

程近い入り口のところには、あの電磁マシマシのパーソナリティ佐野電磁さん(通称・佐野ちゃん)がUSTREAMで見たまんまのこんな感じの色した格好で座っていました。すごくわかりやすいw
佐野ちゃんを生で見たのはオトダスト以来6年ぶり。電磁マシマシ聞いてます!などと伝えたうえでCAmiDionもしっかり見せてきましたw でもオトダストはかなり前ということもあってか佐野ちゃん自身も思い出すのに時間がかかってああああああみたいなw

キャプテンミライさんは今年もブース出してました。1年ぶりということで新たにプリント基板化したCAmiDionに感動の様子w

あと、今年は「アウトドアな音系オフ会イベント」で知り合った人との再会も。
4月に府中でお花見がてらシンセを鳴らすオフ会(DS10 PICNIC)でお会いした人とか、8月の茅ヶ崎海水浴&BBQでお会いしたくふさんとか。
ここしばらくアウトドアイベントを一緒に楽しめる人がいなくて…と思っていたところ、それにうってつけのイベントをtwitterで知り、これにふらっと一人で参加し、CAmiDionを見せびらかしつつ交流していたら、この両方にM3へのサークル参加者がいた、いうわけでした。やはり音系な人が集まるところはここなんだなーってw

他にも基板を展示しているブースを中心にCAmiDionに注目してくれた方が何人かいましたが、中には普通にプチライブをやっているサークルの人が注目してくれたケースも。やはり音系というだけあって、こういう変わった楽器に興味を持ってくれる人が多いんだなーって改めて認識。プリント基板化の勢いもあってか、去年よりももっと一般参加を楽しめました!

そうこうしているうちに終了の15:30が近づき、蛍の光を演奏するサークルが現れる!
まるっきり Maker Faire やニコニコ超会議と同じではないかwwwwww

さてアキバへ向かおう。というわけでモノレールへ。ホームが人で埋まってたけど一応普通に乗れました。浜松町でもギター担いだ人が何人かいて、あぁM3帰りなんだなってここでも感じました。

アキバでは例によって千石電商でスライドボリューム(これ通販で入手しづらそうにしてる人が多いようなので思い切って購入)、鈴商で74HC138、残りの部品を秋月電子で購入。さすがにCAmiDion 20セット分も買うのはきついので10セット分の調達にとどまりました(まぁ、今度は基板単品売りも考えてますしw)。
そして極めつけは秋月でも髭伯爵さんにばったり会ったというww
音系+電子系の両方の知り合いに同じ日にばったり会うほど、行くところはみんな一緒なんだなーみたいなw

で、買い物が終わるともう18:00前…
はんだづけカフェは18:00で終わりなのでもう間に合わないしパス。部品も買ったし、リュックからはATMEGA328のレールがはみ出て邪魔になりそうってことでこのまま帰ることに。

去年みたいに大森でも平和島でも降りず、M3とアキバをはしご。ちょっと疲れたけどめちゃ楽しかった!