円海山へ行ったら… あ!野生のホタルが飛び出してきた!

Pokémon GO では今「熱闘!冷闘!エクセレントスローを狙え!」というイベントの真っ只中です。

桜木町周辺で集めたボール貯金もあるし、金沢動物園がカブトの巣になってるということもあるので、また円海山へ行ってみよう…。ポケモンをいっぱい捕まえてどんどんXP増やすチャンスだし。

その前に、たまった弱小ポケモンたちをジムバトルに駆り出して、瀕死になったら博士に送ってポケモンボックスを空けなければ…(特にこういうイベントの最中はポケモンボックスがいっぱいになりやすいので)。

横浜横須賀道路・円海山トンネルのすぐ北にある港南台IC周辺のジム銀座、最近はどこもジムレベル10ばかり。今回は、車が縦に飾られた妙なオブジェのある、あのポケモンジム「MINI港南台」の1本に集中。たまっていた「げんきのかけら」もここで使い果たしました。

ジムボーナスをもらったところで、カブトの巣らしい金沢自然公園を目指して円海山の森へ。

金沢自然公園は17:00でゲートが閉まるけど、1時間でたどり着くようにすれば、なんとか間に合うだろう…そして17:00過ぎても、この時期は日没まであと2時間弱だから、円海山の森へ戻っても大丈夫。

しかも、今はホタルの最盛期だから、このまま森を歩いて瀬上市民の森へ行けばホタル見れるかも!

よし、行ってみよう!

木漏れ日がぼやぁっとしててなんかいい感じ。

ポケストップになっていない広場にも、なぜかポケモンだけはそこに集中していた。
ここがポケストップになってないのは非常に残念。
横浜市磯子区氷取沢の山奥のポケストップ過疎地帯は相変わらずです。

ここまで来ると、横浜横須賀道路が近づいてきて、金沢自然公園のポケストップがマップの視界に入ってきます。

釜利谷JCTを超えるとすぐ、金沢自然公園。
なんとか17:00に間に合いそうです。

ここまで来ると、東京湾の向こう、千葉県が見えます。

カブトの巣、金沢動物園だけっぽい。金沢自然公園は至って普通だった(というか、イベントモードでいつもより多い種類のポケモンがいるだけ)。どうせなら金沢自然公園にも巣の範囲を広げてほしかったな… > Niantic

そうこうしてるうちに、17:00閉館の放送が。
もう円海山の森へ戻らないと…(金沢自然公園のにこにこプラザのゲートから金沢動物園方面が閉まるので)。

このトンネル、なんかいいw

氷取沢から金沢自然公園へつながる、横浜横須賀道路のすぐ下の遊歩道、ここもホタルのすみかのようですが、17:30頃ではホタルを見るにはまだ明るすぎるし、帰り道のことを考えるとここにとどまるのは得策ではないと判断、瀬上市民の森へ向かうことに。

ソーラーセルが乗ってる、鉄砲水警報装置?と思ってよく見たら、
なんとこれ「不法投棄監視警報装置」でした。
円海山の森の入口で車が入れるところは不法投棄のターゲットになりやすいので、こうした監視装置が設置されたようです。かつて問題になっていた円海山の山頂付近にも設、こういう装置を設置すればいいのに…そうすれば今は通れないことになってしまった峰方面の道路を解放してもよくなるのでは。

磯子区から、ここを超えれば、栄区へ行ける。栄区に入れば、ホタルのすみか、瀬上市民の森がある。

日没が近づいてきて、ホタルを見るには、時間的にもちょうどよさそうだ。

そして…

ついに人だかりを発見!

ホタル、久々に見ました。
20年近く前に新婚旅行のオーストラリアで見たっきりかも。
まるで、緑色LEDが空中にふわふわ浮いてるかのように飛び回っていました。
ホタル型の超小型ドローンとか、そのうちできるんじゃないかなって思いました。
でも今見たのは、まぎれもなく自然の発光体です!

スマホを持つようになってホタルを見るのは、人生で初。
ただ、相当近づかないと、うまく映りません…。

道が暗く、空の薄明かりで道が見えるレベルでしたが、暗いところに慣れた目で下をちゃんと見ていれば、十分歩けます。でも脇には小川があるので、落ちないように注意。

ホタル観察道の入口はこんな感じ

ここから栄高校の正門にかけて、路駐多すぎ…
あまり車で来てほしくない場所ですよね…

ホタル観察が終わったところで、Pokémon GO を起動したところ、ポケストップがないのにポケモンがよく出るので、ついにボール切れとなりました。

ボール貯金が早くもピンチ!
さて、翌日の日曜日はどうやって乗り切ろうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です