ボールたっぷり状態のまま江ノ島でPokémon GO

5/28(日曜)は江ノ島へ。
前日は藤沢市北部へ行ったのですが、こんどは南部。

以前もたびたび江ノ島へPokémon GOやりに行ってますが、ルアーモジュール花盛りだったり、レア目なポケモンがいっぱいいたりするのでボール切れになることが多く、せっかくレアポケモンを発見してもボールがない!っていう悔しい思いをさんざんさせられました。

でも、このタイミングなら、たっぷり蓄えたアイテムがまだまだあるので、ボール切れのリスクは低いだろう、ということで。

まずは大船へ。
再開発のため工事中で入れないoh!plazaの跡地。
そこにいきなりミニリュウが!
脇の道路からなんとかミニリュウをゲットできました。

そのあと日ノ出らーめんでガッツ麺なるものを食べました。
太麺でなかなか食べごたえがありました。
無料だったライスつきで、炭水化物多め感が…にんにく多めがちょうどいいくらい。
あとビールが190円と安かったのでビールクズになってきたりw

食い終わって、トレーニングマッチでジムレベルを上げてカビゴンをジムに配置。

モノレールの湘南江ノ島駅にギャラリーがありましたが、この日はお休み。
デザインフェスタ(デザフェス)に出展していたためでした。

大船に置いてきたカビゴンが早くも帰ってきてしまったので、回復させ、今度は小田急の片瀬江ノ島駅に近い昇龍のジムに配置。

以前ほどではないがルアーモジュール花盛り。

それでも、相変わらずレア目なポケモンに遭遇しやすい江ノ島。
観光名所にいることの多いコイルやビリリダマをはじめとして、ポニータ、ロコン(+その進化形のキュウコンが野生でいたりした!)、シェルダー、パウワウ、ワンリキー、ミニリュウ、ヨーギラス、ピカチュウ、マンキー、などなど。
あと、通常でも割とよく遭遇するニョロモやマリルも目立ちました。

花畑の花と似たような色のニドラン♀

遊歩道の脇に江ノ島さんぽちゃんの展示も

一番奥のほう、やはり西日がきれい!
今回は、この西日をバックに野生のポケモンをスクリーンショット。

岩屋のそばには、どうやっても近づけそうにないポケモンジムが!
いったいどうやってそのポケモン配置したんだ!?
もしかして岩屋の中に入らないと届かないのか…?

戻る途中でピカチュウをゲットしました。

ポケモンボックスがいっぱいになりそうでやばい!と思ったので、途中のジムを奪うために使い捨てポケモンを活用。

ようやく江ノ島を脱出…途中の江ノ島大橋からは三日月が。

江ノ島大橋でポケモンをつつくと、ボックスがいっぱいです!が頻発するようになったので、低いCPのポケモンから順に博士に送ったりしてその場をしのぎ、

昇龍ジムを陣取って、使い捨てポケモンの最大CPのものを配置し、残りの使い捨てポケモンとトレーニングマッチさせて、ジムレベルを4まで吊り上げ。

これでもまだ使い捨てポケモンが余っていたけど、きりがないのでここで打ち切って小田急江ノ島線で藤沢周りで帰り、残りは家の近くのジムでようやく使い捨てポケモンを使い切りました。

しかしまぁ、この時期の江ノ島、リア充な若者がたくさんいましたな…w

Pokémon GOをプレイしている人は以前ほど多くなかったけど、それでもよく見かけますね。それだけレアポケモンが多いってことですw

今回は、予想通り、ボール切れは全く発生しませんでした。モンスターボールがかなり減ったけど、スーパーボール、ハイパーボールが50個程度残った感じで、十分な余裕がありました。桜木町でため込んだボールを江ノ島で有効活用できたようです。

やはり、江ノ島に行くときは、事前にポケストップ密集地でボールをめいっぱい蓄えておいたほうがよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です