ゲルマラジオでニッポン放送を受信してみた

今日、部屋の整理をしていたら、ゲルマラジオが出てきました。

▼ これです
http://www.yk.rim.or.jp/~kamide/network/radio-desc.jpg
http://www.yk.rim.or.jp/~kamide/network/

僕の電子工作の原点

僕が小6の頃、学研の科学のふろくについていた「ラジオセット」。
1978年4月頃だったと思います。
「えっ、これだけでラジオになるの!?!? すげええええええええ!!!」
って感動し、これがきっかけで中学生の頃から電子工作にはまり、親父に秋葉原に連れて行ってもらいました。僕の電子工作の歴史はここから始まったわけです。
同じくらいの頃、秋葉原よりも自宅に近い横浜エジソンプラザができたことで、部品の入手性によって両者を使い分けるという電子工作ライフが始まったわけです。

このゲルマラジオの方式

今日出てきたゲルマラジオは、ダストコア(圧粉鉄心)に厚紙を巻いてエナメル線を巻き、ダストコアを出し入れすることでインダクタンスを調整して選局する方式のものです。μ(ミュー)同調型と呼ばれる方式で、学研のふろくもこの方式でした。これならポリバリコンが不要になり、追加部品が120pFのコンデンサ、ゲルマニウムダイオード、クリスタルイヤホンだけという、極めてシンプルな構成でラジオが作れます。

その代わり、数m程度のアンテナ線を外に張り、アース線もきちんと確保しなければなりません。アンテナ線についてはシャンテック電子のこちらのページに詳しく書かれていますが、我が家でやってみたらACケーブルに線を巻き付けたりカーテンレールを使う方法では受信できず、ベランダに数mの電線を張る方法でやっと受信できました。
アース端子はコンセントの近くに出ているアース端子を活用しました。

やってみたら、ニッポン放送が受信できました!

我が家の近辺でニッポン放送がよく入る理由

横浜港南台周辺の我が家からは、なぜかニッポン放送(1242kHz・コールサインJOLF)だけがとてもよく入ります。かつてあった洋光台の実家にいた頃も同様です。というわけで親が聞いていたのはだいたいニッポン放送でした。
これに対し文化放送とかTBSは入りが悪いためかあまり聴くことはありませんでした。

なぜなのだろう?と長年思っていて、今日になってやっと気づいたのですが、
Wikipedia「在京AMラジオ局送信所」のページを見ると、文化放送やTBSは送信所が埼玉県なのに対し、ニッポン放送は千葉県木更津市にある小櫃川下流の開けたところ(JR久留里線・東清川駅の北側)にあるのですね。
この送信所は1971年6月から使われているようですが、これ、僕が立川から洋光台(かつての実家)に引っ越してくる直前くらいの頃です(当時まだ4歳w)。

ニッポン放送の送信所から小櫃川を木更津まで下り、その延長線上をたどっていくと、東京湾の対岸、JR京浜東北・根岸線の新杉田駅付近にたどり着き、さらにたどっていくと洋光台や港南台があります。

そうか!だからこの近辺でニッポン放送がよく入るのか!
40年来の疑問が解決して、すごい納得した!!
ネットの力ってすげー!

これに対し文化放送やTBSは、送信所から直線距離が少し遠いうえに陸上を伝播してくることもあって、海上を伝播するニッポン放送に比べて受信しづらいです。

というわけで、横浜南部でゲルマラジオでの受信を試すなら1242kHzに合わせてニッポン放送を受信してみるのが手っ取り早いです。

PCに接続して作業用BGMとしても

ところで、中学生の頃はクリスタルイヤホンで主に寝る前に寝床で聞いていることが多かったのですが、あの頃と違って今は普通にPCがあり、LINE IN を備えたアンプも普通に手元にあり、PCを使っているときはいつでも稼働中なわけです。さらにはニコ生セッション♪のために買ったオーディオインターフェースCI1も使っていたりします。

そこで、試しにこのCI1のCAmiDionをつないでいたところを、ゲルマラジオのクリスタルイヤホン端子と接続し、CI1のほうはHI-Zに設定してみました。すると…

おぉ!ゲルマラジオで受信したニッポン放送が
PCのスピーカーで聞けるではないですか!!
これはいいねww

このスタイルで作業用BGMとしてゲルマラジオを活用できそうです。
かつて母親が刺繍のときの作業用BGMとしてニッポン放送をよく聞いていたのと同じように。

まさに温故知新な出来事でありました。

…翌々夜、イヤホンの線が切れたのでいったん外す。
このほうが邪魔にならなくていいねw

オープンハードカンファレンス2016 Tokyo/Winter に出展してきた

3日前まで、このイベントの存在すら気づいてなかった!!

今年1月のSYSTEM Y展覧会をきっかけに米本さんとFacebookでつながるようになって以来、電子工作系のFacebook友達が増えたのですが、そのうちの一人「熊吉らぼ」の人が「オープンハードカンファレンス 2016 Tokyo/Winter」なるイベントに参加するというお知らせを書いていたのを、2月9日の未明に発見。

えっ、まじか!今度の祝日(2/11)じゃん!

先日hwoffに参加してきたばかりですが、こんなイベントが予定されていたなんて知らなかった!! あと3夜で開催日が来ちゃうじゃないですか!!
それなのに、出展受付フォームがまだあった。
うーんどうしよう。

面倒だし普通にCAmiDion持って行こうか…と思いつつ、とりあえず寝る。

2日前、出展申込に踏み切る

翌夜。
開催日2日前になってもまだ出店フォームがありました!
Make:のイベントでは締め切りを過ぎると出展フォーム自体が削除されたりしますが、こっちはそうじゃなかった。しかも、販売全面解禁!とか、まだまだ出展募集中!とか…
展示できるものならすでにあるし、CAmiDion基板もまだ在庫あるし、今日出展申込すれば前日に返信メール受け取れそうだし…今でしょ!! もう今しかない!!

ということで出展申込に踏み切る。

前日、返事が来た

翌2月10日。メールで場所などの出展案内が来ていた。
どうやら間に合ったらしい!
さっそく展示するものを準備。一連のMeke関連イベントと同じような体制でボストンバッグに詰め込む。だが、全部持っていくのはやっぱり大変なので、ちょっと絞り込むことも考える。

充電も終わらないしさっさと寝よう。

…僕が寝てる間にも、このイベントに初めて気づいた人が…!
BUKATSUDOで活動していたぼやさんでした。

そして当日、展示へ

出展準備が9:00~10:00ということでその間に着くぐらいのタイミングで現地へ。

東海道線のスピードを最大限に活用して早めに着けるよう、東京駅で乗り換えることに。
東京駅日本橋口 → 呉服橋 → 常盤橋 → 三越前駅の半蔵門線ホームまで歩く。荷物が重かったけど、歩いてもそんなにかからなかったです。

清澄白河駅で降りて、左側の公園沿いの道を進むと…中村学園発見。
英語には Girls が入っている… そうです。ここは女子校だったのです。

新館LADYは公園から路地一本向こう側。
なんか道路工事やってて通りにくくなっていましたが、こんな光景も…

到着。と思ったら、来ている出展者、まだ少ない…と思いつつのんびりと設営。
10:00開始の挨拶が始まっても、わずか3団体くらい?しかいないということで、Make:などからは想像もつかないほどのんびりしてました。

僕のブースはこんな感じ。

先日のhwoffのときにもらったNT京都のフライヤーも置いたのですが「京都から?」とかいわれて「違います横浜からです!w」って答えることがあったりww

午後になると、僕の隣にぼやさんがやってきて、そのまま飛び入りで展示。

ミク声で歌うネギ型キーボードでメルトや千本桜などの演奏が始まると、それに合わせてついついCAmiDionでコード演奏したくなり、そのままセッションが始まって、聞き入る人が出てきて拍手…8888888!みたいな光景が幾度となくw

子供の発表も2件。

お母さんに模造紙を持ってもらいながら、さるすべりの実の研究発表していた小2の女の子と、Maker Faire Tokyo 2015 に出展した話をパワポで発表しためがねの男の子(小5)がいました。

足湯もあったみたいですが、一人で展示していたし、さすがに行ってる余裕はなかった…。

▼ carcon999さんのまとめ動画が上がっていました。CAmiDionもちらっとw

懇親会

イベント終了後、同じ場所で懇親会が開かれました。
オープンソースな無限ピザということですが、この装置がまたすごい。
白いレンガで囲んで作った釜に電熱線が通してあって、それをリレーとか何やらオープンソースハードウェアらしき基板のマイコン?で制御するという。

材料が並んでいて、自分達で具を乗せ、釜に入れるのを待つという。

ただ、あまり長く待つと網にくっついて、焼けた後ではがしにくくなることも。
やはりこのあたりは適度な流量制御がカギですかねー(こればかりはオープンソースハードウェアじゃなくても人間が判断できるんじゃねっていう話もw)

ビールとワインのいいおつまみになりました。それなりに量もあったし、お菓子もあったり、デザートのフルーツヨーグルトもあったり。

僕の10Wアンプは電池でも動くので、肩から掛けて、ストラップつきCAmiDionをぶら下げて、酒が入った状態で、さりげなく曲を弾いてみたりw

楽しかった!

ぎりぎりで知ったイベントでしたが、楽しかったです!
基板の頒布もできたし展示できてよかった!

いやぁ~、それにしても、もし先月のSYSTEM Y展に行ってなかったら見逃していてもおかしくなかったかも! やはり機会あるごとにこういうイベントには行っておくべきだなーと改めて感じました。

hwoffとネオコイワセッションをはしごしてきた2016

に続き、昨日はハードウェアオフ会(hwoff)ネオコイワセッションという3ヶ月連続のはしご。

そういえば去年もhwoffとネオコイワセッションのはしごをしていました。気がついたらものづくり系新年会としてのhwoffがいつの間にか2月にずれ込んでいましたが、それにもかかわらずまた両方が同じ日ということで、3年連続はしご。

50km前後も離れた我が家からせっかく都心へ行くならってことで、ついはしごしたくなるわけですw

hwoff in 秋葉原HUB

前回までは中目黒でしたが、今回は秋葉原富士ソフトビルにあるHUBでの開催。このビルには半年前にCAmiDionを展示した会場である DMM.Make AKIBA のフロアがあり、その真下です。始まりが12:30ということで、いつも秋葉原に行く時間よりも早いぞ!ならば東海道線(上野東京ライン)で急げ!とばかりに遭遇したのが古河行きで思わず粉雪みたいに叫びたくなるw

ネオコイワセッションの前にはだいたい秋葉原に寄っていたわけですが、今回はずーっとHUBでビールなどを飲みながらおしゃべり。
床にはキャタピラな作品が走ってるし、一角には小さな展示がいろいろあったり、まぁいつもどおりのhwoffでしたねw 細長い会場に40人以上参加した一次会、2時間しかなくて短く感じたのですが、その後は同じHUBの向かい側の店舗…というかその前にある丸いテーブル。
ビル内でありながら広い通路の端の開放的な場所ですが、暖房が効いていないエリアということで上着を着てちょうどいいくらいでした。それでも僕は19:00までずーっとここで飲んでいたというw 1ヶ月前のときもそうでしたがじっくり話せる貴重な機会とあってちょっと深い話もできたり。

途中でおおかみさんがやってきてNT京都2016のフライヤーを配っていました。

▲ 今回は一つも売れず…

▲ 昼間っからピッチャー…いや、メスシリンダー! ビールクズなネタだけに反応もw

ネオコイワセッション

このあとネオコイワへ。
バレンタインデーの一週間前ということでチョコ交換会らしいので、ルミエール商店街で見つけたMeltyKissを見て、思わず脳内にこれが流れたのでGet!
【ニコニコ動画】ガッキーとMeltyなkissをしたらテンションが上がった【Remix】

さっきhwoffのときにもらったばかりのNT京都2016のフライヤーも壁にぺたり。

一応ミュージックバーですし、けどビールはさっきさんざん飲んだから、
まずは角の水割り。
今回はチョコだけでなく、おつまみに寿司があったり、色々食えてよかったです。
けどあとでちょっとのどがかわいたり。糖分のとりすぎ?w

▼ チョコ勢ぞろい

今回はこういう定番も:
ぽっぴっぽーのメロディを I want you back っぽいコード進行でジャズっぽく演奏

▼ これのメロディを弾いたり歌ったりしながら

▼ これのコード進行…というかベースライン | 6 3 | 4 1 | 2 5 | 1 | を弾いたり、

そして最後はなぜかスーパーマリオww → [この日のネオコイワセッションレポート]

というわけで、CAmiDionと一緒に、アキバとネオコイワだけで、終日飲んだくれの一日でしたw