ニコニコ超会議2015行ってきた(2日目)

1日目に続いて2日目。
横浜駅に着いた時間は1日目とほぼ同じ。
また横須賀線に乗るパターンにはまる。

今度は西船橋ではなく、津田沼まで1時間乗って、黄色い電車で一つ先の幕張本郷からバスで行ってみました。

▼見ての通り、めっちゃすいてましたwwwwww

このルートを試してみたら、幕張メッセに着いた時間が1日目より20分以上早くなりました。
1日目の終了が18:00なのに対して2日目は17:00ということで、早いほうがいいかなーと思ったわけであります。さらに入場はもっと早かった。

▼押さない!!駆けない!!ドラゲナイ!!

この日も奥の超ボーマスを優先して訪れる。
1日目と2日目では展示者が入れ替わるので、また別のボカロPに会えます。

あの女子大生10号の香水を置いてあったPSGO-Zブースは両日出展でしたが場所が変わっていました。

他に、この日は、曲を聴いたときから会えたらいいなと思っててまだ会っていなかったボカロPに会うことができました。

インドインダスインデスト」「やせっぽちのおんなのこ」など面白い曲をたくさん作っている作者tamachangブースで「たまミク」というCDを買いました(しかもその場で本人のサイン入り)。

あと、数年前からなかなか会えないボカロPとして気になっていたあルカPのいたmiraauraブースでCAmiDionを見せて話をしたり。この動画で使わせてもらったさわやかなBGMの作者ですが、それ以前にも初期の頃のピアプロでM@SATOSHIというハンドル名で見かけていました(当時はP名がまだなかった)。北海道の人とあってイベントで会う機会がなかなかない中、今回miraauraというグループで超ボーマスへの出展に踏み切ってくれたことで会うことができました。ライブもやったそうですが、会場が9-11ホールの入り口という「隔離棟」だったこともあってたどりついたのが終了前(すでに間に合わなかった…)。そこで一休みしていたら、あルカP以外のmiraauraの人がいてCAmiDionの話をしたり…
というところで超会議2日目が終わったという(あ…気がついたらFooさんの蛍の光を聞いていないから1日目みたいにそれを伴奏して遊んでいなかった…)。

他にプチライブスペースでトロンボーンの人とセッションしたり、「ニコニコ住民票」を買ったり(並ばずにQRコード経由でスムーズに買えました)。技術部の馬車にも乗れないかタイミングを計ったものの結局乗ることはできず。人が多すぎて会場が広いのもあって移動だけで一苦労というのもあって、結局は超ボーマス中心→超ボーマス終わったら隔離棟へ移動、みたいなパターンになってしまいました。
pepper君は馬車に乗れたのに…

▼他には…うんこ学会の痛便器とか、

▼こんな事案も発生したり、

→ ペッパイちゃんっていいますww
ニコニコニュース記事にもデモ動画
乳首搭載ロボ「ペッパイ」ちゃんを開発しました

▼そのおまわりさんが乗るパトカーがロボットになっていたり

今回はpepper君の活躍が目立っていた感じですね。

帰りは混雑していたので、海浜幕張駅前でそのへんにいたストリートミュージシャンやオタ芸やってるお姉さんのBGMなどに便乗し、10Wアンプ越しにCAmiDionでコードを鳴らしながら混雑が緩和されるのを待ちました。
(当初は一昨年のように海浜のつかない幕張まで歩こうかなーと思ったのですが、せっかく10Wアンプ作ったことだし、ちょっとした後夜祭気分でこうやって遊んでいたほうが楽しいのでww)
すいてきたのを見計らって改札に入ったらホームも混雑。電車に乗り切れなかったり、途中で特急が来て待たされたり。でも東京駅まで、どうみても僕より若そうな集団を中心とした超会議の雰囲気そのままという。つまり帰るまでが超会議ってことですねw

ニコニコ超会議2015行ってきた(1日目)

先日作った10Wアンプを持って、いよいよニコニコ超会議2015へ。前売り券はもう買ってある。

横浜から東海道線で東京に出ようとしたら待ち時間が長くて、先に来る横須賀線へ。ならいっそのこと東京じゃなくてこのまま津田沼まで行っちゃうか?

と思ったが、ちょっと手前の西船橋から行くルートがあることに気づく。
今までたどったことのないルートだし、試してみよう。
まずは市川で乗り換え。西船橋は総武快速が通過しちゃうから。横浜でいう東神奈川も横須賀線が止まらない乗換駅だが、それと似たような位置づけの駅だったり。

西船橋に来てみると、武蔵野線からの運転本数が思っていたより少なかった。

朝飯食わずにここまで来てさすがに腹が減ったので、駅ナカにあったベッカーズでブランチタイム。

その後、タイミングを見て再び武蔵野線ホームへ。
すでに人がいっぱいで、ここを境にニコニコ超会議ラッシュが始まっていた。
でも一度乗ってしまえば、1駅、スムーズな乗り換えで快速1駅、これで海浜幕張に到着。

待機列はコンパクト。遅めに来たからかも知れないが…。
昨年までの超会議では埋まっていたはずの場所ががらーんとしていました。

今回は45分くらい並んだかな…。

花が飾られていたところには「つんく♂」の記名も。
がんで声帯を摘出して命をつないだことで、花をニコニコ超会議にささげることができたわけですね…ちょっとぐっときました。

技術部馬車のそばにpepper君の姿も。
今年はニコつくがホール9-11という別の建物に追いやられ、この馬車スペースだけがニコニコ技術部分室って感じでした。去年までとは一変してしまった感。

優先的に行きたかった超ボーマスへ(16:00で終わってしまうから)。
14:30前になんとかたどり着く。ブースを一通り見るとネオコイワでおなじみPSGO-Z(Ke)さんやこの前の花見でミク見で会ったyukkyさんが出展。
プチライブスペースでちょっと便乗セッションしてみた…が、反対側の超音楽祭からの爆音がうるさくて聞こえにくい!去年から何も改善されてなかったorz
それでもなんとか演奏できて10Wアンプ持ち込んで一応は正解。
コンセントもあってACアダプタも有効活用できました。

しばらくすると技術部楽器勢登場。

この前みなとみらいのBUKATSUDOで会ったばかりのぼやさん、花見でミク見で会った離陸(テイクオフ)P、ネオコイワで会ったあの楽器
StrayCats’Labの人とInnocenceとメルトを演奏しました。
でもやっぱり超音楽祭の爆音ががが…

PSGO-Zブースには「女子大生10号」という合成された匂いの香水が置いてありましたw
ニコニコ学会で女装男子あしやまひろこちゃんのところに展示されていたあの香水です。思わず手の甲にスプレーw ほおおおこんな匂いなのか…ww

やがてボーマスも終了し、残り2時間で会場を回ろうと戻ったら、今度はさっきの技術部楽器勢が馬車の上にいて出発寸前なのを発見。馬車に乗れず出発したので横を歩いてまた演奏しちゃいましたw
→ このときのシーンが5/6にうpされた動画にあります。後半に僕の姿がw

あとは超歌ってみたで誰かが歌ってるこなああああああああああゆきいいいいいいいいに合わせてCAmiDion+10Wアンプ持ったままコード鳴らして合わせてみたり。これも楽しいw

ブランチ食べてもやっぱり何か食べたいのでこんな時間に塩ラーメンに走る

フードコートを超えると9~11ホールという「隔離空間」へ。
ニコニコ学会とニコつくはこっちでした。
先ほどの技術部楽器勢もニコつくの一角で展示していました。
このときすでに17:00を過ぎていました。ちょうどこの夜はニコ技打ち上げに行く予定だったのでその前には寄っておきたいということで。

そして18:00が近づき、いつものようにFooさんの笛に合わせて蛍の光をコード演奏。
僕は一般入場ということで先に外へ出て、海浜幕張駅前で大道芸を見て暇つぶしして、そのあと打ち上げの会場へ。

同じ飲み屋にニコつくのバッジをぶら下げた人たちが向かっていたのでついていく。いざ来てみると…顔見知りが来ていない? でもニコつくだよね?
やがて幹事が来るときいてやってきた人があさぎんじゃないことがわかってここは違うと確信、同じ飲み屋の別の場所へ行ってみたら技術部ですか?と店の人に尋ねられて案内され、やっと顔見知りな人たちを見て一安心。
あやうく違う集団のもとで飲み会に参加してしまうところでしたwww
どうやら間違えた先は模型部だったらしい。

まぁ打ち上げも楽しめたことですし。
2日目もがんばりましょう。

10Wアンプを改良してみなとみらいへ…翌週の超会議に向けて

一週間前に完成した10Wアンプ、実は裏に開いている穴は「バスレフ」という低音域強化のつもりだったわけですが、計算式を改めてよく見ると、どうやらダクトは長くしたほうがよさそう。

他にも色々見ていくうちに「バックロードホーン」とか「ダブルバスレフ」という方式があったり、BOSEの「ウェーブガイド・スピーカー・テクノロジー」なる方式があったり(これは新聞で以前見たような)。

要はこれ、スピーカーの背面から穴の外に出るまでの距離をできるだけ長くするという発想なのですね。

そこで、同じような発想で改良してみました。

10Wアンプの背面(閉じたところ)

10Wアンプの背面(閉じたところ)


10Wアンプの背面(開いたところ)

10Wアンプの背面(開いたところ)


どこが変わったかというと、スピーカーの背面を上のほうを開け、下のほうを仕切り板でふさいだところが大きな違いです。これによりスピーカーの背面から箱の背面の穴までの距離を稼ぐことができ、低音が以前より出やすくなりました。基板の位置も、仕切り板の高いところに移動し、電池とぶつからないようにしました。

ニコニコ超会議まであと一週間ということもあり、土日の間に改造。
日曜の昼くらいに終わったし、にわか雨の雨雲も抜けたし、さてどこかでまた試すか…
というわけで、石川町からみなとみらい付近を歩きながら、また広い場所で試してみることに。

ついでなのでエジソンプラザで電池ボックスを買う。CAmiDion2号機・5号機で使っていたeneloopを10Wアンプに使いまわしたため、アルカリ電池でも使えるよう単3 x 4 から単3 x 3 に置き換えたかったのです。これならニコニコ超会議に間に合いそう。

そのあとは赤レンガ倉庫方面へ歩く。
横浜公園はチューリップが満開FabLab関内の前は八重桜並木が満開赤レンガ倉庫も花がきれい

赤レンガ倉庫の端っこ(貨物駅の跡地みたいなところ)に座ってさっそく…

不思議そうにちらちら見る人がわずかにいた程度で、人が集まる気配はなし。

ツイッターを見ていたらぼやさんが…

ちょうどみなとみらいも行ってみようかと思っていたところなのでさっそく行ってみる。ドックヤードガーデンの下を降りて中に入ってみたら…あった。BUKATSUDOという大人の部活動的なスペース。
自動改札っぽいゲートのあるスペースと、通路のスペースに分かれていて、カフェもあった。ここでツイートしていたら、活動ブース内にいたぼやさんが反応w 会うことができました。
3DプリンターやPCなどがあるブースの中でいろいろお話できました。
これはなかなか面白そうなスペース。
ニコニコ技術部で会う人で都心から桜木町を通って帰る人はどうやら僕以外に誰もいないっぽいし、さびしいのでまたぜひ…なんて言われたりw
また機会があれば何かのついでにふらっと寄ってアイデアを語り合うのもいいかなーと。

帰り道…桜木町駅前の広いところ、2年くらい前まではストリートミュージシャンをよく見かけたのですが、いつの間にか「無許可でのライブ禁止」という立て看板が設置されていて、もうストリートミュージシャンはここでは見られそうにないと思われ、ちょっと残念…。
そのあとは野毛とか伊勢佐木町のゆず発祥の地を散歩して関内から帰りました。

次の週末はニコニコ超会議もあり、超ボーマスでは今年もプチライブスペースが設けられるとのことなので、ここでも改良版10Wアンプを活用しようと思っています。普段なかなか会えないボカロPにも会えることがあったりして楽しみです。

10Wアンプを作って湘南の海でCAmiDionを鳴らしてみた

昇圧電源に続いて、春休み中に買ったもう一つのキット、10Wモノラル・パワーアンプキットを組み立て、木箱に入れました。

CAmiDionで使う、もうちょっと大出力のギターアンプみたいなのが欲しいなぁと思っていたのですが、市販のギターアンプは高いし、せっかくの春休みだからこの機会に自作しちゃおうと思ったわけであります。

木箱にはスピーカーを取り付けるための丸穴をあけます。
糸のこが大活躍。

糸のこでスピーカーの穴あけ

糸のこでスピーカーの穴あけ

スピーカーの穴があいた!

スピーカーの穴があいた!

10Wともなると、5Vだと単純計算で2Aは流さないと出ない計算です。
そこで、古いノートPC(すでに廃棄済み)でかつて使っていた 16V 2.8A ACアダプタを活用し、これでアンプを駆動できればいいかな、と考え、電源電圧範囲8~18Vでもいいからこれにしよう、ということで選びました。

ただ、手持ちのACアダプタの端子が特殊な形状で、専用の電源ジャックにしか入らない構造になっていたので、最初はDC側の線を直結して試しました。
このままでは電源ON/OFFの状態がわかりにくいので、手持ちの赤色LED+1.5kΩ抵抗を使って電源ランプも装備しました。スイッチはスピーカーボリュームも兼ねています。

このキットにはスピーカーだけでなくヘッドフォン用のアンプが別途内蔵されているので、これを有効活用しようと、もう一つのボリュームとジャックをつけました。

一応、春休み中に第1弾が完成。しかし、いざ休みが明けると…

片付けるとき、つながったままのACアダプタのケーブルが邪魔臭い。
しかもこれではコンセントのない屋外で使えないし、CAmiDion SinglePCB とつないだときにUSB電源を別途確保しないといけないので、中途半端感がどうしてもぬぐえない。

やっぱり、下記の3つはきちんと装備しておきたい。

  • DC IN 電源端子(手持ちの余り物でいけるだろう)
  • 単3 x 8本用電池ボックス(実はもしかしたら使うかも知れないと思って春休み中に買ってあったw)
  • USB出力端子(これも一応余り物があるし、手持ちの5Vの3端子レギュレータでなんとかなるだろう)

というわけで、4/11の土曜日、ちょっと夜遅くまでかかったけど、なんとかこの装備を追加し、完成させました。CAmiDion 2号機などと同様、はさみで切れる植木鉢底用ネットでスピーカーを保護しています。

10Wパワーアンプ(正面)

10Wパワーアンプ(正面)

電源入力端子。
2mm穴を開けてみたら大穴と一体化してネジ止めできなかったので、ジャンクのコイルから外して保存してあった太い単線を針金代わりに巻きつけて固定しました。

右側面:電源入力端子

右側面:電源入力端子

手持ちの5Vの3端子レギュレータを活用し、USB電源端子もしっかり装備。
これで、CAmiDionの電源もここから取ることができます。

左側面:USB電源出力端子

左側面:USB電源出力端子

背面はぴったりで開けにくいので、長いネジで取っ手を作って開けやすくしました。

背面

背面(開けにくかったので取っ手をつけた)

背面を開けたところ。
負荷が高くなったときのことを考え、ヒートシンクをつけて放熱。
スピーカーは秋葉原ラジオデパートのトモカ電気で購入したものです(色々なスピーカーが売られていて、選んだ結果これになった)。

背面を開けたところ

背面を開けたところ

土曜日中に完成したものの、最大音量では家で鳴らすとうるさいので、翌日曜日にさっそく外で実験してみることに。

神田⇔秋葉原間で架線柱が倒れた影響で京浜東北線では蒲田から北へ行けないので、都心とは逆方向にしよう。ちょうど前日のアド街に江ノ島が出ていたのでここへ行ってみよう。
統一地方選挙の投票日だったので投票を済ませ、まずは小田急線の片瀬江ノ島駅へ。

うす曇りで、しかも潮風がまだ冷たく、じっとしていると寒く感じるほどでした。

海沿いを鎌倉方向へ歩き、七里ガ浜で江ノ島を見ながら10WアンプとCAmiDionでアドリブ演奏してきました。前日のうちにきちんと装備を充実させて完成させたことで、このスタイルでの演奏がさっそく実現できたのです(テストも兼ねていたわけですが)。
今までのポーチに入れた5V駆動のアンプよりも大きな音が出て、スピーカーを自分に向けるとちょっとうるさいくらいでした。これでギターアンプにより近づきました。

日が傾いて曇ってきて、じっとしているともう寒いので、最後は体が冷えないようひたすら歩き、結局鎌倉駅まで歩いてしまいましたw

心配されていた発熱ですが、ヒートシンクをさわっても思っていたほど熱くなっていなくて一安心。もっとも今回は電池駆動で10V程度の電圧になっていると思われます。ACアダプタにすると16V~17V程度になるので、もっと発熱するかも知れませんが、今回はコンセントのない屋外での実験だったのでそこまでは検証できませんでした。今後イベントなどで使う機会があれば、そのときにでも確認しておきたいところですね。

昇圧電源でツェナー電圧チェッカーを作ってみた

以前、hwoffに参加したときにair variable さんの実験用安定化電源を見て、これは面白そう!と思っていたわけですが、

ふと思った。
手持ちにツェナーダイオードっぽいけど、ツェナー電圧がわからない、そもそもこれツェナーダイオードだったっけ?という風にわからないままのものが眠っている。これのツェナー電圧測定に、そのような安定化電源を応用できないものか?

ちょうど春休み中だった3月31日、上野公園に花見に行ったついでにアキバまで歩き、秋月電子に寄って昇圧型スイッチング電源モジュールキットを買ってきました。

店内には色々な昇圧型スイッチング電源モジュールがありましたが、5v以下の電圧から広範囲に電圧を変えられそうなものを選びました。

手持ちに以前aitendoで買った小型デジタル電圧計(極小電圧表示器)があったので、これと組み合わせてみました。さらに手持ちのスイッチでIN、OUT、ZENERの3つを切り替えることができるようにしました(ZENERモードはパワー不足でうまく働かないことが多いですが)。

昇圧電源を使ったツェナー電圧チェッカー

昇圧電源を使ったツェナー電圧チェッカー

ツェナー電圧の測定は、Wikipedia:ツェナーダイオードにある最も簡単な回路で、ツェナーダイオードにかかる電圧が何Vで頭打ちになるかを調べるのが簡単です。

最大で30v近くに上がる可能性を考えて、1kΩ 1W 程度の抵抗を手持ちから発掘して使用しました。1kΩの抵抗に30vの電圧がかかると30v*30mA=900mWに相当する熱が発生する計算になるので、1/4Wや1/2Wの抵抗では熱に耐えられない恐れがあります。

実際に測ってみるとこんな感じ。他回転ポテンショのネジを回して出力電圧を上げていき、テスターで測っているツェナー電圧が頭打ちになったら、そこがツェナー電圧であるようなツェナーダイオードだ、とわかります。ずっと上がり続ける場合、ツェナー電圧がそれ以上に高いか、またはツェナーダイオードではない普通の小信号用スイッチングダイオードだと考えられます。

ツェナー電圧の測定

ツェナー電圧の測定。12vかけても7.5v程度で頭打ちになっていることから、それがツェナー電圧だとわかる。

このように最近は昇圧電源基板も小型化が進んできているので作りやすくなっています。一つあれば、ツェナーダイオードかどうかわからなくなったまま部品箱に眠っているダイオードがツェナーダイオードであることが新たにわかったりして便利です。

もちろん、端子がついているので普通に実験用の昇圧電源として使うこともできます。しかもデジタル電圧計つきなのですぐに電圧がわかって便利です。

花見でミク見:CAmiDionでボカロ曲を弾きまくってきた

今年1月3日にyukkyさんに連れてってもらったみっくみくなパン屋さんの、「コトリ店長」に会って相互フォローしていたら、お花見を開催するという話が飛び込んできました。ちょうど僕が0x30歳の誕生日を迎えた先月28日の翌日である29日、JR王子駅前にある飛鳥山公園で開催の予定でした
桜の下でCAmiDionを鳴らして遊べる! と期待をしていたわけですが、

雨の予報が出たため中止して急遽別の会場を探すとのお知らせが。結局、池袋のGallary K というところで開催されることに。

参加してみたら、どうやら雨が降ったのは室内でイベントをやっている最中だけだったようでした。まぁ、ちょっと寒そうだったし、室内に切り替えて正解だったかな…という感じでした。

池袋に着くのがちょっと早かったので、ついでにTokyo Future Musicへ。ここも同じ1月3日に訪れていたのですが、今度はちゃんとクヌースPに声をかけてCAmiDion見せたりしながら近況など色々話をしてきました。超会議で会ったときにもすでにCAmiDionを見せていましたが、プリント基板化されたものは初です。
話が弾むうちにすでにイベント会場が開く14:00を過ぎていたので早めにTFMを出て、池袋駅とは正反対の方向にある Gallary K を目指す。途中「自宅警備隊」を目撃したので、なんだろうと思ったら、街中でコスプレイベントが開催されていました。

会場に着いたら14:30近くになっていましたが、そこそこ人が集まっていて演奏というかセッションが始まっていて、祭壇には初音ミクグッズが色々飾られていました。僕もソーラー式VUメータネギ振りはちゅねミクと、初音町2-39の電柱をバックにしたねんどろいどミクの写真を飾りました。さすがに悪天候しかも室内だったためか、ソーラーはちゅねはネギを振ってくれませんでした…。

パン屋を訪れたときの記事に貼ってある動画に出ていた「縞パン」も会場に用意されていて、ついに縞パンをmgmgと食べることができました!すばらしいww
他にもカレーパンその他のパンやお菓子があったり、おやつがてら酒類で立食パーティーといった感じ。で、気ままにボカロ曲をセッションしたり。
自作電子楽器は僕のCAmiDionのほかに離陸(テイクオフ)Pによるミク声ウクレレがありました。

今回は久々にCAmiDion1号機も持ち込んで、こっちでもはちゅねミクにネギを振らせました。

夕方には「桜ノ雨」を合唱しながらCAmiDionでコード弾いたり、ポリッドスクリーンに映し出される初音ミクの千本桜などのダンスに合わせてCAmiDionでコード弾いたりできてなかなか楽しかったです。

終宴後も祭壇はなかなか片付かずおまいらの嫁だろ、連れて帰ってやれよwww)、外でみんなでおしゃべりしてうだうだしながら、かれこれ1時間はいたでしょうか…。
で、荷物運びの車が来たりしたわけですが、なんとナンバーが39-39の車が2台wwwwwwみんなすげーwwwww気合い入ったミク廃が多いことを改めて思い知りました。さすがみっくみくなコトリ店長のパン屋によく行く人たちだけありますねーww

桜の下でできなかったのがちょっと残念ですが、参加者のみなさんと話したり演奏したりしながら楽しめました! 来年こういう機会があったらリアルな桜の下でバーチャルなミクが踊るところを見てみたいですね!

お正月のあのときにyukkyさんについてってよかった…w

ちなみに、今週はずっと春休み(派遣先が切り替わるタイミングで年休取った+次の派遣先が月曜から受け入れ開始)ということもあって、この翌日3/30には根岸森林公園でCAmiDion弾きながらぼっちで花見→エジソンプラザでダイオードの不足分を購入、さらに3/31には上野公園でぼっちで花見→秋葉原で欲しかったキット(可変昇圧電源と10Wアンプ)を買う、4/1にはそれを組み立てる、4/2には秋葉原でアンプに足りないもの(スピーカー、ボリューム、ヒートシンクなど)を買う(途中でなむれす君に遭遇!)→大手門を歩く、4/3にはスピーカーボックスの木工開始…と、休みじゃないとなかなかできないことをやりまくっておりますw

あとになって、やっと花見ができたよ!…ぼっちだけどw

そのうち、これらのキットの製作状況をまたブログ記事にしようと思います。