10Wアンプに電圧電流計を内蔵してみた

以前作った、秋月10Wモノラルアンプ内蔵のスピーカーボックスに電圧電流計を内蔵してみました。

10月25日(日曜)に流通センター(平和島とか大森に近い海沿い)で開催されていたM3に行ってきたので、そのついでに久々にアキバへ。アキバを訪れるのは7月末以来3ヶ月ぶりだったので、8月に新装オープン後の秋月電子に初めて寄ったのですが、店内がだいぶすっきりと一直線になり、混雑の中でも移動しやすくなっていました。

近くにはこんな懐かしいものまで。
三月兎の店舗の一つ(猫鍋が延々と流れていた店)が鈴商の向かいあたりにあったのですが、最近閉店し、さらにその後、隣のLivinaヤマギワなどがあったビルが解体されたことで、四半世紀…いやそれ以上前からあった亜土電子の看板が!
確かに、80年代後半、ちょうど大学生くらいの頃、ここに亜土電子がありました。
Z80マイコンCPW-1の基板とか、ここでよく買ってました。
これはちょっと外すのがもったいないくらい懐かしい!
アキバ遺産として残してほしいくらい。

すっきりとした秋月で、つい衝動買いしちゃったのがこれ。
LEDデジタルパネルメータ 電圧・電流同時表示 DE-2645-02
今月発売されたばかりらしく、これが店先にたくさん並んでいました。
「電気的の知識」などという微妙な日本語が書いてあるところが「MADE IN 台湾」を感じさせますww

火曜日に早く帰れたので、ハンドドリル、ナイフ、ニッパー、やすりを駆使してこのようにくりぬき。

で、つなげてみると、電圧電流計のLEDダイナミック点灯によるものと思われる、ビーーーー っていうノイズが。

何が起きてるんだろう?と思って、翌日以降、よくよく考えてみたら、

電源からのGNDを、前面パネルのオーディオジャック近くのGNDラインに直結し、そこから1本にまとめて10Wアンプ基板のGNDに配線していたことが原因っぽい。試しに電源からのGNDを10Wアンプに近いGNDに直結するよう切り替えてみたら、劇的に改善。

そこで今日、つまり土曜日のハロウィンの日に電源回りを中心に配線の全面見直し。

まぁ、ボリューム最大にすると、ノイズはまだ聞こえますが、なんとか気にならないレベルにまで軽減することができました。

これでまた、この前みたいに太陽電池だけで動かしたら、電流や電圧が見えてもっと面白いかも。ますます日が短い時期になるけど、暖かいうちにまた実験しようかな…?w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です