オトアソビVol.2に参加してきた

2月11日(祝日)に東大で行われたオトアソビVol.2に参加してきました。自作電子楽器をはじめとする音系ネタの発表会です。
3日前にも楽器系イベントに参加したのですが、以前の回のオトアソビのときにも気になってはいたけど行けなかったし、基板の頒布もまたできそうだし…ということで行ってみることに。

会場は赤門から入って左にある、福武ホール B2F ラーニングシアターでした。

丸の内線の「本郷三丁目」駅で下車して歩いていると、途中で不思議な光景が。本郷五丁目に本郷三丁目店がある!
どうやらこれ、単に駅名をそのまま支店名にしただけみたいですねww

あと赤門前は東大を象徴する観光名所と化していて、ここをバックに写真を撮る人も多かったです。

僕がこのツイートを見て気づいたときにはすでに発表の受付が終わっていましたが、物を置けるスペースに余裕があったので、飛び入りでCAmiDionを展示してきました。基板も1枚だけ売れました。

イベントレポートがさっそく上がっていました

金箱さんの「共遊」という、耳の不自由な人でも目で見て音楽を楽しめる工夫も。リズムについての工夫が多かったのですが、和音を目で見る工夫もあったらいいなぁと思ったので、CAmiDionの紹介の延長で、名刺交換して MIDI Chord Helper のことを教えておきました。このソフトがあればMIDI再生で和音が見えるので、和音(コード進行)の「共遊」に応用できそうな気がします。

最後は薙刀商会さん(Maker Faire Tokyo 2012/2013のときに近くで展示していた人)の歌2連発で締めくくり。「月面反射通信」という歌にはCQCQのモールスが入ってるし、「キセノンフラッシュ」という歌とか、最近Raspberry Piがこれにやられる不具合が発覚したからだろうwwと思えるような選曲。

そのあとは懇親会。缶ビールのおつまみとしてピザ、柿の種、ポテトチップス、からあげ、などなど。結局3缶も飲んでしまったw 首からCAmiDionぶら下げたままw

発表が15分ずつと、その合間に45分もの展示見学・交流の時間もあり、なかなか楽しいイベントでした。

2/25 新しいレポート記事ができていました:2015/02/25 藤本健の“DTMステーション” – 自作楽器の発表会、個人開発の電子楽器がスゴすぎる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です