ピカチュウ大量発生チュウ!

今の勤務地でもある桜木町周辺で「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」っていうイベントが8月9日(水曜)から始まったので、さっそく仕事帰りに会場を回ってみました。

やはりお目当ては、図鑑埋めに欠かせないレアポケモンが多数出現するという「Pokémon GO PARK」。

ところが、こんな情報も…

これは定時で上がってダッシュするしかない!
どうせポケストップ回したって「持ち物がいっぱいです」になるだろうから、現地に近づいてからPokémon GOを起動しよう。そうすれば間に合う!

8月9日

昼休みに桜木町駅前に行ってみた。
すでにこんな状態:

夕方、さっそくPokémon GO PARKへ駆けつけてみた。

15分ぐらいでもう18:00になってしまったが、人はまだいっぱい。
そのまま赤レンガ倉庫へ行ってみた。

すると…時間過ぎても、レアポケモンは出ている模様。
リアルポケストップ、リアルジムは、時間が過ぎてからゆっくり片づけられたようだ。中には暗くなってから一時撤収されたリアルポケストップもみられた。
ZIPも取材に来てたしw

人が多いだけあって、餌付けしてる青チームのトレーナーも多くいることがうかがえる。せっかくハピナスを6人で倒しても、すぐにやる気満タンになるほどだ。
もうやだこのジム…

気が付いたら、サンダーとのレイドバトルのチャンスがもうない時間帯。
レアポケモン出過ぎて、そんな余裕ねーよ!!
思わずこんなツイートしてしまったほどだ:

結局レイドパスは翌日に持ち越し。

赤レンガ倉庫を離れて関内に向かって歩いていても、そこら中、
ピカチュウ大量発生チュウ!だった!
桜木町周辺から横浜スタジアムまで、公園の枠を超え、広大な「ピカチュウの巣」ができていた。

8月10日(木曜)

多少遅くなっても大丈夫とわかったし、すでに桜木町駅周辺からレアポケモンが出ているし、雨が降る可能性があったことから、桜木町駅周辺とランドマークプラザを中心にポケモン狩り。

前日使いそこなったレイドパスを、昼休みにイノムーで使用。
隣ではピカチュウもレイドボスになっていましたが、いなくなる寸前だったのでパス。

桜木町駅前ではこんな光景もスクショできました。
画面の中も外もピカチュウ!

帰りにもレイドバトル。
サンダー、また見当たらないし…見回してみたらバンギラスがいた!
キミに決めた!

途中で小雨…

やがてポケモンボックスがいっぱいに!

危なかった…もしさっきのバンギラスレイドバトル勝利後にこれが発生してたら、あのクソバグに遭遇してゲットチャレンジ権をはく奪されてしまうところだった。

ポケモンを整理して博士に送ってボックスを空けるなどして回避。

雨のときはコレットマーレに駆け込み、動く歩道の屋根伝いにランドマークプラザへ行くに限るねw

この周辺も、ルアーモジュール花盛り、レアポケモン出まくりでした。

観覧車にもモンスターボールやピカチュウが映し出されていたほどだし…。
もう街全体がピカチュウ祭りって感じ!

お祭りの延長ってことで、僕もこんなのかぶって歩いてました。
このかぶりものは、桜木町駅で配られていたものです。

アメもどんどんたまり、図鑑も埋まる…!

ランドマークプラザなどではポケストップやジムが密集していてアプリが重くなったり、アプリが落ちることが何度かありました。発熱もいつものごとく…。
心配してたことで、案の定って感じですがねw

これはひどい!Pokémon GO でレイドバトルのクソバグに遭遇!

実にアンフェアな、そのクソバグとは…

【レイドバトルで勝ったのにゲットチャレンジ権がはく奪されるバグ】

発生日:7月24日と8月4日の2回

夏休みはまだまだ続く…
今日、横浜市街でポケモン狩りしていたら、

横浜市役所の裏にある「神奈川県電気発祥の地」ジム(スギ薬局のある十字路)に自分がカビゴンを配置した後、しばらく歩いてマップを再び見てみたら、

そのジムに突然、一週間しか現れない伝説のポケモンの一つ、ファイヤーが現れた!

タイムカウントダウンを見ると、16:40頃?に現れてから2時間居座ることになっている。これは仕事を終えたビジネスマンが集まりそうなタイミングだ!
チャンス!!
17:30くらいから参加できれば余裕で人数確保できそう!

恐る恐る、そのジムに戻ってみると…

なんと、17:00頃の時点で、すでに多くの人が集まっていた!
これならもうちょっと早く参加しても人数揃うかも?

僕のカビゴンはまだ追い出されておらず、黄色チームが防衛中。
これなら白ボールも多めにもらえることが期待できるね!wktk

ビジネスマンの帰宅ラッシュのタイミングを考えて、Pokémon GO を一旦終了して10分~15分程度充電し、さらにスマホを冷ます。以前みたいにゲットチャレンジでボールがコマ送り状態になったらいやだからw

準備ができたところで、いざ、レイドバトルへ!
「参加者を探しています…」画面で、傷ついたままのポケモンをキズぐすりでささっと治療し、ハピナスは最後に移して、スタートを待つ。

5人ではだめで、6人でなんとか倒せるレベルのファイヤー。
10人程度揃った!これならきっといけそうだ!

ファイヤーのHPゲージが順調に減っている!
これはいける!

そして最後、ハピナスの出番!
果たして持続するのか?

…たたかえるポケモンがいなくなった…

やばいっ!
まだ時間はあるから、再度挑戦するボタン押して、残りのポケモンで戦うぞ!

…ところが…

いきなりマップ画面に移動し、それをバックに、

(金のズリのみ × n)

(げんきのかけら × n)

のような獲得アイテムの通知アイコンが!

ん?
いつもと様子が違うぞ!?
なんでバックがマップ画面なの? 

…どうやら、自分が再挑戦のポケモン選択画面を表示中に自分のレイドグループが勝利してしまったために、強制的にマップ画面に戻された模様。

一応、マップ画面をバックに、貢献度や白ボールの個数を通知するダイアログ画面に遷移し、「ゲットチャレンジへ!」ボタンが表示された。

ところが、ここで
とんでもないクソバグに遭遇!

「ゲットチャレンジへ!」ボタンが効かない!!!!
どうすりゃいいんだ、どの画面にも行けないじゃん、これじゃ…
仕方がないので、アプリの起動履歴から画面を横にスワイプし、Pokémon GO を強制終了(するしかなかった)。

そして、再びジムに入ってみると…
まるで何事もなかったかのように、ふざけたクソ画面が。
おい!!
ゲットチャレンジはどうしたんだよ!!

せっかくのレイドバトルで、白ボールもあれだけもらえていたのに、ゲットチャレンジへの道が閉ざされてしまうという、思いっきり期待を裏切られる結果に。

そういえば、7月24日(月曜日)、ポケモンセンターヨコハマで初めて伝説ポケモンとのレイドバトルに挑戦したときも、似たような現象に見舞われたことがあった。
そこで、当時のツイートを振り返ってみよう。

このときも、今日と全く同じように「たたかえるポケモンがいなくなった…」状態になって継続しようとしていたような…。いつの間にかレイドバトルに勝利していて、突然マップ画面に戻され、それをバックにアイテム獲得通知が来る、という現象は全く同じ。

ただ、このときは今日と少し違って、「ボックスがいっぱいです」が出たことが原因で先へ進めないという状況。いつもより野生のポケモンが多く出るイベントがまだ終わっていなかった影響でポケモンボックスがいっぱいになっていました。
おそらく、このときもやむを得ずアプリを終了していたと思います。

今回は、ポケモンボックスに余裕があったので、その先に進めるだろう…と思っていたら、なんと、今回はその先で、ボタンが押せなかった。
つまり、バグの先にまたバグがあったというわけ。

7月24日のとき、バトルに勝利しているのに、またバトルに参加できるかのような画面になって、しかも「参加者を探しています…」に進めるので、あれ?またゲットチャレンジできるのかな?と思って待っていたら、「エラー」でバトルが始まらず。何度も何度もこれを繰り返してみたけど、やっぱりエラー。結局、最後はレイドボスがいなくなってバトルボタンの表示もなくなりました。

こういう現象に一度遭遇しているので、今回もまた同じだろう、ということで、レイドボスがいなくなるまで参加者待ち画面に入り続けることはやめて、数回であきらめました。

この2度に渡るバグの間に、一度 Pokémon GO のアプリはアップデートされていますが、このアップデートでも全くバグが直っていなかったというわけですね。

こんな期待を裏切るようなバグを放置しておきながら、
伝説のポケモン出現期間がたったの一週間しかないんですよ!
Nianticふざけんなよ! って言いたくなりますよね。 -_-;

バトル機能、最初(1年前)からずーっと気になっていたのですが、ちょっと想定外の状態変更に遭遇すると、理由も告げずに単に「エラー」とか出してきますよね。多少の理由が書いてあっても「ネットワークエラー」とかね。

通信が遅くてタイミングを失ったとみられるときとか、もう少しで「すばらしい!ジムをやぶった!」になる直前とか、ジム配置ポケモンがバトルに負けてジムからいなくなる瞬間とか、こういう細かいありがちな状況にうまく対応できていないのでは?
例えば「ゲームとしてずるい!アンフェアだろこれ!」と言いたくなるような、こんな現象もみられます。

  • ネットワークエラーで時間を食っているときに、バトルのカウントダウンを止めるとか、そういう配慮がなされていない。これのせいでぎりぎりのところでハピナスを倒せなかったりすることもちょくちょくある。野球でも「タイム!」とかいって一時中断するでしょ?そういうのがないに等しい。
  • 駅前激戦区などで複数のトレーナーが参加する通常のバトルで「すばらしい!ジムをやぶった!」が出たとき、そのあとポケモンを配置しようとして「エラー」に見舞われ、他のチームに「横取り」されることも多い。だいぶ前に横取り対策として「バトル勝者の配置を待っています」が出るように改良されたのはよい対応だと思うけど、それだけでは不十分。バトル勝者が複数のチームにまたがった場合(例:赤チームのジムを青チームと黄色チームのトレーナーが同時に破った)、どっちのチームに配置権があるの?早い者勝ち?勝者が全員同じチームの所属だった場合でも、7人以上いたら同じことが起きますよね。こういったところの仕様というかゲームとしてのルールが定まっていないと、せっかくの苦労が…アンフェアだろ!って悔しい思いをするだけです。

今回のクソバグも、再挑戦しようとしている途中で、そのグループ全体でレイドバトルに勝利が決まった、という、ありがちな状況にもかかわらず、そんなことを何も想定せずに実装していることが原因です。こんなことも想定できないNianticのプログラマってそんなに頭悪いの?
もしスポーツでこんなことがあったら、審判になにやってんだよ!って怒りの矛先が向くでしょ?gameって言葉にはスポーツの試合っていう意味もありましたよね?そのためにルールがしっかり作ってあるんです。プログラムだってそうじゃありませんか?

今回のバグはまさにそれに匹敵するクソバグだと思ってます。
なんたってせっかくレイドバトルに勝利したはずなのにゲットチャレンジの権利がはく奪されるという結果になったわけで(それも2回目ですよ!!)、これこそ、僕の Pokémon GO 史上最悪のクソバグだと思ってます。こんな状況で伝説のポケモンを追いかけても、また同じことが起きるんじゃね?じゃあもういいよ、伝説のポケモンなんかくそくらえ!って思っちゃいます。ジムで戦い疲れたポケモンのように、僕の伝説レイドバトルに対するハートモチベーションゲージは半減しましたよ… ;_; 今のところルギア1匹だけ運よくゲットできていますが、フリーザーは結局ゲットできずに終わったし、今回のファイヤーもどうなることやら。次はサンダーとか?なんかもう、どうでもいいやっていうか、ちょうど機会がきたらまた参加してみるか、そんな程度です(一応アイテムやXPはもらえるし)。

こんなにいろいろとバトルに関するバグを抱えてる状況じゃ、とても課金してまでアイテムをショップで購入する気になんかなれません。こんな姿勢で開発してりゃ、そりゃシカゴでのイベントでポケモントレーナーたちから苦情が殺到するのも当たり前ですよね。「詫びルギア」を出したのはよかったとは思いますが、今みたいなクソバグがあったりするし、さらに、この暑いのにアプリが重くなってAndroidスマホが熱くなる問題は解消していないどころかむしろレイドバトルがサポートされた影響で悪化しています。特に、横浜の関内や桜木町といった「ピカチュウ(だけじゃない)大量発生チュウ!」の会場に近い場所で重くなりやすいです(ポケストップやジムの密度が高いため)。

これで本当にピカチュウ大量発生チュウ!を無事乗り切れるのでしょうか?
ちょっと心配です。
(案の定…なんてことになりそうな、いやな予感…)

いろいろな面で改善が強く望まれます。

ってか、本来なら、せっかく新しくなったジムのシステムをもっとしっかりブラッシュアップして安定させ、そのあとで伝説ポケモンとか出すべきではなかったでしょうか? まだまだバグだらけなのに、こんなタイミングで出すなんて、早すぎたんじゃないかと思います。

追記:その後、8月6日、ついに…

ファイヤーをゲット!!

日曜の夕方、しかも周辺で夏祭りが行われていたこともあってか、意外にも人が10人以上集まっていて、余裕の勝利。
そして、ゲットチャレンジに成功!!
今度は、あのクソバグに遭遇することはありませんでした。

追記その2:9月12日、あのクソバグが直ったっぽい?

伊勢佐木町のソフトバンク前でスイクンレイドバトル中、たたかえるポケモンがいなくなった…からの回復で、もう一度参加するボタンを押したら Pokémon GO が落ちた!
少し気温が高めだったからか…?

まさかあのクソバグ再発しないだろうな!?
と思いつつ、恐る恐る Pokémon GO を再起動し、そのジムを開いてみると…

なんと、そのままレイドバトル勝利のアイテム獲得表示画面から始まった!
しかもそのまま進んで、ゲットチャレンジボタンもちゃんと押せた!
あのクソバグ、直ってるじゃん!

そしてそのままスイクンをゲットできた!(ゲットできたの4匹目だった)

Pokémon GO 伝説ポケモンとのレイドバトルに挑戦してみた

そう、こんな TV CM もやってましたね。
報道ステーションの後半あたりだった気がする。

Pokémon GO に伝説のポケモンが登場ということで、ここ何日かトライしてみたわけですが…

またしても、地域格差が浮き彫りに。

調査場所

今回は、以下の3ヶ所を中心に、伝説ポケモンの様子を調査してきました。

Googleマップ

伝説レイド調査エリア

伝説レイド調査エリア


赤丸を付けたエリア、北から順に…

横浜みなとみらい周辺

今の勤務地に近くて人も多いので、仕事帰りのレイドバトルにも最適なエリア。
場所とタイミング次第では昼休みにレイドバトルに挑戦できることも。
人も多く、強めのボスポケモンとのレイドバトル+ついでにアイテム集めたいときなど、そのために休日に訪れることもしばしば。
毎年夏になると「ピカチュウ大量発生チュウ!」っていうイベントの開催に伴いJR桜木町駅がピカチュウにジャックされる

洋光台・港南台周辺

南へ10kmほどのところ。駅前だけポケストップの密度がやや高いが、住宅地なので全般にはまばらなエリア。

三浦郡葉山町

さらに南へ10kmほどのところ。海水浴のついでに市じゃないところも調査。

7月24日 ルギア@ポケモンセンターヨコハマ

仕事帰り、初の伝説レイドに挑戦。

ちょうど、アメ2倍・ポケモン出現率アップのイベントの最中で、ポケモンボックスがいっぱいになっていたのを忘れていて、ルギアのゲットチャレンジに入れず。
それなのに再挑戦できるかのような画面で、いざバトルが始まろうとするとエラーの連続。なんかだまされた感のぬぐえない、こんなクソバグに、いきなり遭遇するとは…。

7月25日 フリーザー@馬車道

仕事帰りに発見したフリーザー。レイドバトルで勝ったが、ゲットチャレンジ失敗。

7月26日:ルギア@マクドナルド関内

またしてもゲットチャレンジで失敗…

7月27日:ルギア@JR桜木町駅

ちょうどタイミングよく昼休みにJR桜木町駅に現れたルギア、やっとゲット!!

7月28日:ラプラス@横浜ランドマークタワー

金曜日、桜木町駅が横浜市長選挙の演説でにぎわっていたが、この日はなぜか仕事帰りにルギアにもフリーザーにも遭遇できず。仕方なくラプラスに挑む。
以前5人で倒せなかったラプラスが、6人でぎりぎり倒せたが、ゲットチャレンジは失敗。そういえばこの一週間前にもポケモンセンターでバンギラスに遭遇したけど、やはりゲットチャレンジでだめ…。

7月29日:元町・中華街周辺でフリーザーを探したが…

この日から夏休みだけど、まだフリーザーをゲットできていないので、横浜中心部へ。

…と思ったら洋光台駅にいた!もしかしてここでゲットできるのか?

だが、実際に駆けつけてみると…

工事中でフォトディスクに映ってる現物が跡形もなくなってしまったジムで、誰も集まってる様子がなかった!

これはもう、電車に乗って横浜中心部へ出るしかないね、ってことで
石川町(元町・中華街)駅へ。

しかし、周辺を歩いても、フリーザーの現れたジムがなかなか見つからず。
暑くてスマホも不安定だし…

と思ったら、シルクセンターの先で小雨。日本郵船のところで雨が強くなってきたので、雨宿りがてらそのジムをやぶってカビゴン配置してみたが、雨はやまず、やむなくそのまま関内駅から帰ることに。結局、この日はフリーザーに遭遇できず、しかもみなとみらいにたどり着けないまま終わってしまった。

ただ、仲間チームのポケモンがこのジムに集まってきたおかげで、日付が変わってもカビゴンが防衛してポケコイン稼いでくれたりして、伝説ポケモン以外での成果が目立った日であった。

7月30日:フリーザー@みなとみらいグランモール

今度は最初からみなとみらいにもっと近いところでフリーザーを探そう。

桜木町駅を降りた時点ではフリーザーは確認できなかったが、ランドマークプラザ付近でジムバトルやポケストップ回してアイテム集めとかしていたら…

フリーザー出現!!
みなとみらいの中央付近、グランモール公園だった。

人がいっぱい!!
やはり、みなとみらいは人が集まる!!

バトルパーティーの自動選択でハピナスが出てきたので、こいつは後ろに持っていこう。先に攻撃、後に守備。これなら、うまく倒せれば後のポケモンは出番なしで済むし、なかなか倒せなければハピナスが踏ん張ってくれる。

そこそこボールはもらえたが、またしてもゲットチャレンジはクリアできず。
「スキーヤー」がまだ金メダルじゃないので、こおりタイプ捕まりにくいのかな…?

7月31日:葉山・森戸海岸でぼっち海水浴

台風5号の影響で神奈川県に出ていた波浪注意報が解除されていた(一時的に台風が遠ざかったからかも)ことと、この日だけは暑くなりそうってことで、海へ行くなら今のうちだ!
ってことで、今日まで出現するというフリーザーは、もうあきらめた。フリーザーのためだけにみなとみらい周辺に行くのは飽きたw たまにはちょっと田舎の景色でも見ながら海水浴を楽しみたいし、むしろレイドバトルの田舎の実態を現地調査したいっていう好奇心のほうが強かったw

まずはJR逗子駅へ。
この「海」としか書かれていないシンプルさww

逗子駅周辺、そこそこポケストップやジムはあった。駅や市役所もポケストップだし、マックもセブンもあるし、京急新逗子駅にもジムあったし。

いよいよ、トンネルをくぐって葉山町に入る。

実は、葉山へのぼっち海水浴には去年も行っているのだが、このとき、まだ日本では Pokémon GO のリリース前。
ということで、Pokémon GO を開きながら三浦郡葉山町に入るのは、これが初。
果たして、マップ上はどうなっていることやら…

ついに、Pokémon GO を始めて以来、初めて三浦郡葉山町に入る!!

ところが、マップを見ると、驚愕の実態が明らかに…

葉山町長柄は、ポケストップ過疎地帯だった!
さすが、葉山はかなりの田舎である…このポケストップ密度の低さには驚いた。
だってここ、市じゃないもんなw
なんか、ずいぶん前に Pokémon GO やりながらここを歩いてる夢を見たような気がしたけど、夢に出てきた長柄交差点には、もうちょっとポケストップがあったような気がしたんだよね。まさか、このような夢が見事に裏切られることになろうとは…ww

森戸川を下るように進むと、ようやく遠くにジムが見えてきて、さらに近づくともう海岸線が見えてくる。森戸海岸付近まで来れば、ポケストップやジムが少し多くなってきて、逗子駅とあまり変わらない密度に。

葉山町で遭遇した、最初のジム。
さっそくレイドボスが占拠していた。
こんな田舎じゃ、ポケモントレーナーもそうそう集まってくるはずがないし、伝説ポケモンなんてそうそう出てこない(出てきてもボスポケモンを倒せるほど人が集まるとは思えない)。

でも、海はきれいだった。海の向こうの江ノ島がよく見える。

こんな田舎でも、ひょこっとレア目なポケモンに遭遇したり。
フリーザーなんか追っかけるより、のんびりしててよいw
15:00~17:00くらいまで海水浴してたかな(この時間帯なら午前中と違ってひどい日焼けにならなくてすむ)。

帰りはポケモン狩りや途中のジムでバトルしながら逗子駅まで歩きました。
伝説ポケモンなんかに振り回されないことの大切さを発見させられたような気がしました。こういうことも Pokémon GO の魅力の一つだということを忘れてはいけないと思うのです。

逗子駅についたら、もう20:00近くでした。人がいっぱい出てくる逗子駅を見て、あぁそうか平日の通勤ラッシュなんだなって思いました。

ポケモンゲット、ジムバトル、面白いポケストップツイート、などなどしてると、歩いても1時間じゃ着かないですねw
気が付いたらレイドバトルの時間帯すら終わってて、レイドパスは翌日に持ち越し。

8月1日:ファイヤー出現!さっそく桜木町へ

ファイヤーーーーーーーー!!

…といえば、BGMはもうこれで決まりでしょ!

あのsamfreeさんの遺作の一つです。

天気がいまいちだったので、この日はみなとみらい周辺へ行くのもいいかな、屋根のあるところ多そうだし。

桜木町駅に着いて、ファイヤーの居場所を確認。
関内駅との間のジムにいた!
使い切れなかったレイドパス、ここで使おう。

雨が降り出してきたので、野毛ちかみちへ。
地上に出たら、雷雨が…
折り畳み傘をさしながらポケストップを回してポケモン捕まえつつ、ジムに届きそうなミニストップの屋根の下へ。
人もそこそこ集まってはいたが…
最大でも5人とか…これではファイヤーは時間内に倒せなかった。
やはりこの雷雨と、平日昼間で人が集まりにくい時間帯、桜木町駅と関内駅のほぼ中間、というのが重なったからか。

前日もらえたレイドパスをここで使ったところで、次のレイドパスがもらえた。
これでまた違うジムでファイヤーに再挑戦できる!

雨が止む様子がなかったので、とりあえず、屋根のあるランドマークプラザ付近に移動し、引き続き様子を見ることに。

すると…

「モクモクワクワクヨコハマヨーヨー」にファイヤーが!

さっそく駆けつけてみると…いるいる!ランドマークプラザにそれらしき人が!上にも下にも!
8人でのレイドバトルになり、ようやくファイヤーを倒すことができた。
だが、やはりいつものように、ゲットチャレンジ失敗。
白ボールがあっても金のズリの実が足りず、普通のズリの実でしのいだが、無理だった。

8月2日:誰もいないのにルギアとファイヤーが出現@JR港南台駅周辺

いつ雨が降ってもいいよう、屋根のありそうな場所を中心に移動。
こんなところに伝説ポケモンなんか出ないだろうと思ったら、そうでもなかった!
ファイヤーの出現が目立った。しかもルギアがまだいた!

だが、あのときのみなとみらいの様子とは全く違い、誰もそれらしき人がいないという、むなしい現実を見せつけられることに…人の来そうもないところに堂々と姿を現す伝説ポケモンって、ほんとマヌケすぎww(平日昼間+小雨模様ということもあるみたいだけど)。

まとめ

ポケストップ密度の地域格差が大きいことは1年前にもこのブログで説明したが、今ではジムの仕様が変わったことで、ジムバトルの合間にフォトディスクを回してアイテムを集めることが可能になったので、ボールが枯渇しにくくなり、地域格差問題は若干改善されてはいる。

だが、伝説レイドで、Pokémon GO のさらなる大きな地域格差が浮き彫りになってしまった。

まず、人が集まらなければ話にならない。

市ですらない田舎、三浦郡葉山町で伝説レイドに挑戦するなんて、人が集まることは期待できず、もはや論外。こんな田舎でCMのように人が集まると思いますか? よほどのイベント性がなければ無理でしょう(ってか葉山でそんなことあったら車が渋滞するのは目に見えている)。

横浜中心部までの距離が葉山の半分の場所である港南台や洋光台でも、ボスポケモンを倒す時点で人が集まることは期待できず、かなり厳しい。CP40000クラスのボスポケモンを一人で倒すなんてとても無理。

やはり、伝説ポケモンをゲットしたければ、その第一歩として、横浜ならまず、みなとみらいなどの都心部に出ること。これがなくては始まらない!と思ったほうがよい。
ただ、平日は特に時間帯にも左右されやすいが…。
その関門を突破できれば、多人数でボスポケモンを倒すことは、だいたいできる。

しかし、ゲットチャレンジはかなりの難関。
貢献度が低いと白ボールも5個程度しかもらえなかったりして、さらに難関。
ひどいと金のズリの実が不足することすらある。

今回、ルギアを1匹ゲットできただけでも、運がよかったのかも。

都心部に出れそうにない人は、少人数のレイドバトルでも倒せそうなボスポケモンにこつこつ挑戦したほうが、確実に金のズリの実、ふしぎなアメ、などのアイテムを集められることでしょう。

というわけで、伝説ポケモンにあまり振り回され過ぎず、都心部に出たついでにゲットできればいいや、ぐらいの感覚でいたほうがよいです。伝説レイドばかりに振り回されていては、せっかくの Pokémon GO の楽しみも半減してしまいます。伝説レイドなんかよりも、それ以外の楽しみをもうちょっと生かす方向にいくべきです。例えば、何日も放置されたポケモンをバトルでジムから追い出すと得するような仕組みがあってもいいと思うのです。地域格差軽減の一つの形として。

伝説ポケモンに振り回されるのはもうやめよう…。