PT2399エコーマイクでけものフレンズOP歌ってみた

3ヶ月ほど前にPT2399エコーマシン完成のブログ記事を書きましたが、実はあのあと…

秋月電子でもう一つPT2399エコーICを購入し、マイク一体型タイプのものも作っていました。

ところが、USB電源を外部から取ろうとすると、電源からのノイズがひどい…

そこで、Pokémon GOを使うようになったスマホの充電用として長らく使っていたeneloop x 4本を使う自作モバイルバッテリーを、このエコーマイク用の電源として流用することに。電池であれば電源ノイズの心配もなくなります。

実は、ちょうどアキバで5000mAh程度のモバイルバッテリーが安かったので、以前江ノ島帰りに大船で緊急調達したモバイルバッテリーと交代でスマホ充電用に使うようにしよう、と思い立ったのでした。これでeneloop自作モバイルバッテリーをエコーマイク専用に使えます(マイクならスマホほど電気を食わないし)。

あれから仕事の忙しかった年度末を過ぎ、気がついたら「けものフレンズ」のOP「ようこそジャパリパークへ」の関連動画がniconicoにあふれているしTwitterにもその兆候がちらほら。

そして僕もついに…Pokémon GO が登場して以来niconicoに動画を上げてなくておよそ9ヶ月ぶりくらいの投稿。超会議も近いし、このへんでネタに乗っておこうってことで…。

▲この動画の上のほうに出ている基板が、PT2399エコーIC内蔵のマイクです。
▼拡大するとこんな感じ。

エコーマイク・表側

エコーマイク・表側


エコーマイク・裏側

エコーマイク・裏側


エコーICだけでなく、高感度マイク(これも秋月電子で買った)、ディレイタイムとフィードバックのツマミも含め、1枚の基板に収めました。
スタンドは、スマホを固定する蛇腹状のフレキシブルなクリップを流用。
これでハンズフリーで「ようこそジャパリパークへ」の歌声を収録できました。
マイクに近いと歪むので、少し離して向きを変えたりしました(こうするとポップガードなしでもパ行がマイクを叩いちゃう問題が起きにくいようです)。

何より、リアルタイムでエコーがかかるのでカラオケボックスと同じような感覚で収録でき、あとでSoundEngineなどでエコーやリバーブかけたりする手間も省けるのがいいですね。
作っておいてよかった…。

yukky&ことり Wedding Party に参加してきた

初音ミクと「縞パン」が縁で結ばれた二人のすばらしい結婚パーティーに参加してきました。

気になっていた店その1:みっくみくなパン屋との出会い

きっかけは、この動画。
2013年、初音ミクが発売されて6周年の日にniconicoに投稿された「恋する縞パン」。

恋する縞パン?初音ミクの縞々パンツの歌?と思って釣られてみたらパンだったww
そんなミク廃たちも多いことだろう。
僕も、なんかミクがいっぱい飾ってあるパン屋ときいていったいどんなパン屋なんだろうって、心の奥でずっと気になっていましたが、この動画の投稿から1年4ヶ月ぐらい経った2015年の正月、ついにそのパン屋を目の当たりにする!池袋に行ったついでに、twitterですでに相互フォロー済みのyukkyさんに田端駅で初対面、そのままパン屋に案内され、同時にことりさんとも初対面
それ以来、ボカロ関連のイベントでちょくちょく会うようになりました(詳細はこのブログで「パン屋」を検索してみるとわかります)。

あれから2年で、恋する縞パンの恋が実った…!そんな感じです。

気になっていた店その2:カレーは飲み物。

池袋、秋葉原(ポケストップにもなってたww)、新橋にある、このインパクトの強い名前のカレー屋。
これもだいぶ前から気になってました。
我が家は土日のどちらかがだいたいカレーなのですが、この土日は、2日連続夕飯は外で食ってくる!ということで、ここぞとばかりに、昼飯はここでカレーを食べてみよう!ということに。

ただ、横浜駅で湘南新宿ラインがしばらく来ないタイミングで上野東京ラインがすぐ来たので、池袋ではなく新橋のほうへ。ニューしんばしビルの地下にありました。
「カレーは飲み物。」というので飲み物みたいなカレーが出るのかなと思いきや、普通においしいカレー屋でした。標準でついてくるトッピングが3つ選べたりします。今回は、らっきょう、フライドガーリック、ツナマヨを選んでみました。

新橋から池袋の方向へ歩いたら国会議事堂にたどり着いた

食べ終わったところで、まだ時間もたっぷりあるし、Pokémon GO でもやりながら新橋から池袋の方向へ歩いてみることに。

ちょっと曇ってて寒い中を歩いていたら、おなかが…
霞が関ビルでトイレに駆け込む。
どうもネットワークの調子が悪いのか、Pokémon GO もレスポンスが悪く、結構イラつく。この寒さとイライラのせいでおなかにトリガーがかかったようだ…。
トイレの近くに、ゆっくり座れるところがあったので、ここで一休みしながらポケモンの整理など。

いつの間にか、行政機関の多いエリアに。

そして国会議事堂へ!なんかサイホーンの巣になってたうえに、レベル10のジムもあった。

通信状態の悪さから、ジムバトルすらできず、あきらめて先へ。

国会図書館ってここにあったんだ…

もう16:00過ぎてるし、これ以上歩いても
時間内に池袋へたどり着くのはおそらく無理。
(しかも、またトイレに行きたくなりそう…やばい…)
さて、この近辺で乗り換えなしで池袋へ行けそうな地下鉄の駅はどこでしょう?

半蔵門?
ぶぶー。半蔵門線は池袋には行かない。渋谷と錦糸町を直結してる路線だし。

答え:麹町。
ここから有楽町線に乗れば池袋まで乗り換えなしで一直線!

が、よく考えたら、こっちからサンシャインへ行くなら東池袋のほうが近そう。

地下鉄1本で池袋のサンシャインへ

ということで一つ手前の東池袋で下車。
また寒さにさらされる。もうおなかがやばい。トイレどこだぁぁ、と思ったら、なんと、日立製作所の入口近くの奥だった。もーわかりにくい場所にあるな、こんなおなかやばいときに…イライラ…

ちゃんとサンシャイン方面って案内がある。地下道で直結していた!
やはり東池袋で降りて正解。あとは会場のサンシャインの58Fに行くだけだ。
そして…

エレベーター前はすでに人であふれていた。
ミク関連のグッズを身に着けていた人も多いし、会場からはやがてミクの歌声が。
CAmiDionとポケミクをぶら下げたまま受付待ち。前の人と話のきっかけに(MMD使いのひとだった)。

縞パン、クラブDJ、ミク前式… ミク廃たちの本気!

細長い会場の両端と中央に機材がある、そんな感じの場所。
夜景すんごくきれい!

二人を結ぶきっかけ「縞パン」をイメージしたケーキとか

ミクの祭壇も。

縞パンは正義!ww

VOCALOID教育版のパンフとか、

ボカロ曲でオタ芸で盛り上がるクラブDJとか、

そして、神前式ならぬ、ミク前式!!

僕は例の10Wアンプ+CAmiDionで、その辺で流れてる曲のコードを弾きまくっていました。さりげなく弾いてるのに気づいた人もいて「すごーいww」と声をかけてくれた方もいましたww
最後はみんなで恋する縞パンに合わせてコードを鳴らしてみたり、楽しかった!!

特に印象に残ったみなさんの感想

いろいろな人を結ぶ初音ミク(と、縞パンw)の底力を改めて実感させられました。
yukkyさん&ことりさん、本当におめでとう!!

モノサシストも集まった異色演奏楽器オフに行ってきた

昨日17日(土)に新宿のカラオケ店で開催された、異色演奏楽器が集まるオフ会
モノサシ・ハンドフルート・オタマトーン・ガチャポン・ホース・DS・ペンドラム・その他異色演奏楽器なんでも大集合オフに行ってきました。

知ったきっかけ

ちょうど遅い夏休みを取っていた今月1日の夜、twitterで知ったのがきっかけです。

1年半ほど前に僕が参加したへんてこ楽器遊会を開催していた中野さんも興味ありにマークして注目していたり(類似イベントですからね~)。

いざ新宿へ

湘南新宿ラインで一気に。ここのところの残業で疲れていて寝不足気味でお腹が下ったりしてたので電車での昼寝を兼ねて。

開催した道祖人さんですが、すでにニコニコ技術部のイベントにも行っていたりして、僕の知ってる展示者も何人か知っていました。

参加者の年齢層はかなり若い…モノサシストなティーンが多いうえ、めがね率の高さがはんぱなかったことに驚くなど…(完全な裸眼は僕と道祖人さんだけだったという)
曲はボカロ曲とかときどき最近のJ-POPとかかな。
僕とは親子ほどの年齢差の人たちばかりであってもニコ厨ならだいたいわかるっていうようなネタが多くて普通になじめましたw

道祖人さんがミキサーやオーディオケーブルを持ってくるということで、自分はどこまで持って行こうか考えたのですが、カラオケルームなのでこの10Wアンプはなくてもいいだろう、それを除いていつもネオコイワセッションへ行くときと同じCAmiDion周辺ケーブルセットを持って行けばいいかなー、ということでそうしました(どのみちUSB電源とかも必要ですし)
いざ現地へ行ってみると、こじんまりとした2chミキサー+6股オーディオジャックだけで、個別にボリューム調整できるのは2chミキサー部分のみ…そこで僕が持ってきたUSB電源式自作4chミキサーの出番。これをつないで個別ボリューム調整ができるようにしました。
(ポケット・ミクも持ってきていたからどのみち使うかなーとは思ってましたが…)
あとオタマトーン(オーディオ出力のついた新型)を持ってきた人もいたのでこれも一緒に接続。

そしてカラオケのオケはどこへいったという感じの楽器セッションが展開されるww
本来のオケが小さすぎると、知らない間にテンポがずれて、歌詞のタイミングがだんだんずれてきたりww

登場した楽器

終了後に夕食

未成年の参加者が多かったこともあり、飲み屋ではなくファミレスへ。
土曜の夜の新宿だけあって、めちゃ混んでた…サイゼリヤ入ろうとしたら人いっぱいだし…
ガストで15分待ちでようやく入れました。この混雑もあって1.5h制限かかってましたがいろいろ話ができて楽しかったです。

異色楽器といってもいろいろ

このイベントではモノサシストの存在感が大きかったようですが、他にも異色楽器にはいろいろあったりします。このあたりはニコニコ大百科の記事「異色演奏シリーズ」が参考になります。
これを意識して、夕食のときにみんなで「1類」「2類」などと呼びながら話をしていました。大百科の記事によると、こんな感じで分類されています:

  • 1類:非楽器系(モノサシストなど、もともと楽器じゃないものを楽器として使うタイプ)
  • 2類:肉体使用系(口笛、手笛、腹をぽんぽこする太鼓など。歯ブラシはこっちか1類か?という難しさもある)
  • 3類:電子系(CAmiDionはもちろん、Nintendo DS、テスラコイル、フロッピーディスクドライブなども)
  • 4類:マイナー楽器系(テルミンやブブゼラなど、既存の楽器だけど比較的珍しいタイプのもの)

この分類でいうと、今回はどちらかというと「1類」が目立つ感じのイベントでしたが、ニコニコ技術部などの電子系は「3類」、早稲田茶箱のへんてこ楽器遊会は「4類」の楽器が中心のイベントといったところでしょうか。でもまぁ、この分類にかかわらず、みんなで集まれば楽しくセッションできることに変わりはありませんから、行ける機会があればぜひ参加してみるとよいと思いますw

モノサシストにもエレキギターみたいなピックアップが必要かなーとか思ったり。
そのままでは音が小さくて、イベントの場ではとても聞こえないでしょうし…
と思っていたら、すでにやってるひと、いましたねw
エレキモノサシ!さすがニコニコww
次の超会議とかのイベントでこういうのやらないかなww

M3→CAmiDionバージョンアップ→ニコニコ超会議2016の2日目

今年は4月24日にM3が開催され、4月29~30日のニコニコ超会議とは重ならず、両方行くことができました。

4/24 M3

毎年のように重なるのでM3は秋しか行ってなかったのですが、今回は春のM3に初めて行きました。秋と違って、花がきれいだったり夕方も明るいので、物流拠点地帯を経て海苔のふるさと館のある海辺へ行ってみたり。途中で OTA CITY (大田区)って書かれた場所があったのですが、これ「オタシティ」って読みたくなっちゃいますねw かといって OTA-KU と書くと「オタク」って読めちゃうし、どう転んでもオタクな地域になっちゃうところがww
そんなオタシティ大田区を堪能してきましたw

4/28 ニコニコ超会議2016の前売り券を買う

2日通し券にしようかとも思ったのですが、1日目は風が強くてにわか雨の可能性が高いことから見送って、2日目だけ行くことに。開催日の前日つまり4月28日に前売券を買ったのですが…

そう、NEWDAYSだと思い込んでいたら、KIOSKだったwwwwwwww
話しているうちに「ここはKIOSKですので…」って言われちゃいましたww が、NEWDAYSの場所も教えていただきました。あぁぁあそこか、見た記憶が、行ってみよう…

で、NEWDAYSを発見。Suicaで!って言ったのですが、「使えないみたいです」って言われるorz
仕方ないので現金で支払い。
どうしてJRの駅なのに超会議チケットはSuica使えないの…期間限定だからってこと?

4/29 ニコニコ超会議1日目は行かずCAmiDionバージョンアップ

そしてやってきたゴールデンウィーク初日。
CAmiDion MIDI IN からのクロックによるテンポ同期をいつか実装したいと思っていたので、超会議を前にやってみました。

というわけで限界があるのは仕方ないってことでこのままの状態でバージョンアップ。
MIDIマスターとして使うには微妙なのでMIDIスレーブとして使えるようにするだけにとどめました。

この少し前、プログラムチェンジにも対応しました。プログラムチェンジに対応する音色は、CAmiDionのスケッチのほうに内蔵しています(ループ内でエンベロープ音量更新してるので時間が正確ではなくPWMDAC_Synthに音色を内蔵しても調整が必要になるため)。
あと、音源のリセット(MIDIリアルタイムメッセージのシステムリセット、GM/GS/XGの各音源のSYSTEM ON)にも対応しました。

ついでにいろいろリファクタリングも施し、バージョン20160429をアップロードしました
PWMDAC_Synthライブラリもバージョンアップしてインターフェースが変わっているので、お手持ちのCAmiDionにArduino IDEから最新バージョンを書き込む際は両方とも必要です(これ忘れるとコンパイルが通りません)。

今後頒布する基板の部品付セットに付属のATMEGA328Pも新しいバージョンにしました。

4/30 ニコニコ超会議2日目に行ってきた

電車で幕張メッセまでは片道2時間は確実にかかるし、並ぶので、まぁ家を出てから会場には入れるまでは3時間ほどかかるだろう…ということで10:00前には家を出る。

12:00頃に海浜幕張駅着。
歩道橋の手前には表現の自由を守る演説が。

幕張メッセに着いてみると…去年とはだいぶ違う。
広い駐車場に出ることなく、歩道部分だけで折り返し列が収まるほど縮小していて、20分足らずで会場に入れました。以前体験した、あの駐車場いっぱいの行列はいったいなんだったんだ…

Yahoo! Japan 20周年 インターネットの歴史のイラストを地上に再現したものまであった!

そう、JUNETとかね。

ニコニコ動画の歴史もありました。

1/2タチコマも。
ってかそれ、元祖タチコマの人、剣菱Pも作ってたよね…

ラスボスと言われている小林幸子ブース

なぜSaturdayのスペルを間違えたまま誰にも指摘されなかったのか

CAmiDionもオープンソースとして公開していることから、オープンソース焼きそばを食べました。

網の中でドローンがものを運んでいました。

テルミン体験も。

ユーザー系の展示がある建屋、9~11ホールへ行ったらボーマスが。
ボーマスにいつも設定されるプチライブスペースへ行くと、いつも通り、トロンボーンの人、あすてろーぺさんがいたのでいつものようにセッション。

このあと17:00終了前に「超合わせてみた」をやるべく、あすてろーぺさんと一緒に、ぼやさんと離陸PとおおかみさんがいるブースでCalc.を演奏。途中の「ゆきそば祭り」の演奏にも便乗しつつ、その場にいたあすてろーぺさんとうまく合流。

ニコつくの全部紙の人がすごかった。

このネ申(紙)動画が話題になっていたりします。

みさいるさんの等身大ミク、やっと実物を見ることができました。
等身大ミクと握手もしてきたよ!

痛車も。

そして17:00でニコニコ超会議2016終了。

どうせ混んでいるし、駅前にストリートパフォーマー、ストリートミュージシャンがいるだろう、ってことで電子楽器CAmiDionをぶら下げたまま、この混雑の中を海浜幕張駅へ。

そして案の定。
海浜幕張駅は混雑してるし、混雑が減るまで、ちょっと暇つぶし。

なんと10歳のギタリストがいた。

これを見て、僕もさりげなく便乗演奏ww
千本桜とか、いつもボカロイベントで弾く定番曲の一つだけに、もう便乗せずにはいられませんwww

あまりにもすばらしいので投げ銭。これが話のきっかけになり、CAmiDionを見た10歳の男の子のお母さまも興味津々w

10歳のギタリストの隣では、クリエイティブうたのおねえさん、松山あおいさんが歌っていました。トトロとかかわいい系の曲からオリジナル曲までいろいろ。
もちろんこっちも便乗伴奏ww
ただ、10歳のギタリストが演奏中はうたのおねえさんの伴奏がかき消され、一時はCAmiDionでコードを追うのも大変なほどでだったり。

1時間くらい時間をつぶしたところで、混雑も減ったみたいなので撤収。

だがしかし…

ええええええ!まだホーム人いっぱいなの…!

こりゃだめだ。
もう海浜じゃない幕張駅(JR総武線)まで30分ほど歩くしかない。

結局は京成線の踏切にある中華料理店(外で肉を焼いてる店がない側)で酢豚定食。

その後、幕張駅から乗って津田沼で乗り換え。津田沼から横浜まで1時間乗りっぱなし。幕張は海浜がつかなくても遠いですね。

というわけでニコニコ超会議2016 お疲れさまでした!

太陽光だけでCAmiDionを演奏してみた

土日が雨に見舞われた3連休の最終日、10月12日は快晴。

せっかくの天気なので、余った太陽電池を活用し、太陽エネルギーだけで電子楽器CAmiDionと10Wアンプ(半年前に作ったもの。このブログを10Wアンプで検索するとわかります)を駆動し、演奏できるか実験してきました。

もともとこの太陽電池、ほぼ1年前に秋月電子で買ったソーラーLEDドライバICの余った分を有効活用しようとして使っていたものでしたが、ICに負荷を掛けすぎて壊してしまい、結果として、最大1.15W(5v x 230mA)の全く同じ性能の太陽電池が2枚余ることに。これも、もともとは秋月で買ったもので、性能的にはこの商品とほぼ同じです(大きさは若干違うかも知れません…なんか処分品だったような気がするので)。

5v x 2枚ならば、NiMH x 8 本で駆動していた10Wアンプの電源としてそのまま使えるだろうと思い、NiMHをつながず、太陽電池だけで試してみたら…

ちゃんと動作しました!

さっそく、横浜・山下公園で実験。14:00前にたどり着き、15:00くらいまで演奏して楽しんでいたら太陽が途中でビルの陰に入り、日差しを求めてだんだん赤レンガ倉庫方面へ移動しながら、象の鼻テラスの屋上まで行き、ソーラーパワーだけで16:00頃までCAmiDionを駆動できました。

そのときの様子を動画にしました。
niconico版もあります

ところで、このアドリブギターっぽい演奏のBGMですが、
実はこれもCAmiDionで演奏しています。
まるでギターを弾いてるような感じで演奏できる、そんな方法を編み出したのです。
どうやるかというと…

  • 波形(Waveform)にGuitarを選ぶ(8桁なので Ch1:Guit しか出ませんがこれでOK)
  • エンベロープは a2dBs0rB ぐらいにする。Attackちょっと短め、DecayとReleaseを長めにするのがポイント。(ちなみにこれは Attack=2、Decay=11、Sustain=0、Release=11、という意味。数値は0~15の範囲で、10=A、11=B、のように16進で表示して8桁に収まるようにしています)
  • “Chord”ボタンで和音モードを解除して単音モードにする
  • sus4ボタンとメジャーボタンの同時押しで6音使ってコードを鳴らす。例えばコードCならば、C,G,Eのボタンと、それぞれのsus4ボタンを同時に押す。

これで、ギターの6弦を手で鳴らすような分散和音の雰囲気で、本物のギター演奏にぐっと近い感じになります。Cのコードフォームを左右どちらかに1つだけシフトすれば、FやGのコードも簡単です。AmもC,A,Eのボタンで同じように鳴らせますから、マイナーコードも簡単です。

この方法で弾いていると、まるで本物のギターを弾いている気分になり、なかなかはまる。しかも、山下公園と赤レンガ倉庫のそれぞれで、2歳前後とみられる幼児が不思議そうにこっちを見てるという、そんな光景に出くわしました。
ひょっとしたら、ギターがないのにギターの演奏が聞こえたことに不思議がっていたのでしょうか…?

DMM.Make AKIBA で開催のNT東京2015に出展してきた

7月25日~26日にDMM.Make AKIBAで開催されたニコニコ技術部イベントNT東京2015に電子楽器CAmiDionを2日間とも出展してきました。

翌週末にはMaker Faire Tokyo 2015 (MFT2015) がありますが、今回は初めからこちらには出展申込せず、NT東京のほうにしようと思っていました。
人が多い中、一人で出展して基板を頒布するにしても、昼食などに出るのもままならない。これは過去のMake:のイベントでもしばしば経験していました。それでいて、有償頒布がある場合は出展料が無料ではなくいきなり跳ね上がる。でもDMM.Make AKIBAで行われるNT東京なら出展料はそれよりも大幅に安い。というわけでNT東京のほうにしました。

いざ展示してみたところ、6年前の川崎と同程度、いやもっと小さいかな、っていうくらいの規模で、MFTみたいにすごい人混みというのもなかったです。

展示ではCAmiDion 6年間の進化の軌跡を物語るよう、右から古いもの順に並べるようにしていました。

元々はCAmiDionで6重和音を出したくて作ったPWMDAC_Synthライブラリですが、今回のNT東京では別の区画でこのライブラリを活用した電子オルゴールが展示されていました。

togatterまとめ(ハッシュタグ #nttokyo)

CAmiDionは部品付セットが各日4セットずつ売れて好評でした。夏休み工作に、と言いながら買っていった方が多く、やはり今月初めに部品付セットを10セット増やしておいてよかったです。増やしてなかったら在庫が1セットしかなかったところでした。

1日目の夜は新宿(ってか隣の駅である大久保に近い)で新宿 AKI PARTYなるMaker系クラブイベントが開催されるということで、こちらにも参加してきました。Pepper君がDJをやったり、扇風機で放熱されていたり、終了後は生首が取れたり…なかなか楽しかった。

LED + CR2032できれいに光るTENGA EGGケースを持って振りながらノリノリで踊っていたりしましたw いい腕の運動になりました。気分はエアロビw

だが、片方はハンダ付けがしっかりしていなくて、急遽裏についていた両面テープでCR2032にくっつけてなんとかしました。

ということでNT東京2015楽しかったです!
みなさんお疲れ様でした!

ニコニコ超会議2015行ってきた(2日目)

1日目に続いて2日目。
横浜駅に着いた時間は1日目とほぼ同じ。
また横須賀線に乗るパターンにはまる。

今度は西船橋ではなく、津田沼まで1時間乗って、黄色い電車で一つ先の幕張本郷からバスで行ってみました。

▼見ての通り、めっちゃすいてましたwwwwww

このルートを試してみたら、幕張メッセに着いた時間が1日目より20分以上早くなりました。
1日目の終了が18:00なのに対して2日目は17:00ということで、早いほうがいいかなーと思ったわけであります。さらに入場はもっと早かった。

▼押さない!!駆けない!!ドラゲナイ!!

この日も奥の超ボーマスを優先して訪れる。
1日目と2日目では展示者が入れ替わるので、また別のボカロPに会えます。

あの女子大生10号の香水を置いてあったPSGO-Zブースは両日出展でしたが場所が変わっていました。

他に、この日は、曲を聴いたときから会えたらいいなと思っててまだ会っていなかったボカロPに会うことができました。

インドインダスインデスト」「やせっぽちのおんなのこ」など面白い曲をたくさん作っている作者tamachangブースで「たまミク」というCDを買いました(しかもその場で本人のサイン入り)。

あと、数年前からなかなか会えないボカロPとして気になっていたあルカPのいたmiraauraブースでCAmiDionを見せて話をしたり。この動画で使わせてもらったさわやかなBGMの作者ですが、それ以前にも初期の頃のピアプロでM@SATOSHIというハンドル名で見かけていました(当時はP名がまだなかった)。北海道の人とあってイベントで会う機会がなかなかない中、今回miraauraというグループで超ボーマスへの出展に踏み切ってくれたことで会うことができました。ライブもやったそうですが、会場が9-11ホールの入り口という「隔離棟」だったこともあってたどりついたのが終了前(すでに間に合わなかった…)。そこで一休みしていたら、あルカP以外のmiraauraの人がいてCAmiDionの話をしたり…
というところで超会議2日目が終わったという(あ…気がついたらFooさんの蛍の光を聞いていないから1日目みたいにそれを伴奏して遊んでいなかった…)。

他にプチライブスペースでトロンボーンの人とセッションしたり、「ニコニコ住民票」を買ったり(並ばずにQRコード経由でスムーズに買えました)。技術部の馬車にも乗れないかタイミングを計ったものの結局乗ることはできず。人が多すぎて会場が広いのもあって移動だけで一苦労というのもあって、結局は超ボーマス中心→超ボーマス終わったら隔離棟へ移動、みたいなパターンになってしまいました。
pepper君は馬車に乗れたのに…

▼他には…うんこ学会の痛便器とか、

▼こんな事案も発生したり、

→ ペッパイちゃんっていいますww
ニコニコニュース記事にもデモ動画
乳首搭載ロボ「ペッパイ」ちゃんを開発しました

▼そのおまわりさんが乗るパトカーがロボットになっていたり

今回はpepper君の活躍が目立っていた感じですね。

帰りは混雑していたので、海浜幕張駅前でそのへんにいたストリートミュージシャンやオタ芸やってるお姉さんのBGMなどに便乗し、10Wアンプ越しにCAmiDionでコードを鳴らしながら混雑が緩和されるのを待ちました。
(当初は一昨年のように海浜のつかない幕張まで歩こうかなーと思ったのですが、せっかく10Wアンプ作ったことだし、ちょっとした後夜祭気分でこうやって遊んでいたほうが楽しいのでww)
すいてきたのを見計らって改札に入ったらホームも混雑。電車に乗り切れなかったり、途中で特急が来て待たされたり。でも東京駅まで、どうみても僕より若そうな集団を中心とした超会議の雰囲気そのままという。つまり帰るまでが超会議ってことですねw

ニコニコ超会議2015行ってきた(1日目)

先日作った10Wアンプを持って、いよいよニコニコ超会議2015へ。前売り券はもう買ってある。

横浜から東海道線で東京に出ようとしたら待ち時間が長くて、先に来る横須賀線へ。ならいっそのこと東京じゃなくてこのまま津田沼まで行っちゃうか?

と思ったが、ちょっと手前の西船橋から行くルートがあることに気づく。
今までたどったことのないルートだし、試してみよう。
まずは市川で乗り換え。西船橋は総武快速が通過しちゃうから。横浜でいう東神奈川も横須賀線が止まらない乗換駅だが、それと似たような位置づけの駅だったり。

西船橋に来てみると、武蔵野線からの運転本数が思っていたより少なかった。

朝飯食わずにここまで来てさすがに腹が減ったので、駅ナカにあったベッカーズでブランチタイム。

その後、タイミングを見て再び武蔵野線ホームへ。
すでに人がいっぱいで、ここを境にニコニコ超会議ラッシュが始まっていた。
でも一度乗ってしまえば、1駅、スムーズな乗り換えで快速1駅、これで海浜幕張に到着。

待機列はコンパクト。遅めに来たからかも知れないが…。
昨年までの超会議では埋まっていたはずの場所ががらーんとしていました。

今回は45分くらい並んだかな…。

花が飾られていたところには「つんく♂」の記名も。
がんで声帯を摘出して命をつないだことで、花をニコニコ超会議にささげることができたわけですね…ちょっとぐっときました。

技術部馬車のそばにpepper君の姿も。
今年はニコつくがホール9-11という別の建物に追いやられ、この馬車スペースだけがニコニコ技術部分室って感じでした。去年までとは一変してしまった感。

優先的に行きたかった超ボーマスへ(16:00で終わってしまうから)。
14:30前になんとかたどり着く。ブースを一通り見るとネオコイワでおなじみPSGO-Z(Ke)さんやこの前の花見でミク見で会ったyukkyさんが出展。
プチライブスペースでちょっと便乗セッションしてみた…が、反対側の超音楽祭からの爆音がうるさくて聞こえにくい!去年から何も改善されてなかったorz
それでもなんとか演奏できて10Wアンプ持ち込んで一応は正解。
コンセントもあってACアダプタも有効活用できました。

しばらくすると技術部楽器勢登場。

この前みなとみらいのBUKATSUDOで会ったばかりのぼやさん、花見でミク見で会った離陸(テイクオフ)P、ネオコイワで会ったあの楽器
StrayCats’Labの人とInnocenceとメルトを演奏しました。
でもやっぱり超音楽祭の爆音ががが…

PSGO-Zブースには「女子大生10号」という合成された匂いの香水が置いてありましたw
ニコニコ学会で女装男子あしやまひろこちゃんのところに展示されていたあの香水です。思わず手の甲にスプレーw ほおおおこんな匂いなのか…ww

やがてボーマスも終了し、残り2時間で会場を回ろうと戻ったら、今度はさっきの技術部楽器勢が馬車の上にいて出発寸前なのを発見。馬車に乗れず出発したので横を歩いてまた演奏しちゃいましたw
→ このときのシーンが5/6にうpされた動画にあります。後半に僕の姿がw

あとは超歌ってみたで誰かが歌ってるこなああああああああああゆきいいいいいいいいに合わせてCAmiDion+10Wアンプ持ったままコード鳴らして合わせてみたり。これも楽しいw

ブランチ食べてもやっぱり何か食べたいのでこんな時間に塩ラーメンに走る

フードコートを超えると9~11ホールという「隔離空間」へ。
ニコニコ学会とニコつくはこっちでした。
先ほどの技術部楽器勢もニコつくの一角で展示していました。
このときすでに17:00を過ぎていました。ちょうどこの夜はニコ技打ち上げに行く予定だったのでその前には寄っておきたいということで。

そして18:00が近づき、いつものようにFooさんの笛に合わせて蛍の光をコード演奏。
僕は一般入場ということで先に外へ出て、海浜幕張駅前で大道芸を見て暇つぶしして、そのあと打ち上げの会場へ。

同じ飲み屋にニコつくのバッジをぶら下げた人たちが向かっていたのでついていく。いざ来てみると…顔見知りが来ていない? でもニコつくだよね?
やがて幹事が来るときいてやってきた人があさぎんじゃないことがわかってここは違うと確信、同じ飲み屋の別の場所へ行ってみたら技術部ですか?と店の人に尋ねられて案内され、やっと顔見知りな人たちを見て一安心。
あやうく違う集団のもとで飲み会に参加してしまうところでしたwww
どうやら間違えた先は模型部だったらしい。

まぁ打ち上げも楽しめたことですし。
2日目もがんばりましょう。

正月から池袋…と思ったら田端へ…23区北部みっくみく探訪記

いつか行こうかと思っていたこの2箇所へ行くために池袋へ。

TFMは、CAmiDionの動画で使ったBGMの作者の一人、クヌースPが始めた店で、いつか行って見たいなーと思っていました。この店ができたあと、かつて原宿にあったニコニコ本社が池袋のP’PARCOに移転し、今度池袋に行く機会があったらこの2つをはしごしようかと思っていたところでした。

昨年後半の勤務地が戸塚だったのが今年から大森に変わるので、どこかで定期を買わなければいけない。では使用開始日を今日からにして、それを活用して安く池袋へ行こう。明日は子供と凧揚げして遊ぶ約束があるし、TFMは今日から営業! 行くなら今でしょ! というわけで。

湘南新宿ラインに乗っている間twitterのタイムラインを見ていたら初音ミク界隈で噂のパン屋の話を見つけ、思わず僕は池袋から近いかな?田端の東あたりだったよな…みたいなツイートを発していて、これがあとで思わぬ楽しいことにつながる(詳細はのちほど)。

最初に着いたのがニコニコ本社
中に入ってみると…

「本日、ニコニコ本社は混雑が予想されるためB2Fは停止いたしません。」

…まじか! じゃあ階段に回ったら…
…B1Fに行ってみると…B2Fからの行列ができていて入れなかった。

ニコニコ本社の初詣客(若者が目立っていた)の列だったようだ。
こりゃだめだってことで早くもニコニコ本社をあとにする。

もう14:30くらい。TFMの場所を確認し、まだ食ってない昼飯を食ってから、いざTFMへ。サンシャインに近い割に、首都高速の向こうは静かでした。中に入ってみたらなかなか落ち着く場所でした。あれ、店番の人は以前超会議2で話した記憶のあるクヌースPよりは明らかに若いような違う人のような…(僕の勘違いじゃないよね…?)→ 答え:このリンク先
マターリできるうえにコーヒーやお茶が無料セルフサービスということで、さて何を試聴しようかのんびり選ぶ。

ここで、さっきの僕のツイートを見たyukkyさんから、田端から案内できるという返事が!しかも、彼の手がけたCDまで発見してしまい、思わずそれを試聴。

そのあとおにゅうPのCDも試聴したのですが、歌詞が全部般若心経なのに曲が違うだけというすごいCDだったwww ただ、これはシリーズもので3枚のCDがあったりして盛りだくさんすぎた…
結局、税込1000円と安かったyukkyさんのCDを購入してTFMをあとに。

その後、yukkyさんに行く旨を伝え、田端17:30で待ち合わせ。いよいよ噂のパン屋へ。
このパン屋は下記のおしゃれなボカロオリジナル曲「恋する縞パン」のロケ地です。

ニコニコ動画版はこちら
この動画の登場でボカロ好きが集まるという噂のパン屋が話題になったことがあって頭の隅で気になっていたわけですが、まさかこのうp主に案内されて実際に行ける機会が来るとは思わなかった!
さっき何気なく行きの湘南新宿ラインからつぶやいた結果がこれだったというわけでしたw

この店に入って手前の左半分のスペースには、ボカロキャラのフィギュア、シンセなどの楽器が並んでいて、そこだけ見るとパン屋とは思えないほどいろいろ置いてありました。
さっそくそのフィギュアとCAmiDionで撮影。あとコトリ店長さんにも撮影してもらいました
店のアンプにつなぐミキサーまで置いてあり、持ってきたCAmiDionをここにつなぐことができ、しかも置いてある楽器でyukkyさんが演奏して一緒にコード弾いたり。
上の動画の曲のコードでセッションやったり、他にも色々な曲でセッションしたり。
他に2人ほどボカロファンな人が来ていて、CAmiDionの説明とかしたり名刺交換したり。まさかこんなにボカロファンが集まってセッションが楽しめたりするパン屋だったとは!

家に夕飯が用意されているので、とりあえずカレーパン買って19:00で帰ることに。
帰りはyukkyさんの案内で舎人ライナーの駅へ。舎人ライナーなんて初めて乗った…。あとは日暮里から乗りっぱなしですがここからが長いので、駅で待っている間にカレーパンを食べました。おいしかった!(でもこのあと家でもカレーライスだったww)

ニコニコ本社には入れなかったけど、その代わりにみっくみくなパン屋で楽しめたり、結果として

山手線をほぼ一周!ボカロPゆかりの店めぐり

…になりました。
気になっていたパン屋に案内してくれたyukkyさん、ありがとうございました!

…ニコニコ本社はまたの機会に…。

コミケ86(3日目)行ってきた

茅ヶ崎オフの翌日、コミケ86(3日目)に行ってきました。

主なターゲットは東4のボカロPが集まってるエリアと、西2の同人ハードウェアエリア。

いつもならこの2つのエリアは近接していることが多く、一昨年ぐらいまでは両方が東4、昨年は両方が西、のようになっていたのですが、今年の夏コミは両者が東西に離れてしまっていました。僕が毎年夏コミに行くようになって以来、こんな離れ離れは初めてなのですが、とりあえず東4を先に回って、その後で西2へ。
例によってtwitterアイコンにもなっているCAmiDionをぶら下げたまま歩いてました(プリント基板化以来初のコミケですし)。

コミケに演歌歌手が出展する!と話題になっていた小林幸子さんを見ることはできませんでした。
ボカロ集中エリアである東4の隅を見ても、その痕跡すら確認できませんでした。
時間帯が遅かったからでしょうか…(僕がいたのは14:00~14:30頃が中心でした)

ボカロセッションで毎回会ってるPSGO-Zさんもいつも通りブース出していて、西日本からはるばるやって来たニコ生セッション民に会えたりもしました。
あとはニコニコ超会議3で楽しそうにパフォーマンスしていたのが印象的だったオワタPに結婚おめでとうって言ってあげたりとか(彼曰く明日ぐらいに新作動画をうpするとのこと)。

一方、西2ではstrv工房のちっちゃいマイコンボードとか、へけけくんブースのふぁみみみっでぃ、などなど。電波時計のキットとか出してるブースもありましたが、すでに完売…。

FM音源基板とか売っている G.I.M.I.C.ブースは西2ではなく東4のボカロエリアに近いところに配置されていました。「ああああどうもいないなーと思ったら」という人もいたほど。

昨年はコミケ終了後にみんなでタクシーに乗って銭湯に入ってそのあと飲み会、という流れでしたが、今年は前日に日焼けしまくって皮膚がひりひり痛くて銭湯はパスしたかったのと、秋月電子やはんだづけカフェがお盆休み明けで開いているというのもあって、15:30くらいで早めに引き上げてアキバに向かいました。
ちょうど浜松町駅までの直通バスがあったのでこれに乗ったらSuica対応してなくて仕方なく現金払い(今時こんなバス珍しいですね…臨時便だからかな?)。
後で知ったのですが僕の乗ったこのバスが通り過ぎて1時間余りあとにレインボーブリッジの芝浦側で車が炎上する事故があったらしいですね…。

アキバではいつものように千石と秋月を回って、今度のプリント基板が届いたらすぐ作れるよう、不足している部品を買い足し、はんだづけカフェに寄って、若松をちょこっと見て、…まだ時間があるからアキヨド行こうか…と思ったけどそこまでの元気がなく、AKB48劇場の向かいに座ってtwitterTL追っかけ、飽きると居眠りして(まだ日焼けがひりひりして疲れ切ってる…)、そのまま裏のAOKIのビルの上にある飲み屋へ。ミクっぽい何かがこんなのおすすめしてました。

そしてこの飲み会に参加。
今回はNKHで見覚えのある大きな女性の方が。何年か前に東工大のニコニコ技術文化祭でプレゼンやってNKHがニコ生をやってたときにいたのを覚えていたので、今回基板作ったことを紹介したり。
プレゼンしてた当時はCAmiDionはまだ1号機しかなくて、あの頃から比べてかなり進化しているので、これは教えてあげなければ!って思ったのでした。
あとは、strv工房ブースでも見たあのちっちゃいマイコン基板紹介とか、ゆなさんのニキシー管を作るためのパーツとか、USB⇔Cバスアダプタの基板とか。
基板やパーツなどの紹介が必ずといっていいほどあるいつものニコ技飲み会でしたw
あと店側の演出もいろいろ。ときどきハート型の料理を出してきたり、最後のデザートに至ってはニコニコ秘術部っていったいww

帰宅後の風呂でもまだ日焼けがしみる…だけど気温が前の夜より2℃ほど高めなのもあって寒気のする頻度が減りました。飲み会でしっかり栄養補給できたし、あとは自然修復を待つのみ…。

この飲み会があるということで前もって今日まで休みにしておきました。
明日からまた仕事なので今日はゆっくりしよう…