妻子のPCが起動しなくなった!果たしてデータを救えるのか!?

9月30日(土曜)、PCが突然起動しなくなる

上の娘(ビビライP)が新しい動画に使う曲を作っていたときのことであった。

午前中までは使えていた、妻子がふだん使っているWindows 10 PC(2012年GWに 購入した Windows 7 プレインストールのミニタワーPC)で、 が、昼頃になって、突然起動しなくなった。

どうやらHDDが死にかけてるっぽい。
データ消失の危機を感じたので、HDDをなんとかして他のデバイスから読み出す方法を考えた。

よく考えたらうちにはSATA-USBアダプタのようなものがない(2.5″HDD-USBアダプタはあったがこれじゃサイズも違うしSATAじゃないから読めるわけがない…)。データ復旧の際に必要なものだから、とりあえずこれだけは入手しておかなければ!

ということで、9月に横浜横須賀道路・日野ICのそばから、鎌倉街道を1kmほど南西に進んだ場所に移転したばかりの、ノジマ港南台店へ行ってみた。

ところが…
ノジマは所詮、ただの「家電量販店」でしかないということを思い知らされることとなる。
普段、職場とかでも見慣れているはずの、モニタが別になっているデスクトップPCを全然見かけなかった。ノートPCと、モニタ一体型のPCばかり!!
ええええ…
こんなパンピー向けの品揃えじゃ、きっとSATA-USB変換器なんて売ってないよな…
期待外れであった…orz

10月1日(日曜)ドスパラへ

というわけで、翌日(10月1日)、横浜のドスパラへ。
SATA-USB変換器の入手はもちろん、PCがそのままでは妻子がPCを使えない一週間になりかねないので、PCを新しく買うことになった。壊れたPCをよく使ってた上の娘も連れて行くことに。

まずは2Fで、SATA-USB変換器を探す。
見つけたのは、このHDDケース。3.5インチのSATA HDDをこのケースに入れてUSB外付けディスクとして使えるようにするもの。SATA-USBアダプタケーブルかなーと思ったら、こういうちゃんとしたケースが売られていたのね…。
まずはこれを購入。

次に、PC本体を探しに1Fへ行ってみると…中古売り場に「リノベーションPC」なるものが。
職場でよく見かけるhpやDELLのスリムPCを、最新のデバイスでリノベーションして再生したPCが販売されていた。以前のミニタワーに比べて、電車で持ち帰るのも楽そうだし、場所も取らないし。以前のPCに近いスペックのものを選んで購入。

その後、Pokémon GO を開いたら、横浜駅の反対側、富士ゼロックスの楕円柱ビルのジムに10月からの伝説ポケモン・ライコウが降りていたので、バトルして、ゲットチャレンジ失敗。そのままベイクォーターのマックに行って昼食を食べてから帰りました(荷物が微妙に重かったけどw)。

帰宅後、さっそくHDDを読ませてみたものの、やはり読めなくなっている。

HDDのディスク部なのか、SATAインターフェース基板の問題なのか…?
基板の交換で直るのかな?
と思っていろいろ調べてみたら、最近のHDDは、基板に固有の何かを書き込んだクローンを作らないと使えないようになっていて、単に基板を交換しただけでは動かないらしい。

これはもうだめなのか?

…っと何日か経って冷静に考えてみると、「システムで予約済み」ドライブと、WindowsのC:として出てくる「メイン」のドライブが見えているわけだから、基板の問題とは考えにくい。

「システムで予約済み」ドライブは容量が表示されたが、メインのドライブは容量すら表示される、つつくとエクスプローラが固まって何も見えない。トップのフォルダすらも見えない。

やはりディスクの問題なのだろうか?

データ復旧サービスの活用も視野に入れつつ、とりあえず、またドスパラに見てもらうことに。

10月8日(日曜)再びドスパラへ

体育の日の前、3連休の真ん中の日、故障したHDDを持ち込んで診断してもらったところ、やはり、自分のPCで見たのと同じ症状で、HDDハードウェア障害と診断された。
データ復旧サービスも検討してみてください、ということに。
ただ、データ復旧サービスは、10~20万円レベルの高価なサービスなので、どうしよう…。
とりあえず、スマホで娘に電話で報告し、どうするかあとでお母さんと一緒に考えてねってことになった。

そしてこの日も、用が済んだところでライコウレイドバトル。平沼橋のまいばすけっとだった。

さて、古いミニタワーはどうしよう、と思ったが、実験用にとりあえずキープ。
故障したHDDの代わりに新しくHDD買ってLinuxでも入れるか?

10月12日(木曜)仕事帰り、三たびドスパラへ

ちょうど仕事で横浜駅に行く用事があったので、ついでにまたドスパラへ。

古いミニタワーをそのままにしとくのはもったいないので、一番安いHDDでいいから一つ買っておこう、ということで購入。見つけたのは中古の3.5インチ1TB HDD。税込みでも4000円でおつりがくるぐらい安い。これにLinuxをインストールすれば、余ったミニタワーを生かしていろいろ実験して遊べそうだし。

帰宅後、夜中になって余ったミニタワーにHDDを装着。
キーボードとマウスは、眠っていた予備を活用。
モニタは、VGA端子がもともとついている液晶TVを活用。VGAケーブルも予備があったのでこれでPCと接続。

そしていよいよUbuntuをインストール。ダウンロードページにあった ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.iso(ISOイメージ)をダウンロードし、DVD-Rにイメージを書き込む。これはWindowsからも簡単にできた。

その後、このDVD-Rを余ったミニタワーでブート。
最初は読めなかったり認識しなかったりしたけど、リトライしたら、ちゃんとUbuntuのインストーラが起動した!あとはこのインストーラの指示に従ってインストールしていくだけ。

Firefoxも入ってるし、何やら普通に使える。これはいいな。
まぁ、夜も遅いし、とりあえず寝るか…zzz

10月14日(土曜)これまでやったこと、無駄ではなかった!

実験用に入れて遊ぶかー、程度のノリでインストールしたつもりのUbuntu Linuxであったが…

ふと思った。

Windowsで読めなかった、故障したHDD…

Linuxなら読めるかも!

ちょうど子供らもいるし、Linux入れたよーって見せるついでに、このLinuxに、故障したHDDをUSB経由でつないでみた。すると…

なんと!!!
サブフォルダが見えるではないですか!!!!
おおおおおおおおおおお!!!
Linuxすげええええ!!

試しに目の前の動画ファイルを再生してみたら…

Linuxで再生できた!
子供ら大喜びww

何気なくツイートしてみると、このような反応が:

これはいけるかなと思って、PC本体に装着してみた…が、Linuxでも読めなくなってきた。
Windowsで読んでみたときと似たような症状。
SATAだと速そうだからといって、本体に取り付けると、熱を持ってだめみたい!
やっぱり、この前買ったHDDケースのSATA-USB変換ユニットを活用したほうが無難なようだ。

…思い出した!
そういえば、ちょうど4年前に自分のPCのマザボを交換したときも、HDDが読めなくなって、USBファンで冷やしながらなんとかデータを新しいHDDに吸い上げることができたんだっけ!

故障HDDをとりあえずPower OFFして冷まし、今度はHDD基板の熱くなっているICの上に保冷剤を置いたまま、読み出しを試みる。

重要なのは、読めるうちにLinuxの新しいHDDにコピーしてしまうこと。「移動」だと、死にかけのHDDを書き換えることになって危ないので、「コピー」で安全なディスク領域に退避することを優先。

Linux上に置いておけば、ファイル共有の操作でSamba経由で共有しておいて、あとはWindowsエクスプローラから「\\コンピュータ名\共有名」みたいにパスを指定するだけで、退避したファイルにアクセスできるので、ここから新しいPCへのリストアが可能になる。

あと、故障HDDは全体を冷やすことがコツのようだ。
木曜日は夏日だったのが、金曜日から急に気温が下がり、土曜日は外が15℃前後になったことから、窓を開けてHDDに冷たい風が来るようにし、放熱の良いHDDケースの筐体の上にHDDを乗せ、さらに基板に保冷剤を乗せる。HDDケースではなく畳の上にHDDを置いたりしただけでも、全体がしっかり冷えず、データが読みづらくなるせいか、速度が落ちるようだ。

保冷剤は時間がたつと温まってきて、しかも結露するので、ときどきタオルで水分を除去しつつ、裏返したり、新しい保冷剤を冷凍庫から出して交換し、なるべく速度が落ちないようにファイルを退避していく。

ちなみにこのHDDケースは最大400MB/s以上出せるらしい。

合間にちょっと外に出て、ポケストップを回し、ポケモンをゲットし、ジムでレイドパスを受け取り、ちょうど8時間防衛してるやる気の落ちたジムがあったのでバトルして破り、ささっと帰宅。
(レイドバトルは明日まとめて2回やることにしよう…)

こうして、夕方には故障したHDDからLinuxのHDDに退避完了。
エラーのあるファイルもあったけど、重要じゃないものだけだったので、とりあえずスキップ。
退避したかったファイルは、とりあえずほぼ退避できたようだ。
よかった!!

メールの復活は簡単だった。
自分のユーザのフォルダにAppDataとかRoamingとかいうフォルダがあって、そっち方面をたどるとThunderbirdっていうフォルダがあるので、それを入れ替えるだけ。
旧PCとほぼ同様の環境で、娘がThunderbirdを使えるようになった!
保存メールもそのまま!

こうして、故障HDDに入っていたデータの避難が完了!

今回も「HDDは冷やすと読めるようになる」ことを実感しました。

そのうえで、HDDは読めるうちに安全な場所にコピーしてしまう!これが大事!

今月前半だけで、ドスパラへ何度も足を運んで購入したHDDケース、新しいPC、そして中古HDDをフルに活用でき、高価なデータ復旧サービスに頼ることなく、自力でのデータ復旧にこぎつけることができました!(すべては無駄ではなかった…!)

…とはいえ、こうなるといろいろ大変なことに変わりはないので、ときどきバックアップはとっておきましょう。今ならスマホと共有できるクラウドにバックアップするとか、いろいろ方法はありますし!

いやぁ、今回は本当にだめかと思っていたけど、
最終的には2週間後に復旧できてよかった…!

【追記】11月4日(土曜):ビビライPのボカロ曲制作環境も復旧

1ヶ月後…
というか、5週間後w

実はまだ、上の娘(ビビライP)のボカロ曲制作環境(初音ミクV3ベース)の構築がまだだった!

保存してあったパッケージを、娘が出してきて自力で入れようとしていたようだが、アクティベーションができなくてはまっていたようなので、手伝うことに。

とりあえず、最初に買ったV2(発売10周年を迎えた、初音ミクの初期版)を入れてみたが…

あ、ほんとだ、アクティベーションできない!
かまわず初音ミクAppendをインストールしようとしたら…アクティベーションされてないって言われてインストールできなかった。
古いPCからデアクティベーション用ツールを使ってアクティベーション解除する必要があるっぽい…?

仕方ないので、V2はあきらめて、初音ミクV3をインストール。今度はアクティベーション成功。
同じシリアル番号を使っていた、壊れたPCに入ってたV3が、自動的にデアクティベーションされた、ということか…?

ミクV3にはStudio Oneがバンドルされているので、これもインストール。
サポート用のログインID(僕の名義になっているが)も、元のを継承。

さっそくStudio Oneを起動、娘の制作した曲データを開いてみる。

開くことができた!!
…と思ったら、ボーカルが出てない…

あ!そうか!
Piapro Studio のインストールを忘れてた!
Studio One で VOCALOID V3 を使うために必要なソフトだった。これもインストール。

再びデータを開いてみる。
何やら、VividとLightの音声データがないのでOriginalにするか聞いてきているようだ。
とりあえずOriginalで指定して、曲を再生。今度はボーカルも入った。

でも、もともとVividとLightを使っていたので、なんとか入れたいところだが、初音ミクAppendのインストールに失敗しているのに大丈夫か…?

と一瞬思ったが、
よくよく考えたら、実は以前、Append購入者向けに、V3用のVivid/Lightを提供してくれていて、そのインストーラがHDDに保管してあったのを思い出した。
で、必要なシリアル番号もプリントアウトして初音ミクV3の箱の中にしまってあった。

これを使うことで、Vivid/Lightも復活!

これでようやく、ビビライPの初音ミクV3による制作環境は、5週間ぶりの完全復旧となりました!
(V2環境は結局保留ですが、しばらく使わないだろうってことで娘もこれで納得)

娘も一連の模様をブログ記事にしています → またまたトラブル!?データ救出大作戦!!

妻子のPCをWindows10にしてはまった件

今この記事を書くのに使っている自分のPCは、4月9日(土)にWindows10にしていたわけですが、今日は妻子のPCもWindows10になんとかアップグレードできました。

まずは上の娘が自分のデータ(ビビライPとして投稿の動画や音楽などの元データ)をLAN経由で僕のPCにバックアップ。
…と思ったら僕のPCでWindows10にして以来、共有ができてなかったので設定。
Windows7でできていたはずの共有が機能してなかった…。

バックアップが完了したところで…
娘がWindows7最後の画面をスクリーンショットw

そしていよいよアップグレード開始!(16:00頃だったかな)

ところが、47%ぐらいのところを見たのを最後に、スクリーンセーバーが働き、マウスを動かしてもマウスカーソルしか出てない。
変だと思いつつ、やがて2回目ぐらい?の再起動で異変が!

再起動直後、英語のメッセージ。
何やらブートデバイスの認識に失敗してる模様。

ああああっ! さすがにこれは僕がいないと対処できなかっただろう。
僕のいる日を選んで正解! > 娘

何やらインストーラのほうもアップグレード失敗を検知したらしく、以前のバージョンのWindowsを復元しようとし、そして…

あれだけお名残り惜しんでスクショ取ったのに帰ってきちゃったよ!
みたいな感じで子供ら大騒ぎwwww

だが、ここであきらめず、アップグレードを再実行してみることに。

今度はさっきより先に進んでる!
よしよし!

そしてアップグレード成功!

…と思ったら、Yahoo! Japan につながらない。
ここでまた僕の出番。
なんとLANの設定に×がついてて機能してなかった。
ケーブルつないでるはずなのにケーブルがつながってないみたいなメッセージ。

ここで夕飯ができたが、僕が直さないと妻子が使えないので、引き続き対応。

LANのドライバが古いせいかな?と思って、僕のPCで新しいドライバを探す。
Realtekの本家にあった。
LANが死んでるとそれすらできないけど、僕のPCが生きてたおかげで助かった。

SDカード+USBアダプタで、なんとか最新ドライバを妻子のPCへ。

しかし、状況は変わらず。
しかもドライバの日付が1か月戻ってる…なぜだ!?
もっと最新はないのか?
と思って探したけど今のが最新っぽい。

PCにほこりがたまってるからか?と思い、分解掃除を開始。
ほこりで見えなくなっていたCPUファンの放熱フィンが姿を現した。
この際なので、中にたまってた綿ぼこりを徹底的に除去。
これから暑くなる季節だけに、今のうちに綿ぼこりを除去しないと
PCも「熱中症」になる恐れがあるからね。

で、再度電源ON…

やっぱり改善せず。

だめもとで「このデバイスを無効にする」とか選んで、再び「有効にする」にしてみたところ…

なななんと!
こんなことで復活しやがったwwwwwwww
それまでの苦労はなんだったの…(ま、掃除ができただけでもよかったけど)

で、ビビライPが動画や曲を作るうえでもう一つ大事なこと。
サウンド機能のチェック。
挿し直したり音が出なくなったりしてちょっとはまったけど、なんとか復活。

最後は、ニコニコがちゃんと再生できるか娘にチェックしてもらう。
これさえできればネットワークもサウンドもOKってわかるから。

やはり僕が家にいる日じゃないとWindows10へのアップグレードはできなかった。
マザボが僕のPCよりも古いからなのか、いろいろはまりどころがいっぱいでした。

午後から準備して、終わったら21:00過ぎてたっていうね…

こういうこともあるので、みんなもWindows10へのアップグレードは時間に余裕のある休日にやったほうがいいすよ!!

以上、おうちのPCの保守担当からのレポートでしたw

6月4日 娘も記事書きました → トラブル発生!?Windowsアップグレードの記録

PCのマザーボードを買い換えた

Windows 3.1 ぐらいの頃から、ニコニコ動画&初音ミクがブレイクし始めた2008年の初めくらいまで(14年間ぐらい?)は、ブラウン管モニタは場所を取って邪魔くさいというわけでノートPCばかり使っていました。

その当時から初音ミク(2007年11月くらいに購入)をノートPCに入れていたのですが、ピアプロにユーザ登録して間もない2008年2月の終わり頃にはこんな曲を作って初音ミクに歌わせていました。

動画を見ると落ちる 【お笑い一発ネタ】 powered by ピアプロ

そう、この曲で歌ってるように、ノートPCが熱に弱くて動画を見ているうちに突然落ちるというトラブルがしょっちゅう起きていたのです。

このトラブルがいやになったのと、液晶モニタが普及してきたため、初めて組み立てPCに手を出したのが2008年3月頃。
あの頃はドスパラ「横浜日野店」(現在はもうない)が横浜横須賀道路・日野ICの近く(駅でいうと港南台と港南中央の間あたり)にあったので、そこで購入。
お店で本体に Windows XP などをセットアップしてもらっている間、液晶モニタだけを歩いて持ち帰り、もう一度店に戻って本体を持ち帰る、という2往復をしていました。車持ってないどころか免許すら取ってないので…。

で、ニコニコ動画にユーザ登録したのはその年の4月1日。熱で落ちるノートPCとおさらばし、新しいPCでみっくみくライフがさらに本格化してきたあの頃。
翌2009年からはニコニコ技術部に刺激されてCAmiDionなるものを作るようになり、Maker Faire Tokyo なるものに出展するまでになったり…

あれから5年。

Windows XP は1年後の2014年4月にサポートを終了するという宣言が。これはちょっと考えねば…と思いながら半年近くが過ぎた9月には、XP がだいぶ重くなってもう耐えられない状態に。オーディオインターフェースでの再生でも途切れ途切れ。これはもうやばい。

最初はCPU(AMD Athron)を交換して Windows 7 入れるだけにしようかと思ったのですが、最近の新しいマザーボードはメモリのコネクタがDDR2 → DDR3になっていたり、USB は 2.0 → 3.0 に、ディスクはSATA2 → SATA3に対応しているなど、5年半もの間にかなり進化していることがわかり、思い切ってマザーボードごと買い換えることにし、月曜の秋分の日にふらっと横浜駅周辺へ。ここなら組み立てPCパーツ売ってる店がいくつもあります。

ケースはそのまま使いたいので、フォームファクターもちゃんと調べて Micro ATX を選びました。このフォームファクターじゃないと、このケースにはマザーボードが入りません(大きさの問題なので特に重要)。電源、DVDドライブ、HDDはそのまま使う方向で考えました。
マザーボードが決まれば、あとはそれに合わせてCPUとメモリを最適なものに選択。CPU は intel Core i5(4コア)、メモリは8GBになりました。さらに Windows 7 もPCにバンドルする形で同時に安く購入。これだけ揃えても5万円でおつりが来る程度の安さ、しかも電車での持ち帰りも楽々。

さて、いざ店から帰宅。

マザーボード、CPU、メモリを取り付け、HDDをつなぎ、起動してみると…

BIOSでシャーシーが開いていますみたいな英語のメッセージが。そんなセンサー使ってないから disable に設定したいと思ったらBIOSメニューにあったので設定。
ところが、それを乗り越えても、HDDにアクセスしに行って一瞬 Windows XP のロゴが出た瞬間リセットされてしまう。どうやらこのCPUでは、もはや Windows XP は自力では起動できない模様。

しかもBIOSの日本語表記がおかしい。

さすが中国製。main が「マイン」とか、Save changes and exit が「変更がそして退出することを保存します」とか(それ Save (changes and exit) って意味じゃねーよ! (Save changes) and (exit) って意味だよ!)。
まぁ、ちゃんと動くからいいけど、それにしても本当におかしいwww

…とまぁそれは置いておいて、このHDDじゃブートできないことが判明したので、妻子が普段使ってる、1年半前に買った Windows 7 PC にHDDを取り付け、中のマイドキュメントなどのデータをエクスプローラで移動を試みた。が…

めちゃ遅い!

休みが終わるというのに、さすがにこれでは娘が安心して使えないから、とりあえず娘の作った動画などを最優先で吸い上げ。

だが、まだ移動しなければならない自分のデータが残っているので、このHDDにWindows 7 をインストールするわけにはいかない。
というわけでこの日は自分のPCは使えないことに。

翌日、仕事帰りにまた横浜へ行ってHDDを追加購入。なんと2TB。今はこれが1万円を切る時代なのね…。
帰宅後、この2TBのHDDに Windows 7 をインストール。古いHDDも装着し、吸い上げようとしたが…これまためちゃ遅い。一晩かけても読めなかったり、エラーで読めないファイルがあったりしてスキップしたり。だが、それでも

FirefoxとThunderbirdのユーザデータだけは最優先で復元。

幸い、読めないファイルが作り直しの効くものだったことで、ブラウザのブックマークや、18年ぐらいずっと引き継いできたメールなどを先行して移行でき、2日半ぶりにメールが読めるように。ブラウザも動くからとりあえずtwitterもPCから使えてツイートできるように。

さらにその後が難航。娘の赤ん坊の頃からの写真や動画、何GBもある。
なのに、コピー速度がKB/secという劇遅なスピード。何でこんなに遅いの?
と思ってタスクマネージャ開いたら「リソースモニター」なるものが。
これでディスクのアクセス状況がわかった。古いHDDの読み出しが異常に遅い。
いったい何が原因なんだ?

やがて次の週末がやってきて、いろいろ調べてみたら…
ふと思った。

もしかしてHDD、発熱しすぎてないか?

と思ってケースから外へ出し、うちわで扇いだりしながらコピーしたら、なんか急に速くなった。
でもうちわで扇ぐのが面倒になったのでUSBファンを駆使して冷やし続けながらコピーしたら、最高で10MB/secに!
これでコピーが一気に進み、古いHDDのいらないファイルを消し、読めなかったファイルは後回しにし、エラーチェックして修復し、…というふうに繰り返しているうちに、読めなかったファイルも読めるようになり、休みの間に無事全部移行が完了。

HDDが読めなくても、HDD内蔵コントローラ基板に実装された半導体部品が熱で動作不安定になり、これが原因でI/Oが滞ってエクスプローラを待たせることがある、ということがわかった。ディスク自体はデータが生きていたようだ。よかった…このような状態なら冷やすだけで回復することがよくわかった。
古いHDDはもうデータを完全撤退して外すことに。

マイドキュメントなどが移行できれば、あとは他のアプリをどんどん入れていけば、ユーザーデータを引き継いで利用を続けることができることも多い。

というわけで、今こうして新しいPCからブログ書いてました。
MFT2013の出展を控えてメール連絡も重要ですし、いろいろ準備もしたいし、無事に移行できてとりあえずほっとしました。

最後に、

僕が選んだ、パソコンのリプレース時に聞きたくなるボカロオリジナル曲

を3曲ほど紹介しておきます。どれも頭の中をこの曲がぐるぐる回りながら、新しいパソコンをセットアップしてました。

古いマザボよ、♪おまえには世話になったな…
【ニコニコ動画】【初音ミク】初めて買った安いPCを今日俺は売った【オリジナル】
YouTubeにはなぜか中国語の字幕つきのしかなかった…

ついでに僕の歌ってみた(CAmiDion1号機でのコード演奏つき)
【ニコニコ動画】【弾いてみた】 初めて買った安いPCを今日俺は売った 【歌ってみた】

「♪唯一無二のマイドキュメント」を恐々と移動してるときに、この曲が頭をぐるぐるしてました。
【ニコニコ動画】【初音ミク】ハートディスクドライブ【オリジナル】

HDDとんだらこわい…
でも、データ無事に移行できてほんとよかった。♪お疲れさま~
【ニコニコ動画】鏡音リンAppend Powerでオリジナル「とんでけハードディスク」