オトアソビVol.2に参加してきた

2月11日(祝日)に東大で行われたオトアソビVol.2に参加してきました。自作電子楽器をはじめとする音系ネタの発表会です。
3日前にも楽器系イベントに参加したのですが、以前の回のオトアソビのときにも気になってはいたけど行けなかったし、基板の頒布もまたできそうだし…ということで行ってみることに。

会場は赤門から入って左にある、福武ホール B2F ラーニングシアターでした。

丸の内線の「本郷三丁目」駅で下車して歩いていると、途中で不思議な光景が。本郷五丁目に本郷三丁目店がある!
どうやらこれ、単に駅名をそのまま支店名にしただけみたいですねww

あと赤門前は東大を象徴する観光名所と化していて、ここをバックに写真を撮る人も多かったです。

僕がこのツイートを見て気づいたときにはすでに発表の受付が終わっていましたが、物を置けるスペースに余裕があったので、飛び入りでCAmiDionを展示してきました。基板も1枚だけ売れました。

イベントレポートがさっそく上がっていました

金箱さんの「共遊」という、耳の不自由な人でも目で見て音楽を楽しめる工夫も。リズムについての工夫が多かったのですが、和音を目で見る工夫もあったらいいなぁと思ったので、CAmiDionの紹介の延長で、名刺交換して MIDI Chord Helper のことを教えておきました。このソフトがあればMIDI再生で和音が見えるので、和音(コード進行)の「共遊」に応用できそうな気がします。

最後は薙刀商会さん(Maker Faire Tokyo 2012/2013のときに近くで展示していた人)の歌2連発で締めくくり。「月面反射通信」という歌にはCQCQのモールスが入ってるし、「キセノンフラッシュ」という歌とか、最近Raspberry Piがこれにやられる不具合が発覚したからだろうwwと思えるような選曲。

そのあとは懇親会。缶ビールのおつまみとしてピザ、柿の種、ポテトチップス、からあげ、などなど。結局3缶も飲んでしまったw 首からCAmiDionぶら下げたままw

発表が15分ずつと、その合間に45分もの展示見学・交流の時間もあり、なかなか楽しいイベントでした。

2/25 新しいレポート記事ができていました:2015/02/25 藤本健の“DTMステーション” – 自作楽器の発表会、個人開発の電子楽器がスゴすぎる!

へんてこ楽器遊会22に参加してきた

2月8日に早稲田の音楽喫茶「茶箱」で行われたへんてこ楽器遊会22に参加してきました。

通常は毎月第2木曜日に開催しているようですが、仕事帰りだと自宅と逆方向へかなり移動することになるので、気になっていながらもなかなか参加できずにいましたが、今回はなんと日曜開催! これならゆっくりできるということで参加してみました。

この日は雨が降っていて寒かったです。
買いたい部品がある(実は以前1μFのチップ部品買うつもりで0.1μFのを買ってしまっていたw)ので、都内へ出るついでに秋葉原へ。13:00頃着いたものの、時間もそれほどないし、雨の中あまり荷物を多く持ちたくないので、早めに買いたいものだけを秋月で買い、そのあと御茶ノ水方面へ歩きながら昼飯の食えそうなところを探しました。

途中、中央線の下を通り、そのあとはちょうど6年ほど前にニコニコ技術部に初めて顔を出した「初音ミクのあの楽器」勉強会会場となった場所を通りました
ここで電子工作に再び目覚めて6年たったらこうしてCAmiDionとか作ってそれで遊ぶ音系イベントに参加しようとしている自分がそこに…。

寒い中、手の感覚がなくなりそうな状態でガラケーでツイートし、そのまま坂を上ったら、目の前に御茶ノ水駅。この近くの店であったか~いとんこつラーメンを食べました。でもまだちょっと時間があるので、楽器店街を色々見てきました。エレキギターがかなり多い印象ですがシンセ置いてある店もありました。
なんかてってってーとかピタゴラスイッチとかすぐ弾きたくなりますねw

そのあと中央線で飯田橋 → 地下鉄東西線に乗り換えて早稲田へ。
いわずと知れた大学の街。近くには放生寺の鳥居があって、左側の脇に、地下の茶箱への入り口がありました。
ちょっと早めに着いてしまいましたが…CAmiDionを出すなり「おぉぉ、ニコニコでしか見たことのなかったCAmiDion!」などと感動されるw

実はポケット・ミクも持ってきていて、CAmiDionと一緒に自作の二股小型ミキサーを介して自分のポーチアンプにつないでいたのですが…変換プラグ落としてしまった!すぐ足元を探したけど見つからず…あれがないとミニプラグと標準プラグの変換が…うぐぐ
やはり取り外せるタイプは紛失しやすくてあかん。今度から変換ケーブルにしようかな。

しばらくすると人が続々。全体的にはアナログ系の変わった楽器(特に効果音楽器とか打楽器とか)が多かったものの、クラウドファンディングで手に入れた電子楽器や、エフェクトをバリバリにかけられるサンプラーといったDJで使えそうな機材まで色々。

CAmiDionに似たコードボタンを持つ「コードハープ」という楽器も。
これは小さなハープの一種で、コードボタンによってコード構成音以外をスポンジのようなものでミュートするという仕組みです。
横方向のコードの並び順はCAmiDionと全く同じで、なんとなく親しみを覚えます。ただ、CAmiDion と違って C と Am の間が離れているためか、ちょっと感覚が違うなーと感じることも。あと、素手で弦を弾くと音量はそれほど出ないし指が痛くなりそう。でもピックを使って弾くと大きな音も楽に出せます。ただ、それでも右手の人差し指に水ぶくれができてしまいました(どうやら振動で指がやられたっぽい)。もっと指にやさしいピックがあるといいなぁって思いました。

茶箱には大型スピーカーを備えた機材もあって、ここにCAmiDionなどもつなげられたりしますが、サンプラーを使っていた人のところにつないでみたら、CAmiDionの元の音がわからないくらいびゅんびゅんエフェクトかけて遊んでくれましたww というかCAmiDionの魅力にとりつかれていた様子。完成品があればほしいっていう声も…(うーん、ちょっと考えておこうか…あとで帰ってきて妻子からも言われたし…)

夕方になっておおかみさんがカラフルな楽器を持ってやってきました。

楽しい4時間を過ごせました!

で、帰りが遅くなるなら飯は外で食ってきてねって言われていたので、東西線で大手町 → 東京駅まで歩いて探すことに。丸の内側は店があまり多くないようなので、八重洲側へ。八重洲北口付近にたどりつくと、キャラクタストリートという人気キャラクタの専門店街が。
んふんふ!でおなじみのなめことか、プリキュアとか、アイカツとか、各TV局のキャラグッズ、などなど、人気キャラが勢ぞろい。こんな専門店街が東京駅前にできてたとは!

その先のカレー店ALPSで野菜カツカレーを食べました。この店は独身時代からあったのを知っていて、大塚から丸の内線で帰るときによく寄ったりしていたのですが、同じ場所でまだ営業していたのですね。久々に来たような気がしました。

ここでふと気づく。TV局のキャラ…あ!NHKはあったっけ!?もしかして、最近発売されて話題になったので買おうかなと思っていた、あのピタゴラゴールはあるか?
…ありました!早速ゲット!

で、このピタゴラゴールなのですが、玉をしまうところもないし、電池ボックスはネジ止め式で、旗があがると「♪ピタッ ゴラッ スイッ チ」と、思いのほか大きな音で歌ってくれちゃう。せめてボリュームとか、電源スイッチとか、玉の収容スペースぐらいは装備して欲しかった。
結局、元のケースに入れてしまっておくしかないという。まぁ、今度もっと使いやすいように改造してみますかねw

CAmiDionでもよくピタゴラ装置のBGMとか弾いて遊んでますし、今度これで遊んでいる光景の動画をニコニコに上げようかなーと思っていたりします。

2/11 11:30 追記:なくしたと思っていた変換プラグですが、さきほどリュックの底から発見されました。探していただいた参加者の方々、どうもお騒がせしました…。

2/15 追記:購入から1週間後…ピタゴラゴールとCAmiDion演奏を組み合わせて動画作ってみた。

[ニコニコ版はこちら]

hwoffとネオコイワセッションをはしごしてきた

1/31は、昼に中目黒Taproomで開催されたhwoff(ハードウェアオフ)という電子工作系オフラインミーティング、夜は新小岩chippyでのネオコイワセッションに参加してきました。

ほぼ1年前(2014/01/25)と同様のパターンでした。
あの直後にCAmiDion5号機が現在の形になったのですが、これを初めてhwoffに持ち込めるようになりました。1年越しですね。
その間にプリント基板化もすすんだわけですが、今回のhwoffではすでにCAmiDion基板を買ってくれた方が少なくとも3人いて、しかも新たに2人の方が買ってくれました!(ありがとうございます!)
前週末に基板が届いて早めに対応し、この一週間で部品セットの準備がちょうどできたばかりだったので早速持ってきたところでした。気がつくとCAmiDionが直近1年でここまで進化していたというw

hwoffは12:30~14:30でしたが、僕は13:00ちょっと前に到着。今回は40人ほどが参加。中にはhwoffが始まってから今起きたってツイートして終了時間にも間に合わなかったとか、忘れてたという人までいたり…

Taproomではビールやピザなどを食べました。特にピザがおいしかった。
予想通りテーブルのあちこちに電子工作の作品が並ぶという光景がみられました。
まぁhwoffならそれが普通だったりするわけですがww

思いのほか終了が早く、ネオコイワセッションまでまだ時間があったので、そのまま日比谷線1本で秋葉原へ。この6日前にも部品の買い出しに行ったばかりですが、買っておきたいものがあったのでまた行きました。例によって最後ははんだづけカフェへ。と思ったら座るところがないどころか、名札代わりにする会員証ストラップ(貸出)が足りなくなるほどの混雑。6日前とは様子が違う…。あまり時間がなかったので買った部品の整理とおしゃべりぐらいで終わりました。

その後はゆるゆると新小岩へ。chippyに着いたらまだちょっと早かったようなので、途中のルミエール商店街にある横浜ラーメン六壱家でラーメンと餃子。冷たい北風が強かった東京23区内を3箇所も回って少し疲れてきたのもあって、何となくガーリック成分を補給したかった(ここでスタミナ食をしっかり食べておかないともたない…)

chippyでもCAmiDion基板を置きました(PSGO-Z(Ke)さんカオルさんによるツイート)。巡音ルカとたこルカがいるのは、前日が巡音ルカ6周年ということで僕が持ってきたからですw
当日のネオコイワセッションレポートはこちら。
例のごとく横須賀線の終電で帰ったわけですが、品川あたりで月が変わったようで、横浜に着いた頃にはすでに2月になっていましたw

翌日は Vocaloid Fantasia というイベントが横浜の関内の近くで開催、しかも最終回らしい!まじか!近くなのでできれば行ってみたい…と思っていたけど終電帰りの翌日とあって、さすがにそこまでの気力はなかった…。
(荷物の整理などなどやりたいこともいろいろあったし…)