Maker Faire Tokyo 2015 に行ってきた

今日(8/1)、うちの娘(16)と一緒にMaker Faire Tokyo 2015に行ってきました。

前回の2014初日は楽器フェアとはしごできるということで娘を連れて行ったのですが、今回は楽器フェアがなくても面白そうってことで娘もついてくることに。

今回は出展なし。基板を売るために COMMERCIAL MAKER にすると出展料が高いし、ならば一週間前のNT東京2015だけで出展はもういいやーってことで。

とはいえ、僕はいつものようにCAmiDionをぶら下げて歩いてましたw

今回はF(クラフト/アート/デザイン)、C(MUSIC)の島を主なターゲットとし、他のエリアは時間があったらとか通り道だったらという感じで見てきました。

乙女電芸部のブースでLEDを埋め込むアクセサリーを作れるということで、娘も製作に挑戦。完成したものの、バッジの安全ピンについている両面テープがはがれ、いつの間にか落として紛失という残念な結果に…。あれはもっとしっかり固定できるものじゃないとだめですね。凸凹面だったからなのかも知れませんが、固定の仕方を完全に失敗してると思いました。今度はスズめっき線を通して固定するとか、もっとしっかり固定できるような工夫がほしいところです。
とはいえ、こういうアクセサリーにLED埋め込んだらきれいだね!っていうこの方向性、娘も気に入っていたようです(やはり女の子ですからねぇ…)。

3Dプリンターうらやましいなー…という娘の声も何度かw twitterでもこのとおり:

CAmiDionに注目する展示者もちらほらw
中にはMIDI接続してコラボできてしまったブースも。CAmiDionをMIDI OUTから違う音源につないで、いつもと違う音色で演奏するのって楽しい!

まずは、R-MONO Lab の本物のリコーダーを使ったMIDI音源

これにCAmiDionをつないでコードボタン C を押してリコーダーから♪ドミソ~とか、Fでドファラ~、Gでシレソ~とか和音を鳴らしたり。
ただ、この音源は黒鍵の音階に対応していなかったようで、B♭以左のコードボタンでは一部の音階しか鳴りませんでした。そのためか、デモ曲もハ長調の曲ばかりだったようです。
それと足踏み式で圧縮空気を作るというエコ仕様というのも面白かったです。気分はもう「足踏み式アコーディオン」って感じですw

もう一つは、以前楽器フェアでも見た覚えがある、CANADEON(カナデオン)というMIDIオルゴール。

こちらでもMIDIキーボードを使ったデモが行われていたので、代わりにCAmiDionを
接続させてもらいました。ちゃんとコードも鳴るし、オクターブスライダーにも反応するし…
CAmiDion+CANADEON、という似た名前の楽器同士のコラボが実現!ww
コラボしてくれたお礼にということでオリジナル曲のオルゴールまでいただきました(ありがとうございます!)

色々夢中で見ていたら19:00の終了まで時間が押し迫る…まだ見てないブースをささささっと回りました。一週間前に新宿のクラブで見たばかりのペッパー君がまたいて、今度はDJじゃなくて太鼓をどんどん叩くなど、夏祭りやってました。

昼飯もなかなか食えず、15:00頃にTFTまで行ってやっとすき家の牛丼にありつけたという感じ。

こんな遅い昼飯じゃもう最後までいてもいいよね、というわけですが、それでも時間ぎりぎり。

そんな中、あのLチカコンピュータも見れました。前回のMFTでも見ましたが、今回はLEDをふんだんに使うことにより、以前よりも「見える化」が進んでいました。どちらにしてもあの大きさはすごいですww LEDだけでは構成できないのでトランジスタも併用されていましたが、もしその部分もリレーに置き換えたら、より究極の姿が…(ひそかに期待w)

他にも色々ありましたが、なんだか見逃してるところもありそうな気がしますw

親子で「JKお散歩」状態になってましたが、二人して疲れた…
けど、楽しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です