M3 → Pokémon GO → 渋谷ハロウィン

今日はM3に行ってきました。

前日にこのようなツイートを見つけて、

ちょうど横浜から京急に乗ってM3へ行くので、実際に見てみた。

たしかにあった。

ここからM3へのルートは大きく分けて2つ。
平和島から歩くか、天空橋で東京モノレールに乗り換えるか。
先に来たほうに乗ろう。

と思ってたら羽田空港行きが先に来たので、天空橋経由にした。
無理やり英訳したらロックだったww

会場到着

腹減ったのでまずは飯…食堂あったような気がするけど、見つからないからローソンの立ち食いイートイン。
…あとで気づいたのだが、奥側の展示場がある2Fの並びに食堂あったんだねww

駅に近いほうの展示場を見ようとしたら1Fが混んでいたので2F→1Fをささっと回って、奥側の展示場へ。

奥側の展示場は大音量演奏スペースと、仕切りの向こうは小音量演奏OKの細長いスペース、さらにその奥はCDなどの即売スペース。一番奥はスペースが少し空いていた。もしかして出展サークルがちょっと減った?
大音量演奏スペースは、時間帯によって音出しOKになったらNGになったりするけど、みんなが同時に大音量だからじっくり聞けないなーって思ったり。
あと、外は寒かったのに、トレーナー着たままだと今度は暑い。
人が多い室内、暖まってましたね。こまめに服装を調節しないといけない。

すいてきたのを見計らって、駅に近いほうの展示場の1Fへ再度。
そこには、あの電磁マシマシの佐野ちゃんと「さつき が てんこもり」ブースが並んでいました(あれ、以前もそんな並びだった気が…)
佐野電磁ブースでは電磁マシマシのCDが半額で売られていました。sanodg gradation のジャケット、電磁マシマシが始まる前に出てくるあれだ!懐かしい!と思わずゲットw

なんか演奏スペース行ってもCAmiDionで合わせて弾きにくくて、プチセッション的なことがしにくかったし、大音量演奏スペースもいろいろな音が混ざってカオス状態。

…と思っていたら、蛍の光の演奏が始まった!
そうだ、もうすぐM3終了だ。
これだけは、みんな集まって同じ曲の演奏だったから、さっきまでのカオス状態から一転、みんなでノリノリになれる感じでした。
持っていたCAmiDion+10Wアンプで思わず便乗w アドリブしながらノリノリ。手拍子の代わりにCAmiDion。みんなが一体になれる、そんな感じがたまりませんでした。
Make:Tokyo Meeting の最後にもあった、楽器作った組がみんなあちこちで蛍の光を演奏するという、あの光景がよみがえったかのようでした。(ニコニコ超会議でも同じような光景があったりしますが…)

やっぱ音系イベントというからには、こういうのがないとね!!

さて、このあとは、Pokémon GO でもやりながら、乗り継いでハロウィンの渋谷へ向かってみよう。当初は流通センターからモノレールで天王洲アイルまで行って、そこから大崎駅まで歩こうかと思っていたのですが、

モノレールがあまりに混雑しているので、歩いて平和島へ向かうことに。

ボートレース場って…
あ!ちょっと、ここ隣の大森に近くないか
と思いつつ、大森っぽい方向へ歩いていると

やはり…隣の大森海岸まで来てしまっていた。

とりあえずここから京急に乗って新馬場駅へ。仮に天王洲アイルから歩いたとしても、途中できっとここ新馬場を通っていたであろう。

ポケストップ、そこそこあるみたいねここ。
そんなに大きくない公園に4つもあるとか、鮫洲運動公園を思い出させる。
品川に近いところはポケストップに恵まれている。

大崎駅に着いたら、

コラッタがいた!
ポッポについで、Pokémon GOでよく見かけるやつだ!

湘南新宿ラインが来たのでそのまま渋谷へ。

渋谷駅に着いたら、駅のホームにさっそくドラキュラがいたしww

そして着いた!
渋谷スクランブル交差点。
もう人がいっぱいだったけど、まだホコ天になってなかった。

…と思ったら、
おぉぉ、リアルポケストップが!!

ちなみに、このポケストップは回すこともできましたwwww
さすがに、アイテムは出なかったけどねwwwww
リアルポケストップがいても、リアルポケモンはピカチュウしかいなかったです。
ゴースとかゴーストがいれば面白かったのになww

ジムももちろん激戦区。
ポケストップ密度高い。

上から見るとこんな感じ

半年ほど前、代々木公園の帰りに訪れたときは、スクランブル交差点の向こうで必ずといっていいほど誰かしらストリートライブやっていましたが、さすがにこの人混みじゃ難しいというわけで、CAmiDionでの便乗伴奏はできずに終わりました。

いやぁすごかった。
外国人が渋谷スクランブル交差点を観光名所として認識する理由がよくわかったww

Pokémon GO @山下公園

前回の江ノ島でレアなポケモンが多くゲットできましたが、

昨日から今日にかけて、
今度は石川町から山下公園付近を歩いてPokémon GOをプレイ。
ポケストップ密集地でやってみよう。

1日目:石川町駅から

元町で横浜音祭りの生演奏に遭遇。

途中のファミマでおやつ。今月いっぱいで閉店ということで、商品棚が通常よりかなり少なめ。
中華街をかすめて山下公園へ。

トレーナーレベルが上がると持ち物ボーナスがもらえるけど、この直後ってだいたい、ポケストップ回しても「持ち物がいっぱいです」って出ることが多い。

この時期は日暮れが早く、17:00には暗くなってきてうすら寒くなってくるけど、夜景のきれいな場所も目立ってくる。で、そこがポケモンジムになっていたりする。

この噴水のまわり、なぜかケーシィがよく出てくる。ユンゲラーに進化させるにはよさげな場所。

帰りはポケストップ密集地、中華街を通りました。
人もポケストップも多い。

で、この前大船で緊急調達したモバイルバッテリーですが、
この日、家に着いたら空になっていました。でも、スマホ本体は80%以上。
それまでの1900mAh eneloopと違って、やはり5200mAhは心強い。

2日目:関内駅から

横浜公園で、横浜技能まつりやってました。
ちょうどポケモンが貼ってあったところにポッポが出現。

豚カルビ食いながらビールクズ

ビールがまだ残ってるので、続いておつまみはキムチ。

ここでPokémon GO開いたら、ポッポが出てきた!
ポッポ! そんなとこにいたら、おつまみとして食っちまうぞww

Pokémon GOの地図でも横浜スタジアムは丸かった

こんなところに大砲が。こういう変わったものはポケストップになりやすい。

前日よりも早めの時間だったので、ちょっとゆっくりできたかな。
ルアーモジュール花盛りのポケストップも多く、ポケモン大漁でしたw
レア目のポケモンは、そこそこ捕まえられたかな。
ただ、江ノ島ほどではなかった…。ポケストップ密度は高めなんだけどね。

見方チームの占拠してるポケモンジムが空いてないとバトルというかマッチして入り込んでみようとするわけですが、ジムレベルの(名声の?)端数によっては1上がったり上がらなかったり。ジムレベル高いとげんきのかけらを消費するし。

ときには、自分のポケモンが配置しているジムでマッチして、自分のポケモン同士の戦いになることもあったりww
ただ、これをやるとジムレベル(名声)が上がるんです。
敵チームのバトルを食らうと名声が下がりますがw

やはり、秋は日暮れが早いので、山よりも街中のPokémon GOが安心です。
途中で暗くなっても、山道と違って、街灯があるし、ポケストップも多いし。

Pokémon GOで大船から江ノ島まで行ってみた

今日は大船駅を出発点として、Pokémon GOやりながら江ノ島を目指して歩きました。僕がジムでしか遭遇したことのない、ラプラスが出るらしいと聞いたので…

[Twitter自分宛返信の連鎖はこちら]

昨日のPokémon GOで円海山からベイサイドマリーナまで歩いた影響でアイテムが目減りしていたので、まずは比較的ポケストップが多めの大船駅前でアイテムをゲット。
なにやら懐かしいロゴが…
ALiC日進!
まだあったんだ!と思ったら、とっくの昔に閉店してました。

こんな店内BGMの懐かCMもあったねぇ…

CMの最後に出てくるALiC日進の店舗、よーく見ると、横浜駅近くのVIVRE横、現在ドン・キホーテがある場所だということに気づきましたか?
昔はそこがALiC日進だったんです。電子パーツも売ってましたよね…

新しい未来の音という意味のこもった初音ミクも、これだけ長くポスターが貼られていると、経年変化で色あせてくるのですね… ニコニコで流行り出して、もう9年経つわけですからね…

ここから江ノ島へ向かって歩く。最初のうちはポケストップがところどころにあった。

「한일우정」っていうハングルも書いてありますね。
漢字に直すと「韓日友情」。

フラワーセンターへの橋の先あたりにある三菱電機沿いの脇道に入ると、急にポケストップがなくなってきます。

湘南町屋駅に出ると、またポケストップがぽつぽつと現れ、次の湘南深沢駅ではちょっとポケストップが多めで、ポケモンジムもあったりします。バトルしてすぐ占拠できたけどまたすぐに取られました…ここも激戦区ですねw

と思ったら、ここでスマホの電池がやばい。
この先もポケストップ少なそうだし、ここで歩くのを中断し、湘南モノレールで江の島へ。モノレールの中でいつもの自作モバイルバッテリー(1900mAhのeneloop x 4本入)を装着。

案の定、ポケストップまばら。住宅街だからかな…
各駅にポケストップがある、そんな程度。

やがて終点に到着。

Pokémon GOの画面を開くと、左に相模湾、右に片瀬川。

途中のちょっと寂れたラーメン屋でとんこつラーメンを食べました。

リアルな光景。やや右寄りの前に太陽があって、逆光に。これは仕方ないな…

江ノ島に着いた!
人も多いし、バイクはうるさいし、

誰かしらポケストップにルアーモジュール仕掛けるものだから、ポケモンはいっぱい出るわ出るわ…普段なかなかゲットできないポケモンも数多く出現していました。
昨日のベイサイドマリーナで何匹も遭遇した、あのコイルやビリリダマも、江ノ島にちょくちょく出現していました。他には、ロコン、ポニータ、ワンリキー、さらにはピカチュウまでも!

周りの人混みの中にも、Pokémon GOをプレイしている人を数多く見かけました。
若いカップルや、親子で来ている子供までも、スマホでPokémon GOの画面を開いている…!

階段を上って奥に進むと、いい景色が続々。

途中で疲れたので缶チューハイを飲みながら歩いて、さらに西の端まで行ったら、
夕日がきれい!!秋の夕暮れはすぐ来ますからね…

と思ったのもつかの間、気が付いたらバッテリーが…
自作モバイルバッテリーでも充電が続かなくなり始めた。まじやばい…!
もう折り返そう。

それでもポケモンを見つけてはゲットし、バトルもしてみたけど取れず、使わないときは下を向けてバッテリーセーバーを働かせて、なんとか節約モードで戻っていく。

バッテリー上がりも時間の問題…と思ってよく考えたら、無線機(C601)もつけっぱなしのまま持っていた。予備の電池も合わせれば、これに交換して乗り切れるかも!
さっそく交換してみた。

ひとまずこれで、一応、充電が始まるようになった。

ところが、ポケモンがいっぱい出過ぎて、モンスターボールが底をつくまでに!!
途中でピカチュウ1匹捕まえたけど、2匹目でこんな状態に…

もうだめぽ…
ポケストップでアイテム集めたら、もう島を脱出するしかない。
と思ったら、またもやいい景色が!
西側には夕焼けと富士山

東側からは月が!

ここでもうバッテリーが5%を割り込んで、スマホのバッテリーマークが赤い×に…
それでもこの先にポケモンジムがあるので、なんとかバトルして占拠…と思ったら激戦区過ぎて取られた。しかもバッテリーが低下しすぎてスマホの動作が遅いし、これじゃ勝てない。ここでバッテリーが1%になってしまったので、あきらめて湘南モノレールの駅へ。
だが、もう電源が入らなくなった…
もうモノレールの中で寝る…

ふと思った。
大船まで行けば、ヤマダ電機があるから、ここでモバイルバッテリー買ってしまおう!
1900mAhのeneloopを使う自作のよりも、もっと大容量のものが、きっとあるに違いない!

げんきのかけらはショップでは買えないけど、モバイルバッテリーならリアルに買えるし、これで「ひんしのスマホ」を復活させることができる!

ポケモンがひんしなら、代わりのポケモンでバトルできるけど、
スマホがひんしじゃ、どうしようもないからね。

そして購入し、開封し、充電してしばらく待つ。

電源が入るようになった!

今日買ったのは5200mAhのモバイルバッテリー。
1900mAhのeneloopの2.5倍以上の容量。
これくらいあれば、ちょっとPokémon GOが長引いても、持ちこたえるかなってことで。

で、せっかく大船駅前にいるので、ポケストップを回って、アイテムを補給。
電車の中でも、届くポケストップは極力回す。
だいたい、モンスターボールさえも底をついていたわけですから!

江ノ島は、やっぱり最初から行ったほうがよかったかな…。
島内を回るだけでも、ポケストップやポケモンは多いし、
見どころ、食べどころ、飲みどころも多いし。

ただ、今回は遅めに行ったこともあって、夕焼けや月の出が見れたというのはありましたけどね。

最初からPokémon GO目当てで、直接江ノ島へ出向いても、
それなりに長い時間楽しめることがよくわかりました。

ちなみに、ラプラスはいませんでした…
島内のどこか特定の場所にいるのかな…

Pokémon GOやりながら円海山(秋編)今度はひたすら東へ行ってみた

ようやくトレーナーレベル25になったPokémon GO
円海山は何度も行っているわけですが、今回はちょっと違う方向へ足を伸ばしてみました。

まずはいつものここらへん

秋から冬にかけて、円海山港南台口付近では、
日が傾く際、このように相模湾が光る景色が見られます。

ここでPokémon GOの画面を開くと…緑がいっぱい

いかにも野生!って感じのポケモン写真、こんなにスクリーンショット取れました。

ちなみにこれ、オリエンテーリングの「コントロール」っていうらしい。
要するにこれ、リアルポケストップですw

10月も半ばになって急に冷える日が出てきたせいか、吐く息が一時白かったです。

春や夏と違って、秋は日没が早いから、このへんで山道から脱出することにした。

舗装道路が出てきても、まだまだここはポケストップ過疎地帯。

さらに東へ向かい、磯子区を抜けて金沢区に入ったら、さらにハイレベルなジムに遭遇。

ジムレベル10!!
これとてもじゃないけど、攻略できそうにない…
みんながけしからんといってジムレベル落とせーってバトルするのに期待するしかないレベルw

洋光台や港南台だけでなく能見台も、駅から遠めの住宅地は、
意外とまばらですね…ポケストップ。

やがて京急富岡駅にたどり着く。

駅前でもレベルの高いジムが。
味方チームが占拠しているジムであってもバトル参加できるポケモンが1匹から6匹に増えたためなのでしょうか…?

ここから、さらに東へ。この先には、ネット上でコイルの巣だという情報も多い、横浜ベイサイドマリーナがあるので、そこを目指して歩いてみます。

このあたりでジムバトル。レベル5くらいだったけど、バトル繰り返してなんとか占拠。
ジムボーナスもらえる時間まであと30分くらいだったので、そろそろかなってことで。

金沢シーサイドライン鳥浜駅にもジムあったので、そこでもバトル。
これで20ポケコイン…と思ったら、一匹脱落してた…うぐぐ
もうこんな時間だし、10ポケコインでいいからもらっとく(じゃないと次回もらえる時間が遅くなるから)

鳥浜駅を越えて、ベイサイドマリーナへ。
うわさ通り、コイル発見!
しかもコイルだけじゃなかった。ビリリダマの巣でもあった!
コイルが2匹同時に現れたり、ビリリダマが3匹同時に現れたり…
ベイサイドマリーナまじすげぇ!!

気が付くと、円海山からひたすら東へ向かって、海まで歩いてしまっていました。
横浜ベイサイドマリーナがここまでコイルやビリリダマといったレア目のポケモンの巣だったことに、感動的なゴールになった感。
コイルもビリリダマも進化できて、レアコイルもマルマインも図鑑に新しく登録できたし!

最初は新杉田まで歩こうかと思ったけど、さすがにもう20時近いし、これ以上歩く気力もなく、電力(モバイルバッテリー)も使い果たしそうだったので、おとなしく金沢シーサイドラインで帰ることに。

ネオコイワセッションどうしよかと思ったけど
今日はそこまで遠出する気もなく、近場でポケモン集めとなりました…

最後はもう、スマホのバッテリーゲージが1%になるまでポケモン集めて帰宅。
まじぎりぎりだった…
もうちょっと遅かったらスマホの電源が入らなくなるところでした。

CAmiDionを作った人がいたという「横浜電子工作連絡会」に顔を出してみた

先月、なんとなくCAmiDionで検索(ある意味エゴサーチ?w)してみたら、
このようなブログを発見。

2015/05/28 JJ1WKN Log – CAmiDionの製作

なんと、ユニバーサル基板上に頑張ってCAmiDionを作成したという人が。

しかも、工作会のリンク先を見ると、以前からなんとなーく気になっていた、横浜電子工作連絡会というグループの月例ミーティング(と称する宴会w)の場でした。
会場は、横浜の野毛。桜木町駅からみなとみらいの反対側の飲み屋街です。
ここなら都内へ出るより近いし、何より僕は横浜市に住んでもう45年経ったわけですしw

横浜電子工作連絡会のミーティングレポートを確認したところ、2015年5月6月のレポートでCAmiDionが登場していました。(つまり1年以上も、元の作者である僕が気づいてなかったというww)

この時期は、現在のバージョンのCAmiDion基板は出回っていましたが、実はコールサインJS1CPWはまだ切らしたままでした。同じ年のハムフェアの後くらいに、コールサインがJH1→JI1あたりで再割り当てが始まっていることを知り、そろそろ再開局しないと元のコールサインJS1CPWを取られちゃう!との危機感から、家に眠っていたC601(STANDARD 430/1200MHz 小型ハンディトランシーバ)で開局申請し、秋(=今から1年前)に見事、元のコールサインJS1CPWが僕への割り当てとして戻りました。

というわけで、今ならコールサインを堂々と名乗れますw

そんなわけで、アマチュア無線家が集まる横浜電子工作連絡会の10月1日のミーティングに顔を出してきました。横浜でCAmiDionを生み出した元の作者として、これは一度顔を出したほうがいいかなと思って、思い切って初参加してきました。

一応電子工作全般ですが、参加者層からアマチュア無線寄りの作品が持ち込まれることが多いようです。手作りのエアバリコンを装備したループアンテナもあったり。
やはりアマチュア無線関連の集まりとなると高齢化が進んでいるようで、50代にまだ達していなかったのは、なんと僕だけ。つまり僕が最年少ってことですね。
ちなみに、先月参加したモノサシストな楽器の集まりでは、明らかに僕が最年長でした。
自分から見た参加者の年齢層が、完全に逆転していますwww
今どきのニコニコやボカロなどを軸に集まるか、昔ながらのアマチュア無線を軸に集まるか、その違いだけで、ここまで年齢層がひっくり返ることがあるのですね。

ミーティングレポートがこちらに上がっています。
ブログにあったJJ1WKN版CAmiDionは今回は見れませんでしたが、頒布した基板を使ったJR1JWZ版CAmiDionを実際に見ることができました。

JR1JWZ版CAmiDionの電源は単3型x2を5Vに昇圧するタイプで、小型のアンプとスピーカーを追加してポータブルな楽器として使えるようになっていました。コアとなる部分だけをプリント基板として頒布したことで、電源やアンプ、スピーカーといった部分で、作る人それぞれの工夫が生まれています。そのうちの一つを実際に見れたのがよかったです。

今回はオール横浜コンテストの表彰式と重なったことで参加者が少なめでした。
今度顔を出せそうな機会があれば、また参加してみようかと思います。
もっと多くの人に会えるかも知れないし、発見のきっかけとなったブログのJJ1WKN版CAmiDion見れてないですし…